カテゴリー
ネットのサービス

Picture Cook – 絵で説明する料理レシピサイト

Picture Cook は、料理レシピサイトを文字ではなくイラストでやろうという野心的な新サービスです。

レシピ一覧ページ。ここにイラストを出した方がこのサービスっぽいと思いますがここは字だけですね。

文字の占める割合が低いことから、言語の壁を越えて多言語展開するのはしやすそうですね。文字が読めない人や苦手な人向けにも意義はあるかもしれません。

今あるレシピ一覧には生姜焼きとか出汁巻とか日本食のメニューが多いなと思いましたが、作者は日本名なのでそれでですね。

イラストはサイト制作者の手書きだそうです。現在のところ、新規のレシピを追加するにはメールで申し込んで専用エディタへのアクセス権をもらう必要があるそう。

一般ユーザーが自由に投稿できるようなサービスに比べるとスケール感はないですが、同じテイストのイラストでレシピの量を増やせれば、一定のユーザーがつくのではという気もします。

via Hacker News

カテゴリー
ui

美しい「スマホ撮り」用に皿まで作ったレストラン

イスラエル、テルアビブのレストラン カーメル・ワイナリー(Carmel Winery)が、有名シェフ、ブロガーらと組んで立ち上げたワークショッププロジェクト Foodography(食+写真、の造語)では、スマートフォンのカメラで撮影され、ソーシャルメディアで共有されることを前提にした皿を自前で作り、その皿に食事を盛り付け、撮影しています。

dish-for-smartphone-camera

下の食器、その名も「The 360°」では、盛り付けたままで360度回転させ、いろいろな角度で料理を撮影できます。

dish-for-smartphone-camera-2

おいしそうな食べ物の写真をソーシャルメディア等で共有しまくる様子を「フード・ポルノ」と評したり、食事自体よりも撮影ばかりに夢中になる客のことを苦々しく思う料理人と客のトラブルの話なども聞きますが、写真を撮ってネットで友達に共有するところまでが食の楽しみで、その体験すべてを売っているんだ、と開き直れば、撮影のための環境や食器まで提供するというのもアイデアとしてはあるかもしれませんね。

via Haaretz

カテゴリー
fun

[動画] 世界の人々は朝食に何を食べているのか?

Buzzfeed から、世界各国の人たちが朝ごはんにどんなものを食べているのか紹介しているビデオです。

日本の朝食、まず食器にすごく違和感を感じます。ご飯茶碗もお椀も湯呑みもありませんが、これは全部の国を同じような皿で揃えているのでしょうがないとしましょう。それにしても具無し味噌汁に漬物だけとは粗食過ぎる。

breakfast-uk

イギリスの朝食は、僕が居た時はこんな感じでした。ソーセージがふにゃふにゃなの。あと煮豆とトースト。

breakfast-vietnam

ベトナムは、フォーがあまり似てない… 住んでた時はフォー以外の麺類やベトナム風サンドイッチを良く食べてました。

breakfast-egypt

おいしそうに見えたのはこのエジプトとか

breakfast-sweden

スウェーデン。

YouTubeのコメント欄には各国から突込みが多数来ています。日本だって朝はパンの人も多いでしょうし、国を代表する朝食、みたいなものを決めるのは難しいんでしょうね。