カテゴリー
ネットの事件

Twitterの「アルゴリズム」repo がGitHub から消される

Twitter の「アルゴリズム」という空のリポジトリがGitHubに公開され、イーロン・マスク氏のtwitter買収と何か関係がある動きなのかと注目を集めていましたが、リポジトリは空のまま削除されてしまいました

Disclose.tv は、空のリポジトリを「twitter のアルゴリズム」として GitHub に公開したことは twitter の一部開発者からイーロン・マスク氏への反抗のメッセージではないかという見方をしています。(中の人がどこかでそう発言したわけではありません)

もし空であることが今後のアルゴリズム公開の準備ではなく、空であること自体に意味を持たせようとしていたとするなら、単一の簡単なアルゴリズムで動いてるわけではない、とか、内部の複雑なシステムの結果として今の表示順ができている、とかいう主張なのかもしれないですね。

via AIM

カテゴリー
ネットの事件

Twitter の「アルゴリズム」がGitHubに公開され、中身は空でも注目を集める

Twitter 社が GitHub 上で twitter/the-algorithm を公開したことが話題となっています。

[更新 2022-04-27] リポジトリは削除されてしまいました

“The” アルゴリズムですからね。Twitter の仕組みは多くのアルゴリズムからできていることは間違いないですが、おそらく各自のタイムラインがどのように作られるかという部分に関わるアルゴリズムのことではないかと言われています。

このリポジトリの存在を示唆したのは、Google のオープンソースチームから2022年に Twitter のオープンソースチームへ移籍した ウィル・ノリス氏。

長期に渡って企業内でオープンソース活動を進めているエンジニアです。

大昔は時系列順にツイートを表示するだけだった Twitter タイムラインのアルゴリズムは、ユーザーのために必要なものをうまく集めて見せる、といった名目でブラックボックス化し、自分たちの発言が不当に多く/少なく表示されたりしているのではないかといった疑念を持つ人もいます。

Twitter買収を目指しているイーロン・マスク氏は「信頼性を高めるためにアルゴリズムをオープンソース化したい」と語っており、

買収はまだ決定事項ではありませんがこれに呼応したものかもしれません。

カテゴリー
ネットの事件

GitHub がロシア企業・開発者アカウントの一時停止やブロックを進めているとの報

4月13日頃から、ロシア最大の銀行ズベルバンクやアルファバンクのものを始めとしたロシア企業のGitHub アカウントがサスペンドされたり、アクセスできなくなったりしています。

また、条件ははっきりしませんがロシア人ユーザーやロシア在住アカウントと思われるGitHub ユーザーのリポジトリも、予告なしにブロックされたりし始めているそうです。

ブロックされた個人開発者にはその後メールで、アメリカの経済制裁の対象地域にいるかもしれないのでブロックした、間違いであれば申し立てができます、というメールが届いているそうです。

条件はわかりませんが、言語や地域、アクセスのIPアドレスがロシア域内になっている、ロシア企業のリポジトリ下で作業しているGitHub ユーザー等は予告なしにブロックされる前に変更や退避をした方がいいのかもしれません。

GitHub社は3月の段階でロシアからのブロックを求める声に対してブロックを行わない(「私たちのビジョンは、全ての開発者のホームになること」)ことを表明していました。

今回の suspend や 削除は、これまで北朝鮮やキューバ等に行われてきたブロックと同じ米国政府からの要請によるもののようです。(イランのブロックはGitHubと米国政府の交渉ののちに復旧) GitHub は Microsoft 参加の米国企業ですから、GitHub 自身の方針とは別に米国の法令を守る必要があるのでしょう。

via Хабр via Bleeping Computer