カテゴリー
ツール

ASCII TV – テキストアニメーション映画(スターウォーズep4とか)を再生するwebサーバ

オープンソースで公開された ASCII TV は、ASCII文字で構成された「映画」をターミナル上で再生できる Golang 製の http サーバです。

サンプルとして、スターウォーズ・エピソード4 (のASCII映画)をターミナルから以下のコマンドで再生できます。

$ curl https://asciitv.fr

ここで再生される19分弱のASCII版スターウォーズは、2012年に telnet で再生する ascii-telnet-server が公開された際にもデモ用に使われていたものです。もともとは、http://www.asciimation.co.nz/としてサイモン・ヤンセンさんが制作したもの。

telnet版の呼び出しは以下

$ telnet towel.blinkenlights.nl

再生の様子はこんな感じになります。

ASCII TV はスターウォーズのテキストファイルを呼び出すようになっていますが、データさえ用意して差し替えれば、他のASCII映画やアニメーションをターミナルから再生することができます。

ASCII版スターウォーズほど気合の入ったものは、ちょっと見つかりませんでしたが。

via Hacker News

カテゴリー
工作

IKEAのインテリアライトをデススターにする工作

イケアで売っている照明に、IKEA PS 2014というオシャレで風変わりなものがあるそうです。

紐を引っ張ると、グワッっと球体が分割し、中のライトが光ります。

ブログLYLELOを運営するマリア・クルーガーさんが、このIKEA PS 2014をベースに「崩壊するデス・スター」のライトを作り、その作成手順を公開しています。

模様が残るようにマスクして、

濃い灰色で塗る。

完成したデス・スターライトの動画がこちら。

「IKEA PS 2014がデススターみたい」というのは、これまでも色々なところで言われていたようです。表面を塗ってないオリジナルについても、“IKEA Death Star Lamp”という名前で呼ぶ人がいたり。日本語でも記事がありました。

通称デススター、サイバーな見た目のペンダントランプ「IKEA PS 2014」 – ケータイ Watch Watch

via Bored Panda

カテゴリー
fun

ヨーロッパのライトセーバー学校が米国進出

lightsaver-school-logo

lightsaber-classes

「スポーツ・ライトセーバー戦闘の国際ネットワーク(The international network of sporting LIght Saber Combat)」を標榜する欧州のライトセーバー学校チェーン ルードスポーツが、「啓示の源泉である(inspiration originated)」サンフランシスコで15日に米国初上陸を果たした、というニュースが届いています。

lightsaber-fight-san-francisco

10のルール7つの戦闘スタイル、などが定義されており、極めて真剣にライトセーバー道の訓練や普及に勤めているもよう。

国際レーティングシステムによって、様々な称号、ジェダイとか、も与えられます。そして当然、国際トーナメント大会も毎年開催。

lightsaber-academy-1

サンフランシスコ進出の様子をまとめた動画

こちらは、イタリアで10年前に始めた創設者たちと、これまでの経緯をまとめた動画です。

ヨーロッパで10年前に始まった、というこのライトセーバー教室、発祥のイタリアでは13都市に有り、現在ではイギリス、アイルランド、フランス、ロシア、ベルギー、スウェーデン、スペインの8か国30弱の都市に展開しているようです。

ludosports-european-cities

スターウォーズが生まれたアメリカ、そしてスターウォーズが書かれたベイエリアへの進出は、この学校に取っては大きな一歩なのでしょう。

スターウォーズの格闘戦のネタ元の一つが日本のチャンバラであることを思えば、こういった剣技格闘を学びたい人たちは剣道とかが拾えててもいい対象なような気もしますが、あくまで「ライトセーバー」じゃないとだめなんでしょうね。この学校、この先日本に来ることもあるのでしょうか。

via Houston Chronicle

[追記 2018-01-07] ルーカスフィルムが訴えたというニュースが出ていました。そのまんまなので不思議ではないですね。