カテゴリー
ガジェット

Bella – AIによる赤ちゃん見守りカメラ

子供の活動を遠隔からも見守れるウェブカメラは、使ってる人は使ってるぐらいの時代になってきてるようですね。単なる固定カメラだけでなく、リモートからカメラの撮影角度を変更できるとか、音声で会話できるとかいうものもあります。

Bella は、乳児監視カメラにソフトウェアによる異常検知を追加した賢い監視カメラのようです。

映像の中の赤ちゃんの顔が見えない=何かが被っていると、警告を投げてくれるそうです。部屋が暗くても検知できる、とあるのはさすがに暗さによっては無理なんじゃないかという気もするんですが。

映像の中で「安全な領域」を設定しておくと、そこを出た時に警告してくれるということ。この写真では中央のカーペットを設定してるようですね。ちょっと台所で作業、といったような際に、赤ちゃんが特定の場所から離れないかを見ててくれるというような使い方ができそう。

逆に、「危険な領域」を設定して、そこに赤ちゃんが(何かが?)映ったら警告というモードも。こういう階段に柵をつけるという物理的な安全対策もありますが、このような警告が来れば対処できるケースもありそう。

「赤ちゃんが泣いたら警告」機能は、乳児でも別室に寝かせたりする海外らしい機能かもしれませんね。日本なら泣かれても気づかないほど家の中で離れてることもなかなかないかも。

ソフトウェア側で、これまで親などがやっていた見張り的な作業を代替してくれるというのは、育児のたいへんさを軽減するのに役に立ちそうです。画像・動画の解析・検知技術が普及してきたことで、今後もいろいろな進化が期待できるのではないでしょうか。

Kickstarter でのクラウドファンディングです。早期予約で$149(1万6390円) 、これが予価の4割引きだそうなので、市販まで行ったら定価は$250(2万7500円) ぐらいでしょうか。

コメント欄では5月のリリースに向けて既に製造体制とありますが、クラウドファンディングの常で、お金を払っても製品が届くか、届いた製品が売り文句通りかは保証されていないことにご注意ください。

via release mail

カテゴリー
ガジェット

Fingerbot – リモート操作でボタンを押せるデバイス

Fingerbots

メーカーよりレビューしてほしいとサンプルの貸し出しを受けたものです。家電のリモート操作は僕の家でも少しずつ進めていることもあり、面白そうなので借りてみました。

Fingerbot は、スマートフォンから操作できる物理スイッチのガジェットです。

押すという一動作だけを行うとても単純なデバイスですが、押して動くものは家の中じゅうにあるので、工夫次第で様々な家電などを遠隔操作することができるというわけです。

スイッチにつけたくなるけど、これじゃ液晶が見えなくなる

fingerbot

こうか?

邪魔をしないという意味ではこう? はみ出てるので、両面テープだけではこれはなんともならなさそう。取り付けは追加で何か多少の工夫が必要そうですね。手動「でも」押したいなら場所の決め方は慎重にしないと。

手に取った時は「すごい小さいな」と思ったんですが、こうやって設置場所を考えるともっと小さくてもいいかと思うこともあります。でもまあ、バッテリー内蔵で長期間充電せずに動く(←サイトの説明では)ためには、こんなものなのかな。

パソコンはタイマーで起動しようと思えばできるはずなので、あまり意味ないけど。

マンションの鍵はスマートロックにしているのですが、建物のオートロックは結局専用鍵で開けないといけない。Fingerbot でタッチすれば自分で呼び出して自分で開錠することもできそうです。

サンプルには一種類のアタッチメントだけついてきました。先っぽの部分が取り外せて、交換できます。タッチパネルを叩くのに向いたアタッチメントなど複数違った形状のものがセットで購入できるようなので、操作したい相手のスイッチに応じて使い分けることで、よりミスなくスイッチのオン・オフができるということでしょう。

単純に押すだけの似たデバイスは前に見たことがあるので、Fingerbot が優れているとすればこのアタッチメントが交換できるところなのかなと思いました。既存のアタッチメントではどうしてもうまくいかないところを、3Dプリンタで自作・あるいは有料で作ってもらうとかもありそうです。

Kickstarter のキャンペーン(今日まで)で1個入手するなら$29(3190円)、実際のところはインターネットとつなげるアダプタ(Adaprox Bridge)というのが無いと「目の前からスマホで操作する」だけと面白みがないので、アダプタとセットの$69(7590円)というところでしょうか。単機能なので、いろいろやらせたければ10個も20個もあっても困らないわけで、32個セットとかのコースもありますね。

目標額は既に達成しているようですが、クラウドファンディングなので支払ったからといって宣伝通りのものが必ず来るか、予告の時期(今年の5月頃、と書いてある)に来るかどうかはわかりません。

全部の家電がネット操作対応する日はまだまだでしょうから、それまでの移行期間にいろいろとリモート操作をしたければ、この手の小さなデバイスは必要そうです。

カテゴリー
ガジェット

Eye Disk – 虹彩認証で「ハック不可能(unhackable)」を謳ったUSBメモリのパスワードが簡単に見えてしまう

Kickstarter でプロジェクト成立した Eye Disk は、内蔵カメラで利用者の目の虹彩パターンをチェックし、登録した本人だけがその内容にアクセスできるというクールなUSBメモリです。

… 製品が額面通りのものであれば。

本人の目の虹彩パターンに合致しないと中身にアクセスできないUSBドライブ。万一虹彩認証が通らなかった時には、登録しておいたパスワードでも解除ができます。

プロジェクトのトップには “unhackable USB Flash Drive” (ハック不可能なUSBフラッシュドライブ)と大書きされ、本文の途中にも「最もセキュアなUSBフラッシュドライブ」と書いてあります。

しかし先週末に、侵入テストの会社ペン・テスト・パートナーズのデビッド・ロッジさん(David Lodge)が、Eye Disk が本当にハック不可能かどうか検証する記事を上げています。

実際にこの Eye Disk を入手したロッジ氏は、まずハードウェア面を分解して調べます。分解しにくく成形されたUSBドライブについてきた小さな内蔵カメラは目の個人差の特徴をよりよく取得するためか赤外線フィルタが外されていて、他にはUSBコントローラ、カメラコントローラ、NANDフラッシュなどのチップが載っています。

特殊なチップは無さそうなので、虹彩認証の処理はソフトウェア側であろう、と、目星をつけましたが、Visual C++ のコードをデコンパイルして追跡するよりも、とPCとの間の通信を Wireshark で sniff することにしたそう。

SCSI コマンドでリクエストが飛んでいることを見つけた後、実際に自分が設定したパスワードを入れてUSBドライブの中身をアンロックしようとすると、SCSIコマンドのパケット中に自分が入れたパスワードが平文で見えてしまいました。

さらに悪いことには、間違ったパスワードを入れてもデバイス側の正しいパスワードが返送される仕組みになっているというのです。

デバイスに保存されているパスワードをPC側のソフトウェアが平文で入手し、それとユーザー入力のパスワードを比較する、というセキュリティ的にダメダメな作りになっていたという結論を、Eye Disk 側に4月上旬に通告したそうですが、修正の時期や既存ユーザーへの告知を尋ねるメールから一か月の猶予期間に返答が無かったため、今回の情報公開となりました。

ロッジ氏の Eye Disk ベンダーへのアドバイスは、「『ハック不可能なデバイス』という有りもしない(ユニコーンのような)宣伝をしたがるのではなく、デバイスをテストして見つかったバグは直しましょう」だそうです。

Kickstarter でのキャンペーンが開始した時に、複数の人がツイッターで

「セキュリティの専門家に評価してほしい? だったら『ハック不可能』って書くといいよ」といったコメントを既に書いていました。

営業的には大きく打ち出したいのかもしれませんが、”unhackable” という宣伝文句が hack できる人たちの興味を引き、製品のいい加減さが露呈することになった可能性もありますね。

via Hacker News