カテゴリー
セキュリティ

ICカードリーダーにマルウェアが入っていたら

セキュリティジャーナリストのブライアン・クレブスさんが、Amazon で購入した ICカードリーダーの問題点を見つけた人の事例を紹介しています。

Amazon で買ったこのICカードリーダーを Windows 10 につなげたところ、初期のドライバが古くてだめなのでベンダーのサイトへ行ってくれと出たそう。

それで、指定されたサイトから最新ドライバーの入ったzipをダウンロードし、念のため Virustotal というサイトでzipファイルにチェックを掛けると、39個の異なる判定ツールが、情報を漏洩させるマルウェア Ramnit.a がこの zip ファイルに含まれると検出したそうです。

問い合わせに対し、商品を販売している米Amazon はこのICカードリーダーの問題を認識し、セキュリティチームが調査中ということですが、

製造元の方は「あなたの使ってるアンチウイルスの誤動作」であり「ウイルスなど入ってないし無視して進めて」と返答が有ったそう。

# ドライバダウンロードのページでダウンロードができなくなっていて、自分で確認できていないのですが。今は問題を認識したということなのかな。ウェブ検索でこの会社のサイト自体が出にくいようになっていますね。

政府や企業の仕事でリモートアクセスしないといけない状況などで、ICカードリーダーを出先で適当に調達する、なんていうのもリスクを増やしていそうです。

今回Virustotal で警告されたのはICカードリーダーに固有のマルウェアではないみたいで、なんとなくですが故意というよりベンダーのサイトの管理がまずくて起こった事件のようにも思います。

しかし、ベンダーがカードリーダーの本体機能に対して悪意のある動作を意図的に組み込んできたらもっと大変ですね。元の報告者もクレブス氏も「アメリカ国内で作ってるICカードリーダーはあるのだろうか? 自分は見つけられなかった」と言っています。

クレブスさんが自ら一連のツイートとその反応をまとめたブログ記事では、アメリカ政府の推薦する読み取りハードウェアのリストが紹介されていて、確かにこのリストに今回問題とされたブランドは含まれていません。

そしてこのICカードリーダー、日本でもネットで普通に買えるようです。日本もマイナンバーカードのサイトにICカードリーダライタの一覧というリストがありました。仕事で使うならリストにあるICカードリーダーを使うのが無難なんでしょう。

カテゴリー
ネットのサービス

MegaBlock.xyz – ツイッターの発言から、発言者・イイネした人を全部ブロックするwebサービス

MegaBlock は、ツイッターのとあるツイートが気に入らず、それに「イイネ」した人も気に入らないという時、まとめて全員をブロックしてくれるという代行webサービスです。

「そのツイートにイイネしたすべてのユーザー(every single person who liked it)」まで一気にブロックする。怒りを感じますね。

ツイッターの作りから同じ意見を持った人が自然にグループを形成しやすいのはあり、自分と意見が異なるツイートにイイネしてる人は、自分の考えと合わない人が多い傾向はあるでしょう。

炎上や議論の中心にいるインフルエンサーの発言には、数百から数千のイイネがつくこともよくあります。このサービスを使うと、その数百数千の賛同者も、一回の操作でまとめてブロックできるということです。

Twitter API 経由で大量のアクセス権を与えるため、ちょっとおっかないですね。自分もテスト用の何もないアカウントで試しました。

「本当にメガブロックしてもいいですか?」の確認ダイアログも、指定された文章を一字一句間違えずに打たないと先へ進めないようにはなっています。

あと、大量にremove/deleteするのをnukeというのはあまり好きではありませんね。これもあるあるだけれど。

実際動かしてみて、1000人近いユーザーがブロックリストに載るはずと思ったのですが、なぜか30人ぐらいしかブロックされていませんでした。バグかな?

こういうサービスは今初めて出てきたわけではなく、これまでも何回も出てきて、そのたびに話題になり、そのたびに議論が巻き起こります。「知らない人の意見を聞けるのが twitter のいいところなのに、不快な意見や人を全部排除してどうする?」という反論もよく聞かれるところ。

でもね、余裕がない時に自分に賛同しない意見ばかりを大量に浴びるのもまた、心に良くないかもしれません。これも毎回の議論で出てくるところですが、こんなツールに頼りたくなるぐらいならツイッターを止める/休む、というのもあり。むしろそっちの方がいいようにも思います。

via Hacker News

カテゴリー
セキュリティ

Buskill – 抜いたらPCが壊れるUSBキルコード。いつ家に押し入られてもデータは安心

BusKill はパソコンのUSBソケットに挿すデバイスで、抜くとPCの中身が破壊されるソフトウェアとセットになったシステムです。

「キルコード」というのは、機械の利用者につけておいて抜けたら機械が止まることで利用者の安全を守るコードのこと。身近な例としては、トレッドミルから落ちた時にトレッドミルが止まるコードがそうですね。「デッドマン装置」という呼び方もあります。

ジェットスキーや小型船舶、芝刈り機などでも、操縦者が落ちたり転んだりした後にプロペラやカッターが転んだ操縦者に切りかかってこないよう、外れると止まるキルコードを使うのが推奨されています。

パソコンを使う際にそんな物騒なものがなぜ、誰に必要か? ということですが、たとえばこんな時。

突然誰かが部屋に侵入してきて、認証が終わった後のアクセス可能になっているラップトップを奪われたとしたら? パスワードやディスクの暗号化をしても、このケースでは情報の流出は防げませんね。

そこでBuskill でPCと自分をつなげておくと、PCから離れてしまった瞬間にPCが自己破壊を始めるという対策なわけです。

悪事を働いていて警察に逮捕される場合もあれば、反体制派の政治家や都合の悪い報道をするジャーナリストが腐敗した政府に逮捕される場合もあり、こういった仕組みでセキュリティレベルを上げること自体は善悪に関係なく需要がありそうです。他に、暗号通貨のトレーダー、軍関係者、旅行先のカフェでPC作業をする旅行者、なども利用者足りうるのでは、と書かれています。

うっかりトイレに行ってもPCを破壊してしまうので、常時使うのも怖いですね。今いる環境のリスクの度合いに応じて、切れてから破壊するまでの時間を調整するとかの運用になるんでしょうか。

個人的にはあまりこういう仕組みのお世話になるような環境に身を置きたくないですが、世界には必要な人も確実にいることでしょうね。

引っ張ると抜けるキーとカラビナまでのセットが$99(1万890円)だそうです。