カテゴリー
ネットのサービス

このウェブサイトは自動的に消滅する – 来訪者のメッセージをランダムに表示するサイト

This Website Will Self Destrut (このサイトは自動的に消滅する) は、ウェブ漫画家の@FemmeAndroid さん手になるシンプルな新webサービスです。

最初に表示されるメッセージが、サイト自身の説明となっています。

私はすぐいなくなるウェブサイト。それでいいんです。

下のフォームから私にメッセージを送れます。24時間メッセージが来なければ、私は永久に消滅し、データベース上のすべては削除されます。

それまでの間、あなたがどうしているか教えてください。あなたの書いたものを他の人が読みますが、あなたの名前やあなたを識別する情報は一切表示されません。自由に思うままを書いてください。

たいへんな一か月になっていますね。

愛をこめて

“Read a message”ボタンを押すと、ランダムに他の人が残したメッセージを読むことができます。

4月18日の公開から4日間で、50000通以上のメッセージが投稿され、全部で2百万回の閲覧があったそうです。

ボトルメールとか昔ありましたが、どこへともなく流れていくメッセージ、誰にあてるでもなく心情を吐露したいメッセージ、などを送りたくなる状況にある人が多い今の状況が、この「いずれ消えるサイト」を注目させたのかもしれませんね。

関係ないけど、サイト全体が3度傾いてるの、たった3度なのにすごい傾いてる感じになりますね。どこかで使ってみたいけれどどういうサービスだと傾いてるのがいい感じになるのか難しそう。

via HackerNews

カテゴリー
ネットのサービス

Webtest.app – ウェブサイトの表示が広告ブロックの有無でどう変わるか測定してくれるサービス

Webtest.app は、同じウェブサイトに対してアドブロックを使っていない場合と使った場合に、内部的にどれだけ読み込むファイルやドメインが違うかというのを測定してくれるサイトです。

誰かが既に調べたサイトだと、調査結果がキャッシュされてすぐに出ます。そうでなければ少なくとも数十秒は掛かるようで、リクエストして後から見に来るのがいいかもしれません。

Asahi.comで試してみました。

倍のリクエストを読み込み、これだけたくさんのクッキーを積んでも2秒ぐらいしか読み込みが違わないのは、さすがに毎日膨大なアクセスを捌いているだけのことはありますね。

広告収入で運営しているサイトは特に、広告ブロック機能を使っているユーザーはお客さんではないと思うでしょうから、広告ブロックした場合の性能はそれほど気にしないかもしれません。しかしそれでも、各社の広告スクリプトを載せただけでユーザー体験やその背後で動くデータ量がどれだけ増えるかは、確認しておいてもいいかもしれないと思います。

カテゴリー
UIデザイン

パスワードを決める画面でのアホなルールを集めたリポジトリ dumb-password-rules

dumb-password-rules/dumb-password-rules

パスワードの登録や更新画面で出てきたおかしな制約やエラーを募集している GitHub リポジトリがあります。

あほなパスワードの文字制限を分類

多数の事例が載っていますが、代表的なものをグループ化してみます。

文字種や記号を謎に制限

「% は使えません」「\ は使えません」 – 内部でエスケープしちゃうんですねわかります。ちゃんと作ってあればこんな特例要らないと思うんですが。

「記号で使えるのは ? ! $ €% & * _ = – +. ,:; / () {} [] ~ @ # だけです」

「記号はアンダースコアとハイフンだけ使えます」

「数字や記号は使えません」

「使える記号がありますが、どの記号が使えるかは秘密です」

「パスワードは5-15文字です(が、スペースは文字数としてカウントしません)」

「パスワードに使えない記号は、あなたがそれを入れてみた時だけエラーで教えます」

「パスワードは数字8桁で、0で始まってはいけません」 – 数値型か

「#, %, &, =, /, < などのハッキング文字は使えません」 - ハッキング文字!

長さ指定系

「パスワードは8,9,10文字でなければいけません」

「パスワードは7文字か8文字でなければいけません」

「パスワードは6文字です」 – ATMの暗証番号か

「パスワードは6文字以上です (あとどこにも書いてませんしエラーの原因にも出ませんが最大20文字です)」

「メールアドレスは8文字以上にしてください」 – ユーザーのメールアドレスで選別するの?

「登録フォームのパスワードは最大24文字ですが、実際に使われているパスワードは最初の16文字です(更新フォームで判明)」

技術で解決系

右クリックや Ctrl キーを効かなく(alertが出る)することで、パスワードマネージャーの利用を防ぐ

パスワードを入れる箇所が2か所あるが、コピペやChrome拡張からの自動入力を不可能にすることで、パスワードマネージャーの利用を防ぐ

「パスワードは120日ごとに変更しなければならず、一度使ったパスワードは二度と使えません」

総合力タイプ

「パスワードには記号を含めてください。パスワードには記号は使えません」 どうしろと

「とにかくルール、ルール、ルール!」


顧客や上司がパスワードの文字種について不思議提案をしてきた時に、この事例集を見せて「その発想、やっちゃダメなやつだと笑われてますよ」と言ったら説得できるかもしれません。

via Hacker News