カテゴリー
fun

電動研磨機レース

電動研磨機(ベルトサンダー)レーシング、というレーシングスポーツがあるんですね。

ベルトで駆動するタイプの研磨機で、ベルトをキャタピラーのように使って走らせ、速さを競います。二つのレーンを作り、その中を走らせたレースの動画がいくつか見つかります。

上は2007年、ラスベガスのカンファレンスでの模様。

こちらは屋外での大会。電源コードを引きずって走ることになりますが、電源コードが絡んだりしないように、中央に電源コード用のレーンがありますね。

テキサス州電動研磨機レース協会のサイトに載っていたルールでは、電源コードは必ず必要。充電式は失格ということのようです。

ドライバーが搭乗して競うベルトサンダーレースもあって、ペンシルバニア州のBerties Inn というレストランで毎年開催され、今年は第29回というから1990年頃からやっていることになりますね。

もしかするとモーターが有って動くものなら何でもレースができちゃうのでは。電動歯ブラシとかロボット掃除機とかも世界初のレースが開催できるかもしれません。

# もしかしたらもう有るのかも

via Wikipedia and TheNextWeb

カテゴリー
ネットのサービス

HomeCourt – バスケットボールのシュート結果を画像認識で自動記録するアプリ

HomeCourtは、スマートフォンのカメラを使ったバスケットボールの練習支援アプリケーションです。打ったシュートをリアルタイムで追跡し、結果をまとめてくれます。

シュート練習が映っているアプリの画面の右上に、シュートの企図回数や成功数、コート内でのシュート位置がリアルタイムで更新されていますね。

このアプリ、コートの外側に三脚でスマートフォンを固定設置して、3ポイントラインやゴールなどを認識させると、その後に打ったシュートの位置や結果が判定されます。また、シュート時の動画をスローモーションで見返したり、それをコーチと共有する機能もあるそう。

こちらが統計結果の表示画面例。コートのどの地点からシュートを試みて、その結果がどうだったかがわかりやすく表示されていますね。距離や角度ごとの成功率や、成功率が経時でどう変化してきたかも出てくるので、得意・苦手の把握や自分の成長の度合いの確認に使えそうです。

ラインの線の色、背景に木などが無い屋内コートが良い、ボールは標準的な色、十分な明るさ、など、より良い認識のための条件はいくつもあるものの、こういった結果が画像/動画認識技術の進歩によってスマートフォンレベルで動くようになったのはすごいですね。

ウェブサイトには利用者として大学チームのロゴも多数表示されていて、実際の練習に使われているようです。効率よく上達を目指すために、こういった支援ツールが中高生の部活などにもどんどん普及していくかもしれないですね。

HomeCourt: Basketball Training

カテゴリ: Sports, Health & Fitness
言語: 英語, フランス語, イタリア語
価格: 無料
バージョン: 3.32.5

開発者: Nex
公開日: 2018-01-16
評価(全バージョン):
(5839人のレビュー)
評価(現バージョン):
(5839人のレビュー)

スクリーンショット

screenshot 0screenshot 1screenshot 2screenshot 3screenshot 4screenshot 5screenshot 0screenshot 1screenshot 2screenshot 3screenshot 4screenshot 5

via VentureBeat

カテゴリー
fun

[動画] コンバットジャグリング

3本のこん棒をお手玉のように操るクラブジャグリングの名手たちが、オランダのジャグリングフェスティバルの「戦闘ナイト」で闘ったそうで、動画が公開されています。

3本のこん棒を確保して投げ続けていれば、相手のこん棒と入れ替わってもいいみたいですね。

戦闘ジャグリングオランダ3位のロブ・フォン・ヘイストさんが、同1位で前回優勝者のルーク・ブレージさんに挑戦したこのゲーム、準決勝だそうです(決勝戦は凡戦だったのかも)。

via Laughing Squid