カテゴリー
ネットのマーケティング

サムスン、アップル村の人々にGalaxy S9を無料で配る

オランダのアップル(Appel)村に行って、知り合いづてに50台の最新スマートフォン Galaxy S9 をプレゼントして回ったそうです。

アップル村に乗り込む、サムソンの「切り替えチーム」の一行

Appel は、オランダ語の Apple だそうです。人口312人のうち、出会った50人に無料のS9 、50台を配ったことで、「アップルコミュニティのみなさんにサムソンへ切り替えてもらった」そうです。

日本に林檎村とかそういう地名のところがあれば、サムソンに連絡するといいことがあるかもしれません。

カテゴリー
ネットのマーケティング

公式の「新機種で最初に何を撮ったか教えて?」への困った回答に華麗な反撃

続けてツイッター公式アカウントの話。

新機種Galaxy S8 を推すサムソンの英語アカウントが、「Galaxy S8 はもう手に入れた? 最初に撮った写真を見せてください」と呼びかけたところ、

とある男性が返したのは「(撮ったのは)あそこの写真だよ」

https://twitter.com/savEdward/status/855471928970059777

あまり好意的な返答とはいえませんが、公式アカウントはこれに対して絵文字一文字でこんなリプライ。

1万7千以上のリツイートと、多数の「やったね」的な共感を得ることができる、うまい切り返しでした。

カテゴリー
技術

大型トラックを透明化して追い越しの安全を確保する実験

片道一車線しかない道路で大きなトレーラーに追いついたらどうするか。大型トラックは乗用車ほどのスピードは出せませんから、追い越して先に行きたいところですね。でも、長いトレーラーを追い越すには、それだけ長い距離、反対車線を走らなければいけないわけで、対向車が来ていないことを確認するのは大変です。実際に追い越し中の事故も多いでしょう。

samsung-transparent-truck

サムソンがアルゼンチンで実験したのは、前方に取り付けたカメラの映像を、後方につけた4つの大型モニターに映しながら走るトラック。後ろから来た車は、トラックが透明になったかのように、その先の道路、そして対向車の有無を見ることができます

samsung-transparent-truck-2

The Vergeによれば、2009年にロシアのデザイン会社Art Lebedevが透明トラックとして同様のアイデアを発表していたそうですが、実際にトラックを製作したサムソンは、今後現地の法律や規制に合わせ、必要な許認可を得て運用テストを続ける予定ということです。

巨大LCD4枚を常時点灯しながら走るのはエネルギー消費としてどうなんだとか、便利さを得るのは追い越す他車の方でトラック側にこれを行なうメリットがないのではとか、いろいろと実用にするには課題もあるとは思いますが、そういったことも解決していければ、将来はこういったディスプレイを背負ったトラックやバスをドライブ中に見かけるようになったりするのかもしれません。

via The Verge