カテゴリー
i18n

Emoji 📈 上昇折れ線グラフの色はなぜ赤なのか? Emojiが日本発だからだ

絵文字にある折れ線グラフ 📈 と 📉 で、なぜ上昇グラフが赤線で下降グラフは青/緑線なのか? というエモジペディアの記事が出ています。

# 上の絵文字、閲覧されている環境によっては、赤・青/緑ではない絵文字が表示されます。

この絵文字を自分で使ったことがないし、深く考えたこともありませんが、どうやら西洋では上昇を緑色、下降を赤色で描くのが当たり前で、絵文字の配色に違和感を持つ人が多いらしいということ。

Googleの英語版で Google の株価を検索すると、株価が下がっている時の文字もグラフも赤色ですが、

同じGoogleでも日本語版で検索すると、下がってる時は緑色、と逆の配色になっています。

東京証券取引所の株価の表示が、この「上昇が赤・下降が緑」になっていて、他の日本の(株価)グラフもそれに合わせているところが多いのでは、ということです。

これは最初に絵文字のデザインをした人じゃないと正解はわからないと思いますけど。まあありそうな仮説ですね。

Hacker News の議論では、「値が下がるのが赤、というのは経理の『赤字(red ink)』とも共通していて自然だ」という意見も出ています。日本語の赤字もたぶん西洋の red ink から来てるでしょうから、赤字・黒字の色は取り入れたけれど、お金の上下については独自の色を使うようになった、ということでしょうかね。

検索してみたところ、世界各国での株価の上昇、下落を表す色を調べた人がいて、日本以外に韓国・中国でも上昇が赤という配色がみられるようです。

また、日本でもYahoo! ファイナンスだけは、文字での上昇が緑・下降が赤の西洋式となっています。でもグラフは上昇が赤、下降が青(緑でもなく)なんですね。

Emojipedia では各社の絵文字を画像で比較できるので、絵文字の提供者によっては別の色が使われていることもわかります。

上昇グラフの絵文字は基本的には日本式の赤色が多数ですが、Facebook/WhatsApp は西洋式の緑

下降グラフの絵文字の方はというと、ほとんどが日本式の青色で、WhatsAppが西洋式の赤、Facebookはオレンジとなっています。

Docomo/au は線に固有の色はなく絵文字全体が単色となっています。

さて、グラフ表示で金額の上下を表すプロダクトにおいて、われわれは国ごとに線の色を変えたりする対応をする必要があったりするんでしょうかね? それとも絵文字でも統一されていないぐらいだから、そこまで気にすることはない?

via Hacker News

カテゴリー
ネットのサービス

PhotoChrome – 言葉からカラーパレットを作ってくれるサービス

単語を入れると、単語に関連した色からカラーパレットを作るというサービスが PhotoChrome です。

入力した単語から Unsplash の API で単語に関連した無料利用可能な画像を検索します。

写真の中から抽出した色を取り出して5色のパレットを作る、これだけでもまあいいかと思いますが、サービスは単語に関連する多数の画像をごちゃごちゃに混ぜ合わせ(smash)、混ぜた画像から5色を取り、明度を明るい物から暗いものまで調整してカラーパレットを出してくれます。

混ぜたほうがぼんやりしたパレットになることも多いように思えますが。

色の選択に行き詰って、新しいヒントが欲しいときに使うといいかもしれません。

via FlowingData

カテゴリー
データ可視化

世界中の国のパスポートの表紙色地図

パスポート:赤は新しい黒ですは、世界各国のパスポートの表紙を地図上に並べた地図です。

日本のパスポートも赤だけではないので、一つの国に一色が固定されていると決まってはいないのかもしれませんが。

実際のパスポート表紙の画像ではなく、色だけを表示するモードもあります。

こうやってみると、なんか地域性があるようですね。欧州は赤、南北アメリカは青、アフリカは緑の表紙が多い。「パスポートの色」で思い浮かぶ色は、出身地域によってバラバラなのかもしれません。

via Maps Mania