Tag Archives: ガジェット

Daytripper – 全自動「ボスが来た」装置

Daytripper は、誰かが近づいて来たときにやっていたこと(マインスイーパーなど)を隠す、いわゆるボスが来たボタンを、センサーを持った小型機器との連動で自動でやってしまおう、というプロジェクトです。

実際の利用の様子を見ていただくのが一番わかりやすいかと思います。二つの機器のうち、レーザーセンサーの方をボスが来るときの動線に配置し、受信側を Windows などパソコン側に接続します。

センサーに反応があれば、パソコン側のUSBにつないだ受信機が任意のキーストローク信号を発し、好きなキーを押したようにできる、と。このキーがたとえば Windows + M なら、開いていたウィンドウが勝手に閉じられる、というわけ。上のデモ動画では、全ウィンドウが閉じられていますね。もっと凝ったキー操作を設定すれば、仕事用のウィンドウ群だけを残して表示することもできるでしょう。

作者の dekuNukem さんは製品化もしていて、組み立てキットで $59.99(¥6,490) 、完成品で $66.98(¥7,260) でイギリスから購入することもできます。仕様やファームウェアがオープンソースで公開されているので、自作もできるようです。

Windows はドライバ不要で最初から対応していて、USBキーボードで動くなら Linux や MacOS, Android などでも問題ないでしょうとのこと。

ボスが来ようと来まいと、やるべき仕事が終わってればゲームでもはてブでも好きにしてればいいじゃないか、と思いますが、そのあたりは会社の仕事のやりかたにも依るんでしょうね。

まあ、さぼりを隠すというユースケースを示すことで受けそうだし、実際話題になっているのですが、この価格でこの機能に特化したガジェットが買えるなら、もっと真面目な活用法もいろいろありそうですね。

via Hacker News

O.MGケーブル – 挿したパソコンが遠隔操作されるUSBケーブル

マイク・グローバさん(@_MG_)が開発を進めているO.MG Cableは、PCを遠隔操作するためのツールを組み込んだUSBケーブルです。

見た目は何の変哲もない普通のUSBケーブル。

PCに挿すと、リモートのスマートフォンアプリから、PCに対してキー入力ができるようになります。デモでは、PCの利用者がスクリーンロックを解除した状態で、任意のウェブサイトをブラウザに開かせていますが、キー入力が遠隔でできるということは、ほぼなんでもできてしまうと言っていいでしょう。

パソコンに外部機器やスマートフォンをつなげるUSBポートが、パソコン乗っ取りなどの攻撃のターゲットとなりやすいのは昔から知られています。

駐車場にUSBメモリをばらまいたら45%の人が自分のPCに挿してファイルを開いてしまった」というような実験もありますし、挿したらPCを破壊できるUSBメモリなんてものも作れたりします。

企業の情報システム部でもUSBポートに指定の機器以外を挿さないよう指導したり、ポート自体を物理的に塞いで使えなくしたりという対策を取っているところもあります。

そんなわけで、出自のはっきりしないUSBデバイスを挿すのはよろしくない、という認識の人は多少は増えていると思われるのですが、今回の O.MG ケーブルの場合、ケーブルの先に挿すのはおそらく自分のスマートフォンなどで、挿す理由も充電のためだったりするかもしれません。

しかし、ケーブル自体に信号を横取りし書き換える機能が入っているのであれば、乗っ取り側からすればそれで十分、というわけです。USBケーブルがどこから来たものか、企業支給のものだったり自分が新品未開封の商品を買って開封した手つかずのものか、というところまで確認しないと危ないかもしれない、となると、管理はさらに大変になりますね。

回路設計からはんだ付けまで勉強しながらo.mg ケーブルを改善しているグローバさんには、ハードウェア・ソフトウェア・開発機材などさまざまな面から協力者の手が挙がっていて、量産化へ向けて前進しているということです。設計や内部のソフトウェアはオープンソースとして公開されるそう。

via New Offensive USB Cable Allows Remote Attacks over WiFi

スマートフォン/タブレットが17台挿せるシャワーカーテン

タイトルですべてお伝えしきった感じがありますが。Amazon で本当に売っています

バスタブの中で体を洗ってしまう西洋式の風呂では、タブの外側は防水ではなかったりするのでシャワーカーテン重要ですね。そのシャワーカーテンに現代のながらスマートフォンのための機能を追加した感じでしょうか。

すべての透明ポケットはシャワーと反対側についているので、自然と防水となります。普通の人は17台も持ってないし一斉に使わないでしょうけど、サイズとか縦横とか見やすい位置とか、個人によって違う需要をたくさんポケットをつけることで一気に解決しようとした野心的な製品です。

米アマゾンでの価格は $24.95(¥2,640) 。類似の商品、で出てきた単なる透明シャワーカーテンは $6.5(¥660) なので、あとの差額がポケット代ということなんでしょう。

「この製品が出る前はいったいどうして暮らしていたっけ?(You will wonder what you did before you had this.) 」と思うことでしょう、とは販売者の弁。

via The Awesomer

bikesphere – 自転車の周りに光の結界を張るミシュランの研究

ゴムタイヤとグルメガイドで有名なミシュランのスペイン支社が公開してるBikesphereは、自転車のライトを「より賢く」改良するもの。

動画を見ると、自転車を中心とするような大きな円を、道路上に投映するものだというのがわかります。見た目も普通の自転車ライトの大きさなので、さすがに光量はそれなりで、ぼんやりとした円でしかないのですが。

そしてこのライト、車の接近を感知すると動作を変えます。車が近くに来たな、と検知すると、路上へ投映する光が強く大きくなるようです。この動作切り替えによって、危険のなさそうな時はバッテリーを節約し、必要な時のために持たせることができるのでしょう。

小さくて電池の消費も少なく、安価なセンサがでてきたからこそ実現しそうなデバイスですね。

本当にパソコンに繋いで入力できる、巨大エンターキークッション

キーボードのキートップ型の大型クッションは他にもあるかもしれませんが、Big Enter Key Throw Pillows は、USB接続でパソコンに繋ぐことができ、実際に機能する巨大Enterキー型のクッションです。

サイズは 20 cm x 14 cm 。米Amazon.com で$15(¥1,650)。

「職場やPCゲーム中に、キーボードを叩きつけたい衝動に駆られたことはありませんか? このエンターキーを叩いて不幸な気持ちを追い払いましょう」だそうです。

Amazon の質問欄に、「他のキーの販売予定はありますか? たとえば F5 とか」 と有って笑えます。他のキーは今のところ製作予定が無いそうですが。F5 って

エンターキーといえば、「カチャカチャカチャ… ッターン!」と意識高く叩く人もいるでしょうが、スポンジの入ったこの巨大クッションなら、どれだけ叩いても壊れなさそうです。

via Geeks are Sexy

身の回りの色をスキャンして使えるペン Cronzy

クラウドファンディングサイトIndiegogoで募集が始まった Cronzy は、身近にある様々な色を取り込むスキャナと、その取り込んだ色を使って描くことができるボールペンが一体となったガジェットです。

cronzy

cronzy-video

cronzy_S_ldn3t1

スキャナ部およびペン部分は1600万色以上を再現できる、と謳っています。1600万色という単位、昔のパソコンのカタログで見たような懐かしい数ですが、24bitカラーということなんでしょうか。

ペン本体にはインクカートリッジを持ち、このインクをペンの内部で混ぜ合わせて色を作るようです。

cronzy-parts

こちらの動画でプロトタイプを使っている様子が公開されています。

動画の02:00から、色の切り替えに40秒、さらに前の色のインクを使いきるまで捨て紙に5秒ぐらい描いていますね。切り替えにはそれなりの時間と手間が掛かってしまうようです。

このブログでも、2009年にColor Picker Penという同様のアイデアのコンセプトモデルについてご紹介したことがあるのですが、7年経った今、そのアイデアが実現しようとしているわけですね。

クラウドファンディングのガジェットなので、まだ宣伝文句通りに動くのか、本当に完成して入手できるのか、は保証されませんが、ちょっと無理そうだったアイデアが実現されるかもしれない、というのを目の当たりにできるのは嬉しいですね。

via The Verge

Smarttress – IoTマットレスで不審なベッドの利用をスマートフォン監視?

簡単に出会えるようになったこの時代に、不倫対策として新たなガジェットが登場しました。

# たぶん嘘製品です。たぶん…

スペインのマットレス会社Durmetga(実在するとしたらですが)が発表した Smarttress は、インターネット接続されたマットレスです。

smarttress-sensors

マットレスには超音波を発生するセンサーが24個埋め込まれており、ベッド上の各地点の沈み込みや衝撃力などを収集します。

smarttress-notified

その結果、自宅に置いた Smarttress が怪しい使い方(questionable way)をされたと判定された時、自分のスマートフォンアプリに通知が届くようになっています。

ネット接続ガジェットもここまできたか、と興味深いのですが、購入フォームがエラーになりますし、iPhone/Androidアプリもリンクはありますがリンク先にアプリが無いので、普通のマットレスのちょっと変わったプロモーションか、手の込んだジョークサイトである可能性が高いのではと思います。製作が4月1日に間に合わなかったのかな?

反響がすごければ本当に作ろうとかいうことになったりもするかもしれませんけど。

via The Local

スマート・インターフォンの Ring に WiFi パスワード奪取のセキュリティホールあり

家のドアに取り付けて、室内だけでなくインターネット越しにスマートフォン等から来客や配達人の応対ができるというスマート・ガジェット Ring に、初歩的な設計ミスが見つかっています。

ring-on-door

こんな感じで、ドアの外に取り付けられる Ring は、中にカメラと電池、無線LAN機能を内蔵していて、来客が来たらネット経由で持ち主を呼び出してくれます。

ペン・テスト・パートナーズ(Pen Test Partners)が今回指摘した問題はこうです。

  • ドライバーで2本のネジを回し、 Ring の本体部分を取り外す
  • オレンジ色の「セットアップボタン」を押す(Ring 自身が WiFi のアクセスポイントAPになって、内蔵のwebサーバが立ち上がる)
  • スマートフォン等で見つかったAPに接続する
  • HTTP で /gainspan/system/config/network に接続する

すると、Ring が接続するように設定されている家庭内の WiFi SSID とパスワード情報が、プレーンテキストで返ってくるようになっていたそうです。つまりは、玄関の外にいる人から、家庭内の WiFi がアクセスし放題になり得るということ。

ring-top-page

「Ring は新レベルのセキュリティーを提供します(Ring provides a new level of security.)」というサイトの宣伝文句は、そういう意味では無かったはず。

Ring 社は、この問題を伝えられて2週間で、問題を解決したファームウェア・アップデートをリリースしたそうです。平文での保存とwebサーバでのアクセス機能を閉じたのだと思いますが、このアップデートを適用すれば、ここまで簡単に WiFi パスワードが抜かれることは無くなりそう。

しかし、暗号化されているにしても、家の外に剥き出しのデバイスの中のどこかに、家の無線LAN の接続情報が記録されていることには変わりがないですね。

屋外設置するものといえば、ウェブにつなげる監視カメラなどインターフォン以外にもあります。自由にアクセスできる屋外のデバイスには、室内に設置するものよりも十分な設計が必要なようですね。

なお、この Ring の値段は $199(¥21,890) 。ペン・テスト・パートナーズも、このスマートなドアベル自体の機能自体については「IoT デバイスにしては珍しく実用的だ」と評しています。

via The Register

いつでもどこでもピザバッグ

Pizza Pouch(ピザパウチ)は、ピザ一切れを持ち歩くのに適したピザ収納鞄。

pizza-pouch

「残念なことに(多くは悲劇的なことに)、ピザはいつでも食べられるわけではありません。自ら備えましょう。予備の一枚をこのピザパウチで持ち歩くのです。」

お値段たったの(?)8ドル(¥880)。100円($1)ショップで売ってそうなぐらいの質感ですが、あれは大量生産した結果の100円($1)ですからね。こんな商品を製造に掛けるのって、売れるかどうかを考えると恐ろしいギャンブルな気がします。

これを売ってる Stupidioticは、この手の変な商品ばかり取りあつかている Stupid(褒めてる)な通販サイトのようですね。探してみるとほかにもグッとくるバカ商品が見つかるかもしれません。

via Likecool

Fotokite Phi – セルフィー(自分撮り)のための有線ドローン凧

ドローンといえばラジコンが普通ですが、Fotokite は有線でつながったリモコンのクアッドコプターです。

なぜ今さら有線? と思うかもしれませんが、有線であることをうまく使って新しいセルフィー(自撮り)を提案しています。

fotokite-1

その利点とは、操作が簡単で勝手にどこかへ飛んで行ったりしないこと。ドローンは糸で犬の散歩のように自分の周りに引かれていますし、上下左右への動きは手首をそちら側へひねるだけ。自由度の大きな一般のクアッドコプターを操縦するのに比べると、あっという間に扱えるのが利点だとか。

fotokite-wedding

この結婚式の例なんかはうまい使い方と言えるでしょうね。集合写真などでカメラマン役の人も全員写れるのがドローン自撮りのいいところ。

有線であることから、GPSや着陸用の装備が不要(紐を引っ張って回収できる)なので、カメラへの給電をしながらも15分間バッテリーを持たせることもできるそうです。

折りたたむと円筒形のパッケージに小さく収まるのも考えられています。普段鞄に入れておけることで使いたくなった時にすぐに出せそう。

カメラ部分は別売、というか、他社製品のスポーツカメラ GoPro を買ってきて載せろ、ということのようです。

今回の製品には8mのケーブルがついてくるそうで、8メートル離れた空中からの自撮りは、せいぜい1,2メートルの自撮り棒とは異なる風景となることでしょう。

クラウドファンディングサイトのIndiGogoで購入者を募っていて、早期申込者の割引価格が$249(¥27,390) から始まって、一般販売予定の定価が$500(¥55,000) のところ、$349(¥38,390) 以下で入手できるようです。クラウドファンディングなので製品が届くまで安心はできませんが。

Fotokite Pro という上位機種もあり、こちらはケーブル経由での給電や、リアルタイムでの手元での動画の取得にも対応しています。そのままネットにライブ中継するのも考えられるとか。無線でHD画像をリアルタイム受信するのはうまくいかない環境も多いでしょうから、ケーブルでつながっているというのを制約ではなく優位点としてうまく活用しているといえます。

via The Verge