カテゴリー
fun

ロンドンで建設予定の地上10階にあるプールは、「渡り廊下」じゃなくて「渡りプール」

ロンドンの中心部、テムズ川沿いのナインエルム地区の再開発計画 Embassy Gardens で建設予定の2棟建ての高級アパートが「世界初」の空中連結プールによって繋げられることがわかりました。

Sky-Pool2-(med-res)

長さ27メートル x 幅5.7メートル x 高さ3メートル(プールの深さは1.2メートル)のこのプールは、20cmの透明なガラスで周囲を囲まれるということで、泳ぎながら横方向や下方向がすべて見通せます。

Sky-Pool1-(med-res)

この再開発地の中には次のアメリカ大使館ビルも作られるということで、バッキンガム宮殿やビッグベンからも2,3kmしか離れていません。大観覧車ロンドン・アイなどもプールから見えるかもしれないということ。

london-sky-pool-map

二つのアパートの屋上にはバーやスパ、温室なども設けられ、プールを通って行き来できるということです。アパートの予定価格は602000ポンド(1億1700万円(106万3530ドル))から、2017年の完成予定ということ。

via Homes and Property

カテゴリー
fun

韓国に世界初の「見えないタワー」が建設されることに

世界初の消えるタワーの建設に許可が出たというニュースが来ています。

こちらが建設後のイメージ。

invisible-tower-1

「見えない」とはどういうことか、いわゆる「光学迷彩」のようです。以下の図のモデルで描かれているように、ビルの片方から見える車などの景色をカメラで撮影し、その映像をビルの反対側の壁で映すことで、ビルの奥にある景色がそのまま見えるということですね。

invisible-tower-2

ビルの奥の空や雲を壁面のLEDで映写することで、ビルが透明で見えなくなるということ。渋谷駅前にあるような巨大ビジョンがビル全体に貼り付いているような感じだとすると、なかなか大掛かりな仕掛けですね。

カメラはビルの異なる6面の3箇所の高さにそれぞれ設置され、周辺の風景をリアルタイムで取得します。500列のLEDスクリーンで埋められたビルの3つの区画が、それぞれのデジタルイメージを投影します。

透明に見せるために、画像は拡大縮小・回転・合成され、継ぎ目のないパノラマ画面を生成します。

つまり、何であれビルの後ろ側にあるものが、正面に表示されるということです。

Cameras will be placed at three different heights on six different sides of the building to capture real-time images of the surroundings; three other sections, each filled with 500 rows of LED screens, will project the individual digital images.

Through digital processing, images will be scaled, rotated and merged to create a seamless panoramic image that appears on the LED rows to create the illusion of invisibility.

In essence, whatever is going on behind the building will be projected onto the front of the building.

South Korea Building World's First 'Invisible' Skyscraper | Geekologie

invisible-tower-3

タワーの高さ450メートルは、東京スカイツリーを始めとして他に6つ、もっと高いタワーが世界には存在しています。

invisible-tower-4

こちらはタワーの展望台のイメージ。展望台の高さは世界3位となる予定。

invisible-tower-5

タワーが建設されるのは、韓国のソウル郊外、仁川国際空港の近くだそうで、空港の近くに透明なビルを建てるというのはジョークに違いない、と最初思ったのですが、CNNForbesも報じているので、韓国政府が承認したという話は確度が高そうです。

また、紹介しているGeekologie自身も突っ込んでいますが、透明に見えるのはある一方向からだけなのでは、という話もありますね。レジャー・観光スポットとしてのタワーらしいのですが、タワーに登るのではなく、透明になるポイントからタワーを見るという観光体験になるのでしょうか。

設計したアメリカ企業GDS Architectureでは、来年2014の完成を目指して動いているということです。

via South Korea Building World's First 'Invisible' Skyscraper | Geekologie

カテゴリー
技術

爪を透明化してスマートフォンの入力をより快適にする研究NailDisplay

障害物の向こう側の景色をリアルタイムに投影することで透明マントなどを実現しようとする光学迷彩という技術がありますが、台湾大学の蘇兆懷氏らがこのアイデアを適用したのは、スマートフォンやタブレットを操作する爪です。

小さなスマートフォンにソフトウェアキーボードを表示し、そこに指を滑らすと、指の下のどのキーを押そうとしているのかわからなくなることもあるでしょう。しかし、このNailDisplay(ネイル=爪・ディスプレイ)をつけていれば、指の部分が透明になったかのように指の下の領域が爪に表示されるため、細かい位置指定ができる、ということですね。

nail-display-smartphone

試作品はまだこんな感じですが、

nail-display

微細化技術の進展や量産化などを考えれば、いずれは十分なバッテリーを持ち、無線で通信できる、爪に貼るNailDisplayが作れるようになるのではないでしょうか。

次の写真のように、小さな画面になるほど、このNailDisplayは効果を発揮しそうです。

nail-display-small-device

さて、近未来の人類は爪にディスプレイをつけるようになっているのでしょうか?

via One Per Cent: Interactive nails give you a screen at your fingertips