カテゴリー
fun

「ロンドンの時刻を教えて?」 どこのロンドンを返すか

Appleウォッチに「ロンドンは何時?」と訊いたら、数秒間応答が無かったうえに返されたのはカナダのロンドンの時刻だった、というツイッターでの報告がありました。

ジョン・グルーバー氏の有名ブログ Daring Fireball では、自身も Apple Watch を試してカナダのロンドンの時刻が返ってきたことを検証しています。

さらに、同氏の家にある Siri を搭載している HomePod ではイギリスのロンドンの時刻が返ってきたそう。これについて「カナダのロンドンを返すのもコモンセンスが無いが、デバイスごとに一貫してない応答をするのはもっと悪い」と評しています。

冒頭のツイートへの応答では、自分はイギリスの時刻が返ってきた、という人や、イギリスのロンドンとカナダのロンドン、今の場所からの距離が近い方を回答してるのでは、などの推測もありましたが、同じ家の中でも違う回答が来るのはちょっと困りますね。それに、近いとはいってもアメリカ人が訪ねたロンドンのほとんどはイギリスのロンドンの方になるのではと思います。

グルーバー氏はまた、DuckDuckGo, Google/Googleアシスタント, Alexa, Bing の他の検索エンジンやスマートアシスタントをすべて試し、そのどれもがイギリスのロンドンの時刻を返したとレポートしています。

カナダにロンドンがあるのは知りませんでした。Wikipediaによれば人口36万人もいるそうで、かなりの都会ではないですか。なおアメリカ・ケンタッキー州にもロンドンがあり、こちらは群都がある町で人口は7000人台のようです。

オンタリオ州に住んでいる人にとってはカナダのロンドンが正しい場合もあるのかなと思いますが、自動応答に常識を持たせるのは各社の工夫が必要なところでしょうね。

私も以前、Google Maps で日本橋までの所要時間を調べようとして新宿から大阪までの経路が出たことがあります。ここ数年はそんな目には遭っていないので、このあたりも中の人が調整したんでしょうね。

カテゴリー
育児

Node-REDとGoogle Homeで学校の時間割通りにチャイムを鳴らす

今週から子供の学校が休校になってしまいました。全国への要請から1営業日で休校・春休み突入となった学校の現場はたいへんだったでしょうね。

自分の仕事の方はというと、もともと週3日勤務だしできるだけ職場に行くことにしているので、たまにしか在宅勤務はしてなかったのですが、新型コロナウイルス流行にあわせてデフォルトが在宅勤務となりました。

そんなわけで朝から晩まで家で子供と過ごすことになりましたが、学校休みとはいえ学校で習うはずだったことをやらなくてはいけません。実際、今週になって「家で勉強してほしいこと」みたいな長大なプリントもオンラインで学校から回ってきました。

子供はもう毎日が日曜日気分でウキウキなのですが、僕は普通に仕事してるわけだし、ちゃんと「学校に行っているかのように」過ごそうか、と考えました。そのためには、学校の時間割を意識できることが必要かな、ということで、学校で鳴るアレ、チャイムを自宅に導入しようかなと。

やり方はいろいろあると思いますが、我が家では既に Node-RED が一つ動いているので、これでやろうかなと。

ライブラリを2つ追加します。

チャイムの音声は、こちらのサイトの学校チャイム1(リアル)ステレオを使いました(非商用無料)

構成はこんな感じ。Google Home で鳴らすやつと、ブラウザ上で鳴らすやつの2通りあります。(後者の場合は node-red-contrib-play-audio を使用)

チャイム音のmp3ファイルを、下段のように mp3 ファイルを Content-Type: audio/mpeg でGETアクセスできるようにします。

そして、cronplus のスケジュールに、平日(1-5)のそれぞれの時刻にメッセージを発生させるようタイミングを設定

メッセージが来たら、Cast がチャイム音mp3ファイルのURLを参照して動く指定をします。Google Home や Chromecast が複数あれば、家のそれぞれの場所で鳴らすようにもできます。

設定は以上。学校の時間割と同じタイミングで、授業の開始・終了の鐘が鳴るようにできました。

カテゴリー
社会

Q – 性別のない合成音声=ジェンダーレス・ボイスを各社音声アシスタントに採用呼びかけ

Q は、グーグル/アップル/アマゾン/マイクロソフトなどIT大手のスマートスピーカーや音声アシスタントに向けて提案された、男性でも女性でもない合成音声です。

サイトトップでクリックすると、その男女どちらでもない合成音声を聴いてみることができます。

デンマーク・コペンハーゲンのLGBTパレード団体やAIのバイアス問題に対処しようという団体らによって制作されたこの音声は、GoogleアシスタントやAmazonアレクサなどの音声アシスタントの音声が「男性声」「女性声」からの選択を強いていることに対する問題提起だということ。

言われてみれば、機械で合成しているのだから人工音声で男性か女性の声を選ばないといけない理由はないわけです。

「テクノロジー企業は、合成音声の性別を選択できることで人々がより快適になると信じ、性別をテクノロジーに持ち込んでいます」

「残念なことに、これらによって性別が必ずはっきりどちらかの2つに分かれる、というステレオタイプの永続化が補強されてしまうのです」

なるほど。応答ができて情報が返せればいいのですから、機械の合成音声にわざわざ性別を与える必要はないのかもしれません。男性声・女性声が今すぐ無くなるとは思えませんが、中性声を追加することはそれほど抵抗なく採用してもらえる可能性もあるのではないでしょうか。

このQの音声モデルは、数千の候補者から数人を選び、その人たちに話してもらった声のピッチを変換することで作ったと、紹介動画にありました。

「世界初のジェンダーレス音声」とサイトでは言っています。これまでも中性的な音声合成はいろいろ存在していたと思うので、世界初は言い過ぎではないかとも思いますが、ジェンダー中立を訴えて作成されたという意味ではこれまでになかったものでしょうか。

via Hacker News