「3Dプリンター」タグアーカイブ

ThisAbles – イケア家具のアクセシビリティを上げる公式3Dプリンタデータ

イスラエルIKEAの公開した ThisAbles では、IKEA の家具と組み合わせて使える補助器具の提案をしています。しかも、器具は3Dプリンターのデータの形でダウンロードできるため、IKEA の家具を持っていて 3Dプリンターを使える人はすぐに試してみることができます。

たとえば、RANARPシリーズの卓上ランプ

に、ThisAbles の Mega Switch を3Dプリントして組み合わせると、

手や目の機能に障碍のある人でも、スイッチのオン・オフがしやすくなるそうです。

カーテンを持ちやすくする Curtain Gripper

ベッド脇に杖を掛けられる CANE BY ME

など、13種類もの小物とその3Dプリンター用データが提供されています。

IKEA の商品は全世界で同じ規格のものが多いでしょうから、サイトはヘブライ語/英語ですが日本でも使えますね。

大量生産の家具はどうしてもマジョリティを対象とした設計になると思いますが、3Dプリンタのおかげで必要な人のためのちょっとした補助器具を提供するというアイデアはいいですね。

歳を取ったり怪我や病気で日常の動作にちょっとした困難が出てきた、という場合にも役立ちそうです。

3Dプリンターの印字はまだまだコスト的に高価だということですが、大きな本体をIKEAで買い、小さくても効果のある追加部品を3Dプリンターで印字するという組み合わせは、コスト的にも理に叶っていると思います。

大量に同じ家具を売っているIKEAだからこそ、それと組み合わせて使えるこれらの3Dデータは活きるし、そのようなサポートが使えると思えば、IKEA自身のイメージも上がりますね。

via The Verge

レンブラントの「新作」?が公開。データが描くプロジェクト The Next Rembrandt

The Next Rembrandtが、データ解析とコンピューターで作った「次のレンブラント(The Next Rembrandt)」の発表会を行いました。

the-next-rembrandt

「17世紀にレンブラント本人が描いたものです」と言われても素人には反論できないこの絵画ですが、多数のレンブラントの絵画データを基にしてコンピューターが作った「新作」です。

オランダ発(レンブラントの出身地)の巨大金融グループINGにマイクロソフトが協力したという、この The Next Rembrandt プロジェクト、18か月を掛けて、データ・サイエンティスト、エンジニア、美術史家らが結集し進められたということです。

サイトでは、大きく4つのフェーズに分けて、この「次のレンブラント」が作られたと解説されています。

1. データの収集

レンブラントのすべての作品を、高解像度3Dスキャナなどを使ってピクセル単位で精査し、データ化します。

2. 主題の決定

レンブラントが最も多く遺した絵画のジャンルは肖像画で、その内訳は女性49%、男性51% なんだそうです。

再現する内容として、これらが最も描かれたとされる1632年からの10年の間に最も描かれた主題が以下のように選ばれました。

  • 白人男性
  • ヒゲ
  • 30代から40代
  • 黒い服に白いカラー
  • 帽子
  • 右を向いている

3. 特徴を生成

プロジェクトでは、「光と影の達人」と呼ばれたレンブラント本人の独特なスタイルを再現することが必須とされました。

彼の配置・構図・画材を再現すべく、顔認識アルゴリズムを使って目鼻の角度や離れ方などの配置や、顔のそれぞれのパーツの描き方を集積しています。

# 顔・表情の認識や特徴抽出は、今回のプロジェクトを支援しているマイクロソフトが最近いろいろ(1), (2)と発表している分野ですね。

the-next-rembrandt-face-parts

最期にそれらを一つにまとめて、レンブラントと同様の比率で配置。最後に、光と影を、これも集めたデータからの結果に従って描き入れます。

4. 命を吹き込む

ここまでは2Dのデータですが、筆致や塗りの層を、3Dで、これもまた元データから取ったのと同じように、与えます。

the-next-rembrandt-height-map

二つの異なるアルゴリズムでオリジナルから採取したパターンを基に、この3次元マップは作成されているということ。最終的には13層のインクが重ねられ、筆で描いたような絵が完成するということでした。

英ガーディアン紙の取材に対して、広報担当者は、レンブラントの新作を作ろうとしているわけではない、と答えています。「我々はレンブラントの成果から何か新しいものを作ろうとしています。レンブラントを作れるのはレンブラントだけです」と。

via The Guardian

3Dプリンタで作られた22×22ルービックキューブ、3度目の正直で完成

22×22のルービックキューブがついに完成した、という動画が作者の Coren さんによって公開されました。

22x22-rubiks-cube

2691個のパーツを一辺20センチのサイズに組み上げたこのルービックキューブ、 Prusa i3 という3Dプリンターでパーツを作成したそうです。製作期間は実に8か月。製作費は130英ポンド(22,000円(200ドル)ぐらい)

22x22-rubiks-cube-size

サイズ比較。3×3、4×4、5×5 のキューブと並べられると巨大さがわかります。

角のパーツが他に比べて非常に大きくなっていますが、個数を増やせば増やすほど、コーナーのパーツを大きくしないと回転中に角から外れてしまうためだそうです。

Thingiverse では、このパーツの設計図が公開されていて、3Dプリンターとやる気があれば自分用を作ることもできます。

22x22-rubiks-cube-parts-data-download

この22面キューブ、昨年11月には2度目の組み立て失敗が報じられていました。

7ヶ月かけて完成した22x22x22巨大ルービックキューブのあ゛あああっとなる最期 : ギズモード・ジャパン

崩れずに組み上げるために、パーツの調整など多数の苦労があったんでしょうね。

via reddit

写真から似顔絵クッキーなどが焼けるクッキー型を作ってくれる Copypastry

コピー&ペーストをもじってCopy+Pastry(焼き菓子)というクッキーカッターが、海外ハンドメイド通販サイトの Etsy で一個 $49.01(5390円) で売られています。

copypastry-cookie-cutter

copypastry-face-cookie-cutter

画像ファイルを受け取って、3Dプリンタで作っているそうです。ハンガリーのブダペストから発送ということ。

copypastry-dog

自分の顔のクッキーを焼いてプレゼントするのはちょっとどうかなと思いますが、結婚式で配るとか特別な状況ならこういうのもありかもしれないですね。

via Geekologie

iPhoneに昔風の電話のダイヤルを持たせるケース

3Dプリンターで作った、昔懐かしいダイヤル式電話のダイヤルを持つiPhoneケースだそうです。

rotary_dial_iphone_case

スプリング内蔵でダイヤルしたら本物のようにジーっという音を出しながら戻りますが、残念ながらこれを回しても電話が掛かるというわけではありません。実際にダイヤルでiPhoneの電話が掛けられると、もっとすごいんですけど。

お値段は$19(2090円)。色のバリエーションは6色あるようです。

周りの人をびっくりさせる面白ケースとして人気がでそうな気もします。

関連

子供にはこの二つの深い関係がわからない

via 3D Printed Case Turns iPhones into Rotary Dial Phones

3Dプリンターで一戸建てを建てるといくら掛かるか?

今年は3Dプリンターの話題が熱いですね。コンピューター上で作成したモデルと同じ形のものがその場で作れるというのは、アイデア次第で無数の応用がありそうですし、実際毎日のように面白い応用例のニュースが流れてきています。

しかし、普及が進んでくると3Dプリンターで「作れるか作れないか」だけじゃなくて、「作れるとしてもいくら掛かるか」というのも当然問題になってきます。3Dプリンターでの印刷にどれぐらいコストや時間が掛かるのか、身の回りにあるもので換算することで把握しようというのが、MOVOTOブログによる“3D Print Your House”(3Dプリンターで家を作ろう)です。

二つの数字を入れるだけで、一軒の家を「すべて」3Dプリンターで作るのに必要なコストがわかります。


By Movoto

一つ目のボックスは、建てたい家の総面積です。

1平方メートルは1平方フィート(sqft)の大体10倍(正確には10.76倍)なので、100平米なら10倍して1000sqft を入れてみてください。

二つ目のボックスは、何階建てかを入れます。3階建てなら 3 と入れます。

3階建て(だいたい)100平米の家を3Dプリンターで建てようとすると、以下のように、

3d-print-100sqft-house

レンガ15,820個が必要で、それには $198,840(2187万2400円) かかる、ことがわかります。

また、これだけのレンガを3Dプリンターで印刷するには、125年8ヶ月と13日かかるそうです。

まあ、3Dプリンターの数を増やして並列に印刷すれば、生きている間に完成するかもしれませんし、今後3Dプリンター自身の性能やコストも下がっては行くでしょう。

IKEAハック – イケア家具のパーツ+3Dプリンターで工作 でも、主要な大きい部品は従来通りの製法のものを用意し、接続部分などを3Dプリンターで印刷する、というのが現実的な活用法では、という感想を書きました。3Dプリンターがさらに普及しても、どこに使ってどこに「使わないか」を判断することが重要になりそうですね。

via How Much Would it Cost to 3D Print Your House?

3Dプリンターの私的利用を禁ず

紙のプリンターのように、3Dプリンターが普及して各オフィスに設置されたら、私用で使おうとする社員が続出するのでしょうかね。

Funny or Dirの短編ドラマは、そんな3Dプリンターの私的利用で起こるトラブルを描いたユーモラスな動画。

3D Printer – watch more funny videos

ちょっと3Dプリンター何でも出来すぎですが。

IKEAハック – イケア家具のパーツ+3Dプリンターで工作

この木製の子供用自転車、市販品のようにも見えますが、自作なんです。

ikea-stool-bicycle

部品の一つ一つがキレイに加工されているように見えますが、その秘密はというと、木のパーツは全部ここから来ているんですね。

ikea-frosta-chair

DIYのアイデアや手順をみんなで共有する投稿サイトInstructable で公開された、このDIY Draisienne(フランス語で「二輪車」)は、イケアの、日本でなら一脚999円(9ドル)で売っている椅子2脚を主要なパーツとして設計した二輪車で、イケア椅子の部品と、作者がオンラインで配っているデータを3Dプリンターで印刷したパーツ(作例ではオレンジ色の部分)とを組み合わせて作ることができます。

ikea-chair-and-3d-parts

組み立てのマニュアルも、言語に頼らず世界で使えるIKEA風

ikea-draisienne-manual-cover

ikea-draisienne-manual

この面白い二輪車を設計したのは、スイスの学生Andreas Bhendさんと、フランス・パリで3Dプリンターのスタートアップ企業に勤めるSamuel N. Bernierさん。それまでネットでしか面識の無かった二人ですが、アンドレアスさんがパリに行き、2日半で設計から製作までを完了したそうです。製作のセッションの様子はこちらの動画で公開されています。

アイデアの意義

3Dプリンターで工作するにしても、すべての部品を打ち出す必要は無いわけです。今はコストもかかりますし。大きな部品については、既にあるものを使い、それらを組み立てる際の小さな部品を3Dプリンターで配るのは利にかなっているでしょう。

その時に問題になるのは、規格化されたその「大きな部品」というやつを、どうやって入手するかということになりますが、そこでIKEAに目をつけたのは素晴らしいですね。

  • もともとIKEAの家具は、部品だけを売って顧客に組み立てさせるものが多いので、部品の形で買うことができますし、
  • 世界の多くの国に進出しているので、手に入れられる地域が多いですし、
  • どこの国のIKEAでも、ローカライズをあまりせずに、同じ規格の同じ製品を売っていますし、
  • 部品は重くて頑丈な合板が多い

と、3Dプリンター工作を支援するためにIKEAが存在するんじゃないか、とは言いすぎですけれど、大きくて重い規格化された部品の供給元として、これ以上ない相手なのではないでしょうか。

将来

3Dプリンターがもっと一般に普及した暁には、小さなパーツ、接続まわりのパーツは3Dプリンターにまかせてしまい、大きな要素だけを店舗で販売するような家具屋が登場しても不思議ではないですね。小さなパーツを同梱したり、欠品のサポートをしたりという手間が無くなりますし、顧客の方も、組み立てに失敗して部品を壊したり無くしたりしても、手元の3Dプリンターで補充・交換できてしまいます。

さらには、大きな部品を規格としてもっと点数を絞り込み、それらだけは近場で買えるようになっており、その部品を様々な違う家具を作るのに使う、と、最初からこのモデルで販売する家具チェーン、みたいなものも登場したりするのかもしれません。

via Life Hack of the Day: Turn an IKEA Stool into a Kid's Bike – Cheezburger

履歴書として3Dプリンターで作った自分の頭を送ったマーケター

3d-head-resume

アメリカ合衆国ニューヨークのマーケター、フロイド・ヘイズさんが職探しで目立つために取った行動は、3Dプリンターで自分の頭部の像を作って、興味のある会社10社に送りつけることでした。

透明な容器に入れられた頭部モデルには、「小さいけど、大きなアイデアがいっぱい」(Tiny head, big ideas)という売り込みの文句が添えられています。

# ヘイズさんの頭のサイズは実際に小さめなんだとか

この頭部モデルは、ニューヨークにあるMakerbotストアに行って作ったそうです。もう、お店に行って顔写真を撮れば、このようなモデルが買えるようになってるんですね。

makerbot-3d-photo-booth

真剣な普通の履歴書には、顔写真等、人種や性別・年齢がわかるものはつけないのがアメリカ式なので、厳密にはこの手は使えないのかもしれませんが、geek.comの解説では、ヘイズさんは本気で正社員の枠を探しているのではなく、ゲリラマーケティングを得意とする彼自身のコンサルティング業に新規顧客を引き寄せるためにやっているのではないか、という見立てです。

多数の候補者から自分に興味を持ってもらうために、人と違うことをするというのは大事な考え方でしょうね。特にクリエイティブな職種や技術アピールが効くような会社に対して応募するような場合は。

…日本の普通の会社で履歴書にこれをつけて、採用担当者が面白がってくれるかは、ひどく会社を選ぶかもしれないなあ、とは思いますが。

via Forget resumes: Man sends 3D-printed head as job application | Geek.com via DVICE

スマートフォンのドックを3Dプリンターで自作し、データもウェブで共有

nexus-4-dock-by-3d-printer-2

グーグルのNexus 4には、置くだけで充電できるワイヤレスドックWireless Charging Orbの発売が予定されているそうなのですが、昨年の発表から未だに発売されていないそうです。

Wireless Charging Orbの発売を待ちくたびれたよ、というMicah Ganskeさんは、3Dプリンターでドックを自作してしまいました。その3DモデルをThingiverseで公開しているので、Nexus 4と3Dプリンターを持っている他の人も、ダウンロードすれば同じドックが手に入るというわけ。

nexus-4-dock-by-3d-printer

今のところ、ダウンロード数は20件。

待たれているオフィシャルのドックと違い、当然ワイヤレス充電機能はついていません。また、ドックにNexus 4を置いた際にUSBケーブルがスムーズに刺さるように、位置を調整して固定したり、ドックの安定感を増すために印刷したドックの下部に重りになるものを埋め込んだりすることも必要ではあります。

nexus-4-dock-by-3d-printer-3

ドックにNFCタグを貼ることで、置いたらアプリを起動するとかシンクさせるといったことも可能に。

スマートフォンを買い換えるごとに、(標準でついてないなら)ドックも買い換えないといけませんが、ドック自体は中に電子機器を満載しているわけでもなく、安定して置きやすい形であればいいわけです。今はまだ、3Dプリンターに投入する素材の方が高くつきそうですが、将来3Dプリンターが普及したら、小さくて輸送も簡単な接続部分だけを売り、かさばる残りは3Dプリンターのデータを配布(あるいは販売)する、みたいなことを公式が行ったりする時代もくるかもしれません。

実際、今回公開されているデータは、Nexus 4を裸で置く場合と、Nexus 4にケースをつけたものを置く場合の2種類のデータが提供されています。また、作って使う人が素材を選ぶわけなので、色や素材は利用者が自由に選べます。3Dプリンター向けのデータを公開することで、個々の購入者の違うニーズに細かく答え、大量販売で少量のバリエーションを提供している現在よりも、嬉しい未来が来るかもしれませんね。

via Free Nexus 4 Charging Orb (if you have a 3D printer) | The Verge Forums

[更新 2013-02-12] 元々望まれていたNexus 4のドック、発売開始されました。Nexus 4本体がまだ売られてないのでこちらも日本のGoogle Playからは買えませんが。