カテゴリー
Android

Fake Contacts – Androidの連絡帳をフェイク連絡先で汚染するためのツール

スマートフォンが覚えている連絡先、電話帳として掛けるときにも名前から知人友人を探せますし、相手から電話が掛かってきた時も番号ではなく掛けてきた人や会社の名前を表示してくれて便利ですよね。

そんな連絡帳に、嘘の連絡先情報を追加するという Android アプリが Fake Contacts (BillDietrich/fake_contacts)です。

アプリケーションは Google Play ストアには無い(Google から承認されていないのでしょう)ため、GitHub のリリースページからダウンロードして開発者モードでインストールする必要があります。

アプリを起動すると、ランダムに作られた連絡先の氏名、メールアドレス、電話番号が表示されるので、それでよければ create ボタンを押して連絡先を一つ追加できます。次々繰り返せば、連絡帳には存在しない架空の個人情報がどんどん増えていきます。

デフォルトでは、生成される名前の先頭が “Z” で始まるので、ABC順で見ている分にはフェイクの連絡先は末尾に固まって出てくるだけで、実用上邪魔にならないということです。Zで始まる名前も皆無ではありませんが…

生成したフェイク連絡先をまとめて削除する機能もついています。

偽の連絡先を入れる目的

でも、何のためにニセ連絡先を入れる必要が?

音声SNS の ClubHouseがIT業界人を中心に大盛り上がりしたのはまだ今年の初めのことですが、この ClubHouse の友人招待も、アプリに連絡帳へのアクセスを許すことで行われるという仕組みでした。

ClubHouse に連絡帳を見せないと登録できないし、連絡帳を見せることで自分の連絡帳に載っている相手を招待できるという仕組み。いわば人気の新サービスに登録できる権利でもって連絡帳情報を開放させる取引になっていました。

ClubHouse は連絡先のデータの活用をそのラインを超えてはしないかもしれませんが、ユーザーの連絡先情報にアクセスできる権限というのは非常に強力なものだと思います。ユーザーのネットワーク情報を入手できますし、メールアドレスや電話番号を使えばネットワークに次々と勧誘をかけることだって可能です。

このアプリは、連絡先情報を渡すサービスに対して、渡したリストの S/N 比を低下させようというものです。リストのほとんどが存在しない人物の情報で、メールアドレスも不達であればリストの価値は減り横流しの動機も減る、かもしれません。フェイクの電話番号はどこかに掛かってしまうという問題も起こりそうですけれど。

一人が情報汚染(data poisoning)を仕掛けても、連絡先情報を悪用しようとする取得者側にすぐに問題が起こることはないでしょうし、リストの全員にどのみちスパム等を送られるのであれば、登録してある本物の友人知人に迷惑が掛かることも変わりません。

多数の人が簡単にフェイクの連絡先を与える選択を持てれば、悪用業者にダメージを与えることもできるのかもしれませんけども。

カテゴリー
ネットの事件

マイクロソフトのグーグル批判グッズ

マイクロソフトのオンラインストアで掲載されている、グーグル/gmail を批判するScroogled運動マグカップ

keep-calm-while-we-steal-your-data-mug

“Keep calm while we steal your data”(落ち着いて、我々があなたのデータを盗むままにさせなさい)

は、以前にご紹介したレイプTシャツ騒動のときも出てきた流行のフレーズ Keep Calm のパロディ

「このマグカップに好きな飲み物を入れて、グーグルがあなたのデジタル生活のほぼすべての要素をお金に変えようとしていたとしても、あなたは穏やかでいるということを世界に示しましょう」

ということです。

Chromeロゴとかはいいんですかね。マイクロソフトがやってるのだから、問題にならないようにしてるのだろうとは思いますけど。値段は$7.99(770円) ですが現在売り切れ中のようです。売り切れということは買った人はいるんでしょうね。

via Microsoft wants to sell you anti-Google mugs and t-shirts | The Verge