カテゴリー
ネットのサービス

FlashChat – 同じ無線LANにつなげている人とつながる匿名メッセンジャー

近い距離にいるユーザー同士をつなげる匿名メッセンジャーというのは既にいくつかありますが、FlasshChat は同じWiFiスポットにつなげているユーザーという制限で接続相手を見つけてくれるスマートフォンアプリです(今のところAndroid版のみ)。

flashchat-cafe

同じカフェのWiFiにつなげている人同士でグループチャット、あるいは一対一のメッセージングが行えます。

ログイン不要、好きなニックネームで使えるため、匿名コミュニケーションが可能。

flashchat-leaving

そのWiFiから切断して去ると、自分のメッセージもすぐに消えるということで、非常に揮発性の高いコミュニケーションの場になりそうですね。

flashchat-places

想定している利用場所として上げられているのが、学校、オフィス、店舗、空港、球場など。

よほど多くのユーザーがいないと、適当に出かけた先で他のユーザーと出会うことなんて起こらないように思うので、これ自体はあまり伸びないんじゃないでしょうか。

既に知っている知人と、どこかで集まってチャットするという使い方もありますが、その時にはわざわざ別のチャットアプリをインストールせずに今あるものを使うでしょうし。サービスとしては「同じWiFiで」という切り口で何か別のアイデアが出ることもあるかもしれません。

既に多くのユーザーを持っているところ、たとえば匿名コミュニティやすぐに消えるコミュニケーションなどを補完的に持ちたがっているFacebookなんかが似たようなことをやると、うまくいく可能性もあるのかなとは思いますね。

via FlashChat: Easy, Fast, Local Anonymous Chat – TheNextWeb

カテゴリー
ネットのサービス

Dacupid – フェイスブックの友達で「お見合いおばさん/お見合いおじさん」するアプリ

香港からのスマートフォンアプリDacupid (ダ・キューピッド)は、フェイスブックの友人から「この人とこの人は相性がいいのでは?」と思う二人をくっつけるためのサービスです。(iPhone / Android)

1. フェイスブックでログインしたユーザーは、

2. 自分の知り合いの中から「この二人は合うかも」という友人を選びます。(選んだ内容がフェイスブックに投稿されたりすることはないそうです)

dacupid

3. 選ばれた二人には招待状が送られ、それぞれがアプリをインストールすると、アプリ上で匿名で一対一のチャットができるようになります。(誰が推薦したかはそれぞれに伝えられます)

4. もし双方が相手のことを気に入ったら、アプリ上で名前と写真がチャット相手に公開されます

匿名でチャットして、うまく行きそうになければ正体をしらないまま切り上げられるのが利点なんでしょう。気はあったけど容姿が嫌、とかだとダメですが。

「うまくいく時だけ正体を明かしたい」というネット恋愛ツールのアイデアとしては、サービスに自分が好きな相手を登録し、お互いがお互いのことを登録した両思いの時だけお互いに通知される、というものが昔からありますね。今回のDacupidのアイデアは、恋愛する本人のアクションすら無しに、周囲のお節介な人が出会いの起点を作るという点で、さらに一歩踏み込んだものと言えるかもしれません。出会いを求める気も、恋愛する気もなかったかもしれない人たちを引き合わせるのですから。

いじめやからかい目的で使われる可能性もあるかなあというところがちょっと気になるところですが、草食化とか少子化が問題とされ、お見合い文化が今でも少しは残っている日本向けにチャンスがあるアイデアかもしれないなと思いました。一人のユーザーから2人ずつに招待が飛ぶわけで、もし流行しだした時のバイラルに広がる可能性は高そうです。

また、LinkedIn等のビジネスSNSでも、こういうお節介が機能として組み込まれているといい場合があるかもしれないですね。「この人とこの人が一緒に仕事したら良さそうじゃないか?」みたいなのを、メールやSNSにあるメッセージ機能でつなげまくる、いわゆるコネクターと呼ばれる人がスタートアップ界隈にはいますが、SNSの機能として存在すれば、そういうつながりの奨励がより多くなったりするのかもしれません。

[アプリid:449107729] 指定されたアプリケーションが見つかりませんでした。削除されたのかもしれません Embed iPhone/iPad App

via Hacker News

カテゴリー
ネットのサービス

PlateWave – 車のナンバープレートでつながる、イギリスのソーシャルネットワーク

イギリスのPlateWaveは、カッコイイ車の持ち主のためのソーシャルネットワークです。

platewave-top

自分の気に入ったカッコイイ車やカッコイイ持ち主を見かけたユーザーは、PlateWaveのスマートフォンアプリ等で写真を撮り、ナンバー情報や持ち主へのメッセージと合わせてサイトにアップロードします。

車の持ち主が自分のナンバーに対して送られたメッセージを読むには、会員登録をしなければいけません。

また、登録した持ち主は、自分の顔写真をアップロードして、車の写真と並べて見せることもできます。

登録者のページは以下のようなもの。大きくナンバーが書かれ、車の写真、持ち主の写真が並んで乗っています。

platewave-user

platewave-user-2

マークさんの起業ストーリーはこうです。マークさんは17万ポンド(2900万円(26万3610ドル))のフェラリーF430を所有し、運転しているのですが、ある日フェラーリのディーラーから電話があり、「あのフェラーリに乗っていたドライバーとデートがしたい」という女性からのリクエストを預かっている、というのです。それも、一人ならず複数の女性から問い合わせがあったのだと。

マークさんはそこで、「もしディーラー経由で探すという発想がなかったら、自分のことが気になっている女性が自分を探すことはできなかっただろう。これを解決する方法が作れないか?」と考えて、PlateWaveのアイデアに至ったそうです。

DailyMail の記事に、このマーク・アッカリーさんの写真が出ています。(右の白髪の人)

platewave-on-dailymail

マークさんは、炎天下の車に閉じ込められた犬を助けたり、街中で見かけて欲しいなと思った車の持ち主に売ってくれるよう連絡したりするのにも、このサービスは使えると答えています。

車のナンバーから持ち主の顔写真や名前がわかるとしたら、これは日本では流行しないだろうなあ、と思うのですが。はたしてイギリスだと人気が出るんでしょうか。

via The app that allows you to track down dates through car registration plates | Mail Online