カテゴリー
ネットのサービス

THEREMIN – ブラウザやスマートフォンで鳴らすテルミン風楽器アプリ

Theremin(テルミン) は、世界初の電子楽器テルミンをモチーフとしたwebサービス/アプリです。(2014年に最初のバージョンが公開されていたそうです)

単に音を鳴らすだけなら簡単で、黄色いエリアでマウスをグリグリとドラッグするだけでそれっぽい音が出ます。

4種類の波形の音や、ディレイ、フィードバック、スカズ(波形の汚し)を調整することで、音色を調整できます。

本家テルミンと何から何まで同じ仕組みなわけではないので、名称がまったく同じなのはちょっと誤解を招くところかもしれません。プレイの感触としては共通点もありそうです。本物のテルミンを演奏したことはありませんが。

スマートフォン版(iOS / Android)が有料で出ていて、そちらでは演奏の録音やダウンロードもできます(デモ動画)。同じく録音ができるChrome拡張版もあるそうですが、現在はダウンロード不可になっています。

カテゴリー
ネットのサービス

Making History Sandbox – 世界の勢力図を編集できるブラウザエディタ

Making History Sandbox: Alternate History Timeline Editor は、世界の勢力図を年号と併せて作成することができるブラウザ上の編集サービスです。

モンゴル高原統一(1206)時の諸勢力

エリアを選んで名前や勢力名を設定したり、色を変更したりできます。

いくつかの時代の勢力図をロードすることもできます

  • アレクサンダー大王
  • モンゴルの台頭
  • ヴァルナの戦い
  • 第二次世界大戦前夜
  • 現代

第二次世界大戦直前(1936)。フィリピンの帰属が間違ってますね。

作成した勢力図は保存・読込ができます。利用者が作成したデータ「現代(2021)」「第一次世界大戦開戦(1914)」も追加されています。

エリア単位で支配勢力を色塗りしていますが、エリアを分割したりすることもできるそうです。

レイヤーのように複数の年代を並べて作り、切り替えていくこともできますが、これを使ったサンプルデータはまだなさそう。

自分の興味ある時代を再現したり、架空の年代や勢力を塗り分けたりするのも面白そうです。

カテゴリー
ネットのサービス

タイルを組み立てて日本語の文を作るサービス

Japanese Sentence Builder は、タイルに書かれた日本語(英語ヒントつき)を組み合わせて日本語の文章を作るという特殊なエディタです。

ブラウザ版のデモが公開されています。

左下の名詞を選ぶと、トップの助詞が選べるようになり、助詞を選ぶと、次の名詞かまたは右下の動詞を選べるようになります。

日本語タイルの下には英語で意味が書いてあるので、英語のヒントをみながら、それらしい日本語の文章を組み立てることができるというわけ。

とは言っても、日本語話者だから組み立てられるわけで、この英語のヒントだけをもって通じる日本語文を作るのも、なかなか難しそうではあります。

できあがった文章は、日英の自動翻訳で英語に変換され、組み上げた日本語の意味が通じるのかを確認することができます。

最近は機械翻訳が進歩してきているので、このような手動(を支援するソフトウェアツール)がなくても自動翻訳だよりでかなりのことができつつあるでしょうけれど、自分で外国語を身に着けたいというときは、このような支援ツールを使うことで学習が進むこともありそうです。

日本語話者にとっての英語学習もたいへんですが、逆の立場のたいへんさも想像できますね。

via Hacker News