カテゴリー
fun

英BBC の「今日のツイート(Tweet of the Day)」

イギリス BBC ラジオに「本日のツイート(Tweet of the Day)」という番組があるのを知って、てっきり今日面白かったツイッターのつぶやきを紹介しているのかと思ったら、tweet の元の意味通りの「鳥のつぶやき、鳴き声」についての番組でした。

毎平日の朝5:58から90秒流されるこの短い番組は、鳥の鳴き声とその鳥にまつわる話の朗読からなっています。BBCのウェブサイトでは700本以上のアーカイブを聴くことができます。Podcast 形式でも配布されています。

この「今日のツイート」が始まったのは2013年。twitter のサービス開始が2006年、日本の初期ユーザーが広まり始めたのが2007年なので、ツイッターの”tweet”を意識してのタイトルではないかと思ったのですが、直接それが言及されているような証拠は見つかりませんでした。

鳥が好きで鳥と絡めて英語の勉強をしたい人にはいいんじゃないでしょうか。

カテゴリー
ネットの事件

英銀行の「正しい電話番号」確認サイト、JSONで全74000番号を晒す作りで議論を呼ぶ

イギリスの大手バークレーズ銀行、利用者の電話詐欺被害対策として「バークレイズ銀行の電話番号として正しいか調べる」サイトを公開しているのですが、その実装に問題があるのではという疑義がHacker News で上がり議論となっています。

Phone number checker サイトでは、電話番号を一つ入力するフォームが置かれ、ここに電話番号を入力すると、74000個ある正式な電話番号の場合は「この番号へ掛けても大丈夫です」という結果が出ます。

大手とはいえ、一つの銀行が74000個も番号を抱えてるのはすごいですね。フリーダイヤルから支店や部署まですべての番号を含むにしても。

議論となっているのは、このチェッカがクライアントサイドだけで動いているらしいこと。JSONファイルが読み込まれていて、このファイルに74000個の電話番号がベタ書きされています。


{
"numbers": [
"0800000097",
"0800001011",
"0800008008",
"0800111777",
"0800201612",
"0800222200",
"0800222800",
"0800227222",
"0800281435",
"0800282390",
"0800289289",
"0800289888",
"0800289989",

最初に声を上げたブログが、入力フォームの形式チェックがあまりちゃんとしていない(ハイフンを含んだりイギリスの国番号44から始まる形式を正しく認識できない等)やJSONファイルのサイズ(1.3Mbytes)が大きすぎることを問題にしていた(これぐらい許容範囲だとか、正規表現で書けばよいとか圧縮をちゃんとすればよいとか)ため、Hacker News での議論も多方向に拡散してしまっているのですが、主要な問題は偽メールや偽電話でだまそうとしている勢力が簡単に正式な電話番号のリストを入手できるところにあるのではないかなと思います。

発信者番号通知も改竄可能なので、騙す側に改竄するための正しい番号のリストを教えているという話でもあります。このチェッカが正しく理解されていないと、電話を「受けた時」にこのチェッカで正しいとされたから電話の相手を信用してもいいと思ってしまったりしてしまう可能性もあります。

カテゴリー
海外サービスウォッチ

新型コロナウイルス対策のポスターやソーシャルディスタンス標識を集めたサイト

Pandemic Graphics Archive (パンデミック画像保管庫)は、新型コロナウイルスの世界的流行によって登場した、伝染病対策のポスターや、社会的距離を取るために地面や店頭などに描かれた立ち位置を指示するマークを集めたサイトです。

2メートル(6フィート)開けることを呼び掛けるものや、足のマークで行列の中の場所を示すもの、一方通行の方向を指示するもの、マスクをするようお願いするもの、などいろいろなマークがあります。

見てみると、「2メートル開けてください」のマークで一番多いのはこういうのですね。色使いはバラバラで、この手のマークに(まだ?)使う色のコンセンサスはできていないように見えます。

ほとんどがイギリスの画像で始まったようですが、メールでの投稿を呼び掛けていて、他のヨーロッパ諸国やアメリカ合衆国での事例も少し載っています。

このサイトに送るかはともかく、日本でも至るところに今このようなマークが貼られていますね。同じ目的に対していろんな人の考えたデザインという意味でも面白いし、この騒動が終わったら街中から一斉に消えてしまうかもしれないと思うと、記録として集めるのも面白そうだと思いました。

via swissmiss