「男女」タグアーカイブ

Q – 性別のない合成音声=ジェンダーレス・ボイスを各社音声アシスタントに採用呼びかけ

Q は、グーグル/アップル/アマゾン/マイクロソフトなどIT大手のスマートスピーカーや音声アシスタントに向けて提案された、男性でも女性でもない合成音声です。

サイトトップでクリックすると、その男女どちらでもない合成音声を聴いてみることができます。

デンマーク・コペンハーゲンのLGBTパレード団体やAIのバイアス問題に対処しようという団体らによって制作されたこの音声は、GoogleアシスタントやAmazonアレクサなどの音声アシスタントの音声が「男性声」「女性声」からの選択を強いていることに対する問題提起だということ。

言われてみれば、機械で合成しているのだから人工音声で男性か女性の声を選ばないといけない理由はないわけです。

「テクノロジー企業は、合成音声の性別を選択できることで人々がより快適になると信じ、性別をテクノロジーに持ち込んでいます」

「残念なことに、これらによって性別が必ずはっきりどちらかの2つに分かれる、というステレオタイプの永続化が補強されてしまうのです」

なるほど。応答ができて情報が返せればいいのですから、機械の合成音声にわざわざ性別を与える必要はないのかもしれません。男性声・女性声が今すぐ無くなるとは思えませんが、中性声を追加することはそれほど抵抗なく採用してもらえる可能性もあるのではないでしょうか。

このQの音声モデルは、数千の候補者から数人を選び、その人たちに話してもらった声のピッチを変換することで作ったと、紹介動画にありました。

「世界初のジェンダーレス音声」とサイトでは言っています。これまでも中性的な音声合成はいろいろ存在していたと思うので、世界初は言い過ぎではないかとも思いますが、ジェンダー中立を訴えて作成されたという意味ではこれまでになかったものでしょうか。

via Hacker News

SmartNūdge – 上げられた便座を自動的に戻し「男女の仲たがいを救う」デバイス

Kickstarter で募集開始された SmartNūdge は、男性が上げた便座を自動的に戻す、女性のための電子デバイスです。

BGM が… 荘厳です。

トイレの便座を戻さないことでケンカになるカップルもいるという話はよく聞くところで、海外でもそれは同じようですね。プロジェクトの副題に「あなたの(男女)関係を救う」とあることから、デバイスが解決しようとする課題も直球で明らかです。

早期申し込み時の価格は $29(3190円) 。この価格ではあと数個ですが。今回の募集では $49(5390円) までのプランがあります。世界中へ発送してくれるそうなので日本からも入手可能。

この価格で作って送れるのは安いな、と思いますが、動作原理を見るとかなりシンプルだとわかります。単3電池4本をセットし、便座カバーの裏に両面テープでつけたデバイスのすることはというと、便座を上げたら(=振動を検知したら)、90秒待って突起を起こす(すると、突起の先の便座が落ちる)。これだけ。

うちは男も座るルールなので関係ないのですが、家でも立っておしっこしたい男性は、「ジーンズ一本の値段」で家の中の不和の芽を未然に摘めるわけで、費用対効果の高いガジェットではないでしょうか。

Geekologie

アメリカ人の学歴・性別・専攻と生涯収入の関係を可視化したインタラクティブ・グラフ

Fusionによるこのインタラクティブグラフでは、最終学歴や性別、専攻などに応じて、アメリカ人の収入がどのように変化していくかを、給与比較サービスPayScaleが利用者から集めたデータを基に見せてくれます。

以下は、高校を卒業してすぐ働いた場合と、4年制大学を出た場合の比較。高校を出て15年目あたりで、生涯賃金が逆転しています。

degree-and-lifetime-income-in-us

学部卒と修士や博士卒では? 学校に長くいるほど年収は高くなるのですが、累計では最初の学費の分のマイナスがなかなか埋まらないことがわかります。

degree-and-income-in-us

MBAやロースクール、医学部の効果は? これらの専攻は生涯賃金を押し上げていますね。

mba-law-medicine-and-lifetime-income

男性と女性で比較することも。日本よりは差が少なそうですが、それでも男性であることが大きく給与に影響していますね。

lifetime-income-male-and-female

via Featured Charts – Should You Take the Plunge? – Fusion.net

海外webサービス企業のエンジニア男女比を可視化したチャート

ソフトウェア技術者に女性が少ないのは海外でも同じようです。エンジニアの人数やその男女の内訳が公開されているIT企業のデータを集めて、グラフにしてみせているのがこちらのページ

it-engineer-gender-chart-1

グーグルやフェイスブックといった大企業はデータが無いのか載っておらず、今のところ一番大きいところでモジラ財団(女性43人:男性457人)が載っています。

あと大きなところでは、最近日本進出したYelp(17:189)、最近スター女性エンジニアが性差別を告発して退職したGitHub(10:150)、日本でも人気のDropbox(9:134)やFoursquare(6:79)など著名企業のエンジニア男女比がわかります。

全体の平均は18%ということなので、アメリカのITスタートアップのエンジニア部門では5,6人に一人は女性ということのようですね。

もちろん、平均から大きく離れた企業も見つかります。小さなスタートアップでは、女性エンジニアの方が多かったり、女性エンジニアしかいない企業(Kabinet, Spitfire Athlete, Tog+Porter)というのもありますね。どれも全社で2人、とか1人という規模ですが。

it-engineer-gender-chart-2.png

逆に、それなりに大きな規模なのにエンジニアが男性ばかりという企業もあります。37signals(0:20)、StackExchange(0:20)、前出のGitHubやDropBoxも男性比率が高いところです。Etsy(19:130)なんかはユーザーにものづくりの得意な女性が多いと思うのですが、エンジニア部門は特に女性が多いわけでも無いんですね。

女性が少ないから差別、と簡単に言えるわけでもないでしょうが、無意識のうちに女性を落としたり、女性エンジニアを検討から外した結果比率が悪いところもあるのかもしれません。

元データはtriketoraさんがGitHubで収集・更新しているものを使っているようです。Wiki的なデータの集め方というか。上でアメリカのIT企業、と書きましたが、pull requestを出せば日本の会社の情報でも載せられると思います。

via Hacker News

[動画] セクシーさが不要なはずの商品CMで出てくる女性を男性に置き換えてみたら

ポテトチップスやドメイン名、ハンバーガーのコマーシャルで、果たしてセクシーな女性が出てくる意味はあるのか? 思考実験としてBuzzfeedが制作したのが、男女のパートを入れ替えたCM

dorittos-guy

role-reversal-humberger

動画の終わりは、「もしこれらの男性が馬鹿馬鹿しく見えるなら、女性だってそうなのでは?」と結んでいます。

YouTubeのコメントでは、「面白い」「よく言ってくれた」「食べ物のCMには脈絡ないよね」というものが多いですが、「待てよ、これ意外にいける。これからは男性版もどんどん作るべき」という意見も結構ありますね。

[アメリカ] 男女性別不明なユニセックス・ネーム

データ処理に関するブログ FlowingData で紹介されていたのは、聞いただけでは女性か男性かわからない、どちらの性別でもつけられることがあるファーストネームの統計結果です。

most-unisex-names-in-us-history-chart

1930年以降のデータで男性にも女性にもつけられてきた名前が、もっともどっちつかずだった順番に第1位のジェシー(Jessie)から並べられています。青いのが男性の、赤いのが女性の子供にその命名がされた割合を示しています。白い丸は、その名前の男女比が最も均衡していた、一番半々に近かった年を表しているそうです。

日本でいうと、「かおる」とか「ひろみ」、「あきら」、「しのぶ」といった名前にあたるでしょうか。英語の中性的な名前がどれか、なんて考えたこともなかったので、リストを順番に見るだけでも面白いです。

上から、ジェシー、マリオン、ジャッキー、アルバ、オリー、ジョディー、クレオ、ケリー、フランキー、グァダループ、キャリー、トミー、エンジェル、ホリス、サミー、ジェイミー、クリス、ロビー、トレーシー、メリル、ノエル、レネ、ジョニー、アリエル、ジャン、デボン、クルズ、ミシェル、ゲール、ロビン、ドリアン、ケーシー、ダナ、キム、シャノン。

このような両性的な名前の人は、すべて合わせてもアメリカ人全体からみれば1%にも満たないということですが、聞いたことがあるような名前も含まれていますね。

日常的にアメリカ人と多く接したりしてなければ、日本人が持つこれらの名前に対する性別の印象は、歌手や映画俳優などの外国の有名人に影響されるのではないでしょうか。僕だったら、「ジャッキー」は男、「ジョディー」は女、「マリオン」は女、「フランキー」は男、と思い込んでしまいそうですが、それぞれ、かなりの割合で、その名前で反対の性の人が存在することがわかります。他に、エンジェルは男性の方が多いとか、女性のサミーが半数近くになってきているとかも、僕の感覚とは違っています。

アメリカ人たち自身の子供の命名についても有名人の影響というのは同じようにあり、その名前を持った有名人の活躍で、これらのユニセックスな名前が、ある時突然一方の性別に偏っていくことがグラフからもわかるようです。グラフ中にも特記されていますが、陸上選手のマリオン・ジョーンズのオリンピック金メダル獲得は女の子のマリオンを増やしたし、初の黒人メジャーリーガー、ジャッキー・ロビンソンの登場は、男の子のジャッキーを増やしています。

24位のアリエル(Ariel)は、ディズニーの人魚姫から僕も女性の名前だと思い込んでいましたが、映画の公開までは男性の方がむしろ多く、映画から後に大きく女性の方に振れたのですね。40歳以上のアリエルさんは男性で、40歳以下のアリエルさんは女性が多い、ということのようです。