Tag Archives: AdBlock

AdBlock Radio – 機械学習+ユーザー投稿でラジオ番組の広告やトークを飛ばす

AdBlock Radio は、名前の通り、ラジオ広告をブロックするためのサービス/ツールです。音声データから、ラジオ番組のトーク、音楽、そして広告を判別させ、広告やトークの部分を除外することができます。

広告抜きpodcastラジオ再生ツール buffer

AdBlock Radio を使ったwebアプリ buffer の Docker 版を手元で動かしてみました。起動して localhost をブラウザで開くと、カタログから podcast ラジオ局を最大4局まで選ぶ画面になります。

4局について、「音楽を飛ばす」「トークを飛ばす」のチェックを入れて開始ボタンを押すと、サーバアプリケーションが podcast データをバッファしていきます。

バッファされたラジオ音源は上のように色分けされていきますが、青が音楽、緑がトーク、赤が広告と思われる箇所となります。トークや広告を聴かない設定にしておくと、緑や赤に再生が差し掛かったところで、次の青まで再生が飛ばされ、音楽が終わっても次の音楽がすぐに続きます。

とは言っても判定も完全ではなく、ところどころに灰色の「何かわからなかった」部分がまだらに入ったりもします。CM の一部が音楽として再生されたり、ラップなど言葉が多い音楽ではトーク(緑)や不明(灰)の細かい帯のようになったりしました。

最初、なんで4局選ばせるのかな、と思ったのですが、CMやトーク部分を飛ばしてずっと聴いていると、その局の再生が最新に追いついてしまうから、次の局、次の局へと切り替わっていく作りなんですね。4局分のデータを使って、音楽だけを途切れずに流し続ける仕組みということになります。

ラジオ局の情報はCommunity Radio Station Boardから取得したものをベースにしているようです。このサイトにはコミュニティFM局を中心に日本のラジオ局も多数載っていますが、Adblock Radio のリストには日本の局は含まれていないようです。

トークやCMの判定はスペイン語など英語以外のラジオ局でもそれなりに動いているのを確認したので、おそらく登録して試せばそこそこ動くのでしょうね。

影響

ラジオ局は広告料もテレビやネットに比べて安いそうですし、こんなadblockツールを使う人が増えたら広告料への影響が大きいでしょうね。

個人的には、ラジオにCMが入るのは昔からなので慣れているというか、ウェブ広告やYouTube の広告などに比べるとそれほど気になりません。

ウェブ広告はポップアップや全画面広告、動画広告などいろいろなヤンチャが過ぎたために、広告ブロックツールを使う人を増やしてしまった歴史がありますが、ラジオ局が無くなってしまうような影響が出るのであれば、この Adblock Radio のようなツールは少しやりすぎなのではないかなあ、とも思います。

まあ、それとは別に、放送内容を自動でカテゴライズして切り出すというアイデアは面白く、何か他にもいい応用があるかもしれません。

via Hacker News

Webtest.app – ウェブサイトの表示が広告ブロックの有無でどう変わるか測定してくれるサービス

Webtest.app は、同じウェブサイトに対してアドブロックを使っていない場合と使った場合に、内部的にどれだけ読み込むファイルやドメインが違うかというのを測定してくれるサイトです。

誰かが既に調べたサイトだと、調査結果がキャッシュされてすぐに出ます。そうでなければ少なくとも数十秒は掛かるようで、リクエストして後から見に来るのがいいかもしれません。

Asahi.comで試してみました。

倍のリクエストを読み込み、これだけたくさんのクッキーを積んでも2秒ぐらいしか読み込みが違わないのは、さすがに毎日膨大なアクセスを捌いているだけのことはありますね。

広告収入で運営しているサイトは特に、広告ブロック機能を使っているユーザーはお客さんではないと思うでしょうから、広告ブロックした場合の性能はそれほど気にしないかもしれません。しかしそれでも、各社の広告スクリプトを載せただけでユーザー体験やその背後で動くデータ量がどれだけ増えるかは、確認しておいてもいいかもしれないと思います。

ウェブ広告を片っ端からクリックすることで広告ネットワークの追跡に抵抗するブラウザ拡張 Adnauseam

AdNauseam は、ブラウザ上に表示された広告を、自動的に見つけてクリックしてくれるというブラウザ拡張機能です。

広告ブロックをする拡張 uBlock をベースに作られた AdNauseam は、ブロックした広告に対して、間隔を空けて(=人間がクリックするかのように、ということでしょう)一つずつ、クリックして背後で広告を読み込んでいきます。

なぜそんなことをさせるのか? AdNauseam の作者たちの主張はこうです。

ブラウザの”Do not track”(私を追跡しないで)ヘッダは、多数の企業が協力しなかったため、使い物にならなくなった。広告ネットワークが我々の閲覧情報を売り渡し続けるのであれば、広告をブロックした上で、その広告をすべてクリックするしかない。すべてをクリックすることで、あなたを追跡しようとする企業は混乱するだろう。

adnauseam-io-1

何に対して興味を持っているのか、追跡して分析されたくない、という意思表明(Do not track)をしても追跡されてしまうなら、全部の広告を押すというのは確かに効果があるのかもしれません。すべてに興味を示すユーザーは、何に興味を示しているのかわからなくなるのですから。

# ただ、いろんなものを「買うかもしれない」判定しちゃう広告ネットワークもあるかもしれませんが

2017年には、このAdNauseam拡張、Chrome の拡張Store から「利用規約違反」という理由で削除されています。違反してるとされた規約にどう違反してるかの詳細な説明は受け取ってないとこの作者たちは言っていますが。

ウェブサイト上の広告での儲けが主要な売り上げであるGoogle社としては、普及すると都合の悪い拡張機能でしょうね。

開発者モードで頑張ればChromeでもインストールできなくはないですが… Firefox版Opera版は、それぞれの公式ストアからインストールできます。

現状のウェブと広告に対する抗議の意味を持った拡張機能ですが、議論を呼ぶものだし大なり小なり広告収入を得ている人にとっては迷惑と感じられるのかもしれません。

Non Ad Block – 広告だけ表示してコンテンツを隠すブラウザ拡張

ウェブサイト上の広告を表示させないようにする、いわゆるアドブロック拡張はいくつも存在しています。

広く一般ユーザーに普及してるというほどでもないでしょうが、広告収入で運営しているウェブサイト・サービスの中にはこういったツールで広告を非表示にしているユーザーに警告したり、アドブロック拡張を入れてるユーザーを逆にブロックしたりしているところもあります。

Chrome拡張機能の Non Ad Block は、アドブロックの正反対をする拡張で、ウェブサイトから広告ではないものをすべて隠し、広告だけを残します。

通常表示がこんな風なサイトも、

拡張を入れればこんな風に

邪魔な本文に引っかからずに、純粋に広告だけを楽しむことができます。

ぼやかされた本文のリンクも、読めないだけでクリックは可能です。

ソースコード(現在配布中の v1.0.0.1 には、危険なコードは入っていないと思います。ブラウザ拡張の常で将来の更新では保証できませんが)では、ページ上のCSSクラス等をホワイトリストで探して見えるようにしているだけなので、いかにも広告というクラス・タグ名を使っていないサイトではうまく動かず、ページ全面がぼやけてしまうこともあるようです。

そういう意味では、日本語由来のクラス名を使っていたりもする日本のサイトでは、広告の部分がちゃんと引っかからずにあまり面白い結果にならないことも多いのが残念。

アドブロックとこのノンアドブロックの両方を入れてみたところ、みごとに何も読めなくなりました。当たり前か。

via Stupid Hackathon

スマホの広告ブロックブラウザ Adblock Browser がリリースされたので試してみた

Chromeブラウザ用のアドオンとして有名な、見ているウェブサイトから広告を消し去ってしまうというAdblock Plus 拡張の作者が、iPhone や Android 向けに同等の広告ブロック機能を搭載したスマートフォンブラウザ Adblock Browser を正式リリースしたというニュースが入ってきました。

adblockbrowser.org-top

スマートフォンでの広告ブロック

パソコン版のブラウザではブラウザにちょっとした機能を追加する「ブラウザ拡張」機能がサポートされていて、ちょっと詳しいユーザーが拡張機能を追加でインストールして改造する、というのが一般的です。Adblock Plus拡張は自称「300万ダウンロード」ということで、ちょっと詳しいユーザが使うツールとしてはたいした普及率です。

その一方で、スマートフォンでは、単に閲覧する以外の機能はパソコン版に比べると抑えられていて、拡張機能を入れられるブラウザも少数派だったために、広告ブロック機能についてもこれまではそれほど利用されていませんでした。

しかし、AppleがiOS の次期バージョン iOS 9 上の Safari ブラウザに、広告ブロックを搭載できる機能を用意しようとしている、ということが少し前に話題のニュースとなっていたように、スマートフォンの利用者にも、広告を見たくないというニーズがあるのは確かです。広告によって閲覧体験が損なわれる度合いはもともとの画面が狭いスマートフォンの方が大きいでしょうから、要望が多いのも不思議ではありません。

今回の Adblock Browser は、Chrome拡張で既に定評のある作者が、OSレベルで対応しようとしているApple よりも先に、アプリとして出して来たということで注目されます。

iOS/Android 版ともに無料ということで、Android 版を入れていくつかの有名サイトを試してみました。

Yahoo! Japan

日本最大のウェブサイトヤフー。

まず スマホ版 Chrome ブラウザでの見え方。スマホ版では、もともとスクロールしない範囲に広告が出てないですね。

chrome-yahoo

こちらが Adblock Browser。

adblock-broswer-yahoo

ブラウザのUser Agentの判別か、スマートフォン版に直打ちでアクセスしてもPC版に連れて行かれてしまいます。広告枠についても、小さくてゴチャゴチャしてますが、PCで見たのと同じのがそのまま出ているように見えます。

asahi.com

asahi.com は、トップ下に(僕の環境では)Yahooのバナー広告。記事の後ろにもバナー広告

adblock-broswer-asahi-1

adblock-broswer-asahi-2

Adblock Browser では、これらの広告が消えて見えません。

chrome-asahi-1

chrome-asahi-2

ネタフル

個人ブログのサンプルとしてネタフル

Chrome ではトップページに(僕の環境では)Adsense と、記事タイトルの間にバナー。

chrome-browser-netafull-1

chrome-browser-netafull-2

広告が消えて、広告の上に書いてあった「スポンサードリンク」の文字だけが残る形に。

adblock-browser-netafull-1

adblock-browser-netafull-2

アメブロ

アメブロのトップに載っていたブログ。画面の下のバナーが一定時間毎に膨れて切り替わるというアグレッシブな広告。

ameblo-chrome-1

ameblo-chrome-2

Adblock Browser で見ると、この動くバナー、一瞬見えたりもしたけど消えてます。

ameblo-adblock-1

バナー広告が消えても、ブロガーの張ったクリックランキング的なブログパーツのボタンが多数残りますね。これらは広告という枠に入るのかどうか微妙ですし、海外製の Adblock アプリが対応できてなくてもあまり不思議ではないです。

ameblo-adblock-2

Chrome拡張もそうですが、数百万ユーザーといってもネット全体から見れば広告ブロックしているユーザーはごく一部です。また、広告ブロックしているようなユーザーは、もともと広告が表示されていてもクリックしない人が多いでしょう。

iOS9 の機能の件も、広告ブロックできるようなアプリを作れる、程度の話で、いきなりiPhone上のブラウザで広告がオフになるというわけではありません(そういう勘違いで煽ってたブログもあったみたいですが)。

そういう意味で、サイト運営側が脅威に思って何かしらの対策をするかどうかはまだわからないと思います。

Adblock Browser

Genre: Utilities, Productivity
Language: Arabic, Bangla, Bulgarian, Catalan, Croatian, Czech, Danish, Dutch, English, Estonian, Finnish, French, German, Greek, Gujarati, Hebrew, Hindi, Hungarian, Indonesian, Italian, Japanese, Korean, Latvian, Lithuanian, Malay, Malayalam, Norwegian Bokmål, Persian, Polish, Portuguese, Romanian, Russian, Serbian, Chinese, Slovak, Slovenian, Spanish, Swahili, Swedish, Tamil, Telugu, Thai, Chinese, Turkish, Ukrainian, Vietnamese
Price: free
Version: 2.1.1

Artist: Eyeo GmbH
Released at: 5:41 AM
User Rating (all version):
(by 688)
User Rating (current version):
(by 3)

Screenshots

screenshot 0screenshot 1screenshot 2screenshot 3screenshot 4screenshot 0screenshot 1screenshot 2screenshot 3screenshot 4

via TheNextWeb

もしも東京の街に広告が無かったら、というアート

フランスのグラフィック・デザイナー、ニコラス・ダミアンさんの作品。

東京の景色から屋外広告を取り去ったらどうなるかを写真加工で作っています。

tokyo_no_ads_03

no_ad_04

看板の文字を消しただけで、看板の煩さを取り除くには看板自体も除去しないといけないのではと思いますけど、何も描かれず無地になるだけでも、まったく別の街のようです。

リンク先にはもっと多くの作品があります

日本は街中の広告看板に対する規制が甘い、ヨーロッパでは街並みが美観を維持できるような規制がある、といった話はよく聞きますね。

規制が厳しく運用されている地から来た人にとっては、多数の看板が勝手に主張しあって複雑な景色を成す東京の風景は驚きなのかもしれません。

via Ufunk.net

Google Content Blocker

(リンク先のドメイン名に注意。Google社のものではありません)

Google コンテントブロッカーは、広告を見るのに邪魔になる本文をブロックしてくれる新サービスということ。

google-content-blocker

コンテンツだけがキレイにブロックされたあとのページで、ユーザーは広告をクリックしたり、広告の内容を読んだり、広告をクリックしたり、広告について友達に教えたり、さらには広告をクリックしたりできます。

コンテンツに注意をそらされてしまって広告を見逃してしまう人には役に立つサービスかもしれないですね。