カテゴリー
ネットのサービス

Load of the Codes – プログラマ向けテキストアドベンチャーゲーム(序章)

Lord Of The Codes は、RPG風の中世世界を舞台にしたテキストアドベンチャーゲーム。パズルを解くことで先へと進むゲームです。

偉大な魔術師コナルド・ドゥヌース(Konald Dnuth。どっかで聞いたような名前)と組んで迷宮を進むあなたは、物語の中に出てくるヒントから、謎を解いて入力し、正解することで先へ進むことができます。

ページにはReplitによる Python インタプリタ環境が埋め込まれていて、これを使って謎を解いても構いません。手元で他の言語で解いても、あるいは暗算(!)で解いても、正答さえ入れれば先へ進むことができます。

現在、2問答えるともうゲームは行き止まりで、メール登録フォームが案内されます。登録すると完全版が公開された際に優先で案内されるみたいです。

ずいぶん初期の段階で公開したものだな、と思いますが、反響があればこの先が作られやすいかもしれませんね。

via reddit

カテゴリー
ネットのサービス

CodeCaptcha – プログラマーだけを通すための CAPTCHA サービス

CodeCaptcha.io は、文字通り Code で CAPTCHA させるためのサービスです。

webサービスの利用や登録時に、プログラム(bot)による不正な自動投稿や大量の連続投稿・いやがらせなどを防ぐため、人間でないとできない入力を要求する CAPTCHA 、一番よく見かけるのはグネグネと曲げられたりした文字列を入力するものだと思います。

一般的なCAPTCHA の目的はbot を弾いて人間を通す関所のような役目ですが、CodeCaptcha では、この通行資格を人間ではなくプログラマ、あるいは少なくともプログラミングが多少わかる人、としているわけです。

デモで出てくるプログラムはこちら。

「プログラマといったって、道具も言語も人によってバラバラだろうし、どんな問題が出るのか?」と思いましたが、言語は JavaScript です。特にweb系のプログラマ向けなら妥当な選択ですね。そして、その中身もこれぐらいなら他言語しか知らないプログラマでも問題ないかと。

function isEvenNumber(num) {
return false; // Fix this
}

// Fix this とあるように、関数名の意図にあうような結果を出すようにこのプログラムを直せばいいんですね。

コードを書き換えるにつれて、リアルタイムでテスト結果が下部に表示されます。

テストが通るように修正を終えると、PASSED となり、設定された目的の画面に移行します。

問題はリロードのたびに違うものが出てきますが、どれも非常に簡単なレベルのものです。

これについては、今後リンク作成時に問題の難易度を選べるようにしたいということですので、うんうんうなって時間を掛けないと解けない CodeCaptcha も使えるようになるかもしれません。

「リンクをシェアしたいけれど、シェアする相手はプログラマに限定したい」時などに使ってください、ということでした。

via Hacker News

カテゴリー
ネットのサービス

yare.io – JavaScript で艦隊を動かし戦わせるゲーム

yare.io は、Javascriptプログラムを書いて宇宙戦を戦わせるwebサービスです。

ゲームは一対一の戦い、スピリット(spirit)というユニットを操作して、自分の基地を守りつつ敵の基地を破壊することが勝利条件です。

操作して、と言いましたがマウスなどで直接操作するわけではなく、JavaScript でスピリットがどのように振舞うかをプログラミングし、フィールドに投入して戦わせます。

チュートリアルがあるので、通しでやってみました。

基地の最寄りの恒星でエネルギーを補給させ、それを基地へと持ち帰らせます。

エネルギーをある程度運びこむと、基地から新しいユニット(スピリット)が誕生するので、自分のすべてのユニットを配列で回し、使えるユニットを増やしていきます。

自給ができるようになったら、一定範囲を索敵し、攻めてきた敵のスピリッツからエネルギーを奪うことで撃破します。チュートリアルではここまで。

この後は実際の戦闘フィールドに参加します。他のユーザーを待つこともできますが、相手が見つからない時や練習用に bot のプレイヤーも用意されています。

試しに増やした艦隊の半分を敵の基地へ送るプログラムを書き投入してみたのですが、待ち受ける敵の艦隊に各個撃破されてしまい散々でした。チュートリアルから実戦に行くには、もう少し凝ったプログラムを作らないといけなさそうです。

ゲームシステムはまだまだ荒く、スピリットの種類やルール、使える関数もこれから増えていくそうです。Discord チャンネルで作者や他プレイヤーと雑談することができ、現在の制限事項や今後の予定などについて知ることができます。