カテゴリー
fun

Secret Rickroll – 「リックロール」偽装URLを作るwebサービス

Secret Rickroll は、Rickroll とわかりにくいURLで Rickroll を見せるための単機能サービスです。

リックロール (Rickroll) とは、リック・アストリーの1987年の楽曲「ギヴ・ユー・アップ」のミュージック・ビデオへの釣りリンクをクリックし、この動画を観て感銘を受けることをいう。

リックロール – Wikipedia

Wikipedia の説明までなんかおかしくなってますが(そのうち直されそう)、2007-2008年頃から爆発的に流行してインターネット・ミームとなったRickroll、落ち着きつつも今でも油断すると連れていかれる息の長いミームです。

ジェネレータ上で、ニセのタイトルやページの説明、プレビュー画像やページ名などを入力すると、OGPでそれらを表示しつつ、実際には Rickroll を流すページを生成してくれます。

一つ作ってみたサンプルのURLがこれ。

https://www.tomorrowtides.com/how-to-say-hello-in-japan.html

チャットなどプレビューができる場所で投稿すると、こんな風にまったく関係のない別のページへのリンクに見えます。

生成されたURLのドメインが作るたびに違うものが出てくるので、ドメイン名から簡単に身破られないようにもなっていますね。ドメインをいくつ使ってるかわかりませんがぜったいRickrollさせるぞ、という執念を感じます。

作られたページは、72時間後には消えるそうです。

サイトのソースコードもGitHubで公開されています。類似の釣りページ作成サービスを作れますね。

via reddit

カテゴリー
アメリカ

米大統領就任式での新ミーム「バーニー・サンダース氏とでっかい手袋」

ジョー・バイデン氏のアメリカ大統領就任式はアメリカ国内だけでなく世界中で報道されましたが、就任式の映像から早速あたらしいネットミームが誕生したようです。

民主党候補者予備選でバイデン氏と争ったバーニー・サンダース氏が寒い中椅子に座っているだけなのですが、やたらに大きな2つの手袋がなぜかネット民に気に入られたようで、この座ったサンダース氏の画像を使った合成画像の公開が大流行中です。#BarnieSanders

仕事の速い人が、もうジェネレータを作っています。任意の住所を入れると、Google Mapsから引っ張ってきた風景の上に手袋サンダース氏を合成してくれます。

就任式当日は正午でも気温一桁台だったらしく、参加者の多くが厚手のコートを着ていましたね。

サンダース氏は氏の公式twitter経由でコメントを出しています。

「(私の選挙区の)バーモント州では良く着込むし、寒さがどういうものかわかっています。ファッション性は気にせず、防寒を大事にします。今日もそうしただけです」

カテゴリー
ネットのサービス

Inviterick – Zoom会議にRickroll を招待できるサービス

Invite Rick(リックを招待)は、Zoomミーティングに招待できるRickroll です。

RickRoll は2006-2007頃に英語圏で始まり大ヒットしたインターネットミームで、1987年のRick Astleyのヒット曲 “Never Gonna Give You Up”を無関係なところで突然再生する、リンク先に仕込む、といったイタズラのことを指します。

Zoom の招待リンクを作成し、この Invite Rick に招待リンクを登録しておくと、

サービスの順番が回ってきた時に、そのミーティングにこの Invite Rick がユーザーとして参加し、Rickroll の曲とダンス映像を15秒ほど流します。

利用者が多い時は招待は申し込み順に処理され、あと何分で登場するかがサイト上で確認できます。

作者によれば、Inviterick は作者自身のZoomアカウントを使って運営されていますが、他人の著作物を映していることから Zoom の利用規約違反とされる可能性があり、いつまで運営が続けられるかはわからないということです。

有名なネットミームであり、YouTube や SNS 上に既にRickRoll の動画が多数あることから黙認というか諦められているところもあると思うので、このサービス自体はあまり褒められたものではないかもしれません。ただ、chat ではいろいろ活用されている bot が、ビデオ会議でも動画版の bot としていろいろ出てくる可能性もあるのかな、というのは感じさせられました。