カテゴリー
ネットの事件

Internet Explorer 3.0 チームにいた若手エンジニアの回想ツイート

子供がオンラインでプログラミングを学習できるサイト Hour of Code の創立者である ハディ・パルトヴィさん(Hadi Partovi)は、Internet Explorer 3.0 の開発者の一人だったのですね。初期の「ブラウザ戦争」にマイクロソフトという巨大企業側から関わった経験をツイートされています。

パルトヴィ氏は22歳の時、たった9人だった IE開発チームに入っています。初期のワールドワイドウェブ(WWW)の標準的な地位を占めていたネットスケープナビゲーターのシェアは95%。当時のIEはというと、技術的には2年近く遅れていたと。

以下、長連文ツイートから面白かった箇所を抜き出します。

  • チームは採用を絞りに絞った
  • ボスの言葉「できるといったやれ、できないのは構わない。できないことを引き受けて失敗するとチームが止まる。ノーと言うことを覚えなさい」
  • モチベーターとしてのビル・ゲイツ氏のメモ
  • IE3.0開発の発表日は真珠湾攻撃にちなんだ1995年12月7日。先制された戦争をやり返すためならAppleやAOLとも組んだ
  • Netscapeのマイク・アンドリーセン氏の次の言葉を壁に貼って闘志を燃やした「Netscapeによって、Windowsはもうすぐ品質の悪いデバイスドライバ集みたいなものになるだろう」
  • 3食を共に取り、深夜にフーズボールで遊んだ
  • 離婚や壊れた家庭や不眠症その他の悪い事も起こったが、2万人の会社内に人生を賭けた100人のチームがあった。(この部分と働きすぎの描写については、後で誇張しすぎたという訂正記事を出されています)
  • IE5で勝利した後、マイクロソフトは勝利したと考え、パラノイド的であることを止め、IEはジョークの対象になってしまった
  • だめになっていくIEを見るのがつらく、1999年に退社した

エキサイティングな環境に22歳の移民として入り、すばらしいメンバーと一緒に短期間で勝利を収めたことへの誇らしさが伝わる体験談でした。結果成功したから良い思い出になったという見方もできますが、馬車馬のように働ける時期に働くに足るチームと出会えたことがプラスになっているし、その後の起業等の成功にもつながっているのでしょうね。

カテゴリー
ゲーム

ヒール・ヒトラー – 総統のサイコセラピストとして未来の悲劇を止めるノベルゲーム

新作インディーゲーム、Heal Hitler は、1925年にアドルフ・ヒトラーの心理療法士となり、フロイト・ユング流の精神分析を使ってヒトラーが持つコンプレックスを解消し、戦争と大虐殺を防ぐゲームです。

チェコのゲーム開発者ジョン・イージス氏(Jon Aegis)が一人で開発し、声優2人を使ったこのゲーム、歴史のif を体験することになります。ゲームは時々出てくる複数の選択肢を選ぶことで進み、全体が一時間程度で終わるボリュームです。

ヒール・ヒトラー(ヒトラーを治せ)は、ハイル・ヒトラーのもじりですね。タイトルも秀逸。

診察室にやってきたこの新しい顧客は、最初怒りの感情をコントロールできないという悩みを相談します。

ヒトラーの話すドイツの状況や社会制度への考え、オーストリアに対する思いと父や母の思い出、一次大戦での従軍経験、ユダヤ人やマルクス主義者をどう見ているか、美術大学に入れなかったこと、などなど、史実からわかっていることを含め会話の形で聞かせます。歴史の勉強にもなりそう。

扱っている題材が題材なだけあり、ゲームで取り上げることも良くないという批判も出ています。reddit のスレッドにはヒトラーをもしかしたら悪へ進まなかった可能性のある一人の人間として見るということを拒絶する人のコメントも。作者の考えは、誰の中にも善と悪があり環境がどんな人をもヒトラーのようにするのではということのようです。それが正しいかはわかりませんが、サイコセラピーによって人の行動は変わりうるというのが作者がこのゲームで表現したいことなのかもしれません。

このパターンで他の歴史上の人物を扱うこともできそうですね。

via reddit via Boing Boing

カテゴリー
fun

ベルリンの壁 – 同じ場所で壁有りと壁無しを並べた写真集

ベルリン・モルゲンポストの壁のあるベルリンとないベルリン、のページが面白かった。

ウェブサイトでよく見る、2つの写真を同じ場所に重ね合わせ、スライダーで見栄えを切り替えるという手法を使い、自分の手で切り替えながら見ることができます。

2019年の写真をスライドすると、

同じ場所を1981に撮影した写真が出てきます。

1989年11月9日にベルリンの壁は開放されたのですが、それ以前と昨年2019年の同じ場所の写真を並べています。

1981年というのは東側への旅行が制限つきながら緩和された年のようです。ベルリンの2つの時代の地図もスライダーで切り替えられるのですが、1981年版の地図では東ドイツ側にそもそも航空写真がなく、黒くなっていたりもしますね。

この地図上の数字のついた各地点で、両方の時代の写真を見ることができます。壁崩壊時の西ベルリン市長が、ブランデンブルク門の前で昔と同じポーズを取る写真なんかもあります。

via Maps Mania