カテゴリー
ネットのサービス

新型コロナウイルス以降の米スタートアップのレイオフ情報をまとめた Layoffs.fyi

Layoffs.fyi は、Tech Layoff Tracker 「テック(企業)のレイオフ追跡」を名乗る通り、技術系スタートアップの一時解雇(レイオフ)情報をまとめているwebサイトです。

データの収集は新型コロナウイルスの世界的感染が始まった頃から。パンデミックによる経済活動の停滞・縮小予想とそれを受けてのレイオフを記録し始めたものでしょう。

データ元は各企業からの公式発表で、スタートアップの社員や元社員からの情報をフォームで受け付けて反映される、手動のデータベースサイトのようです。

いろいろな切り口から集計した表やチャートも貼られています。新型コロナ以来の大口のレイオフは、ホテル予約の Booking.com の 4375 人、Uber の 3700 人、IT不動産ローンの Better の 3000人、など。

一旦大きなレイオフをしたが、その後資金調達や買収などで大きく採用し復活した10企業など、データを使った分析ブログも面白いです。レイオフの時のニュースは大騒ぎになることが多いですが、1年でそこから立て直して再雇用や新規雇用をできているスタートアップの存在は心強いものがあります。

アメリカの話ではありますが、全体のレイオフ数を見ても、新型コロナウイルスの感染初期の2000年夏頃に大きくレイオフの波があったものの、最近は落ち着いているようですね。

via reddit

カテゴリー
ネットのサービス

Wheredle.xyz – ストリートビューから州を当てるWordleインスパイア

Wheredle 🌎 は、人気の英単語当てゲーム Wordle のクローンで、英単語ではなくアメリカの州を当てるクイズゲームです。

出題は Google Street View の埋め込みでなされます。自由に動けるので、州の特徴が出ている看板や植物を見つけて、あたりをつけます。

外れの場合は正しい州の方角が出てくるので、その方角を含めて選びなおしとなります。

Wheredle という名前のWordle フォロワーは他にもあり、こちらは地名ではなく5文字の英単語を前後のスペースを含めて当てるという、単語当てとゲームしての本家 Wordle の派生形。スペースを入れて回答するのが少し面倒です。

カテゴリー
ネットのサービス

plaintextsports.com – シンプルでミニマルな北米スポーツ・ニュースサイト

Plain Text Sportsは、NFLやNBAなどアメリカのスポーツの試合経過や結果を、テキスト中心のシンプルなデザインで見せるというウェブサイトです。

サイトはhtmlベースなので、サイト名のような「プレインテキスト」ではないよね、と Hacker News では突っ込みは入っていますが。

大手のスポーツニュースサイトは画像や動画、そして広告などで通信料は多いでしょうから、スコアだけ簡単に見たいという人には役に立つサイトかもしれません。

これらのデータは、特に速報性があるものは安くは得られないと思うのでソースが何かは気になりました。plaintextsports.com がこれを使ってるかは確定していませんが、たとえば ESPN社の JSON API という、公式には2014年に閉鎖されたはずの API が実際にはアクセス可能な状態で動き続けているそうです。派手な商用利用でないアクセスは無視されているかお目こぼししてもらっているのではと Hacker News の議論で述べている人もいました。

via Hacker News