カテゴリー
ネットのサービス

Acrons 略語一覧を管理検索できるwebサービス/ソースコード

mkfeuhrer/acrons は、英語の略語(アクロニム)を管理検索できるwebサービスです。動いているものはこちら

Vue.js で作られた一枚ページのサービスは、検索フォーム上で頭文字を入れると、その頭文字を含む略語と説明を表示してくれます。

現在リストに入っている略語の数はIT・ネット系中心の用語で、数はあまり多くないですね。ソースコードがGitHubで公開されており、略語の定義ファイル自体にプルリクエストを送ることでデータを更新していくということのようです。

すべての略語を入れた辞書、は実際にはあまり使えないものになると思うので、このプロジェクトから用途ジャンルごとに別々のページを立ち上げるぐらいがいいのかもしれません。

via Hacker News

カテゴリー
ツール

BlurPage ウェブページ上のセンシティブな情報にぼかしを掛けるブラウザ拡張

BlurPage は、ブラウザで表示されているウェブページの好きな個所をぼかすことができるツールです。Chrome と Firefox 用が提供されています。

ウェブフォームに入れたクレジットカード番号や、SNSでのプライベートなメッセージなど、ワンクリックで選ぶとボカシが掛かります。それだけといえばそれだけ。デモの動画があります。

有料ツールで、Gumroad で $14.99(1540円) を払うと一生使えるそうです。Product Huntでは、「無料のツールでもできるんじゃない?」という突っ込みが入っています。スクリーンショットを取るツールでボカシを掛けられるものも多いですし、ひと手間と言えばひと手間で済む話ではあります。

でもまあ、たくさんスクリーンショットを撮り、その際にいろいろ隠さないといけないという仕事の人がいれば、$15(1650円) 払っても構わない、かもしれません。単機能で代替があったとしても、とりあえず値段をつけて世に問うてみるというのもエンジニアの個人プロジェクトではありでしょう。