Tag Archives: オランダ

サムスン、アップル村の人々にGalaxy S9を無料で配る

オランダのアップル(Appel)村に行って、知り合いづてに50台の最新スマートフォン Galaxy S9 をプレゼントして回ったそうです。

アップル村に乗り込む、サムソンの「切り替えチーム」の一行

Appel は、オランダ語の Apple だそうです。人口312人のうち、出会った50人に無料のS9 、50台を配ったことで、「アップルコミュニティのみなさんにサムソンへ切り替えてもらった」そうです。

日本に林檎村とかそういう地名のところがあれば、サムソンに連絡するといいことがあるかもしれません。

[動画] コンバットジャグリング

3本のこん棒をお手玉のように操るクラブジャグリングの名手たちが、オランダのジャグリングフェスティバルの「戦闘ナイト」で闘ったそうで、動画が公開されています。

3本のこん棒を確保して投げ続けていれば、相手のこん棒と入れ替わってもいいみたいですね。

戦闘ジャグリングオランダ3位のロブ・フォン・ヘイストさんが、同1位で前回優勝者のルーク・ブレージさんに挑戦したこのゲーム、準決勝だそうです(決勝戦は凡戦だったのかも)。

via Laughing Squid

オランダのラウンドアバウト交差点のライブカメラがredditで突然のブレイク

巨大掲示板redditで火がついたのが、オランダのとあるラウンドアバウト式の交差点を延々と映しているライブカメラの映像

roundabout-live-from-netherland

信号が無い代わりに、一方向にぐるぐると回りながら行きたい方向に抜けていくラウンドアバウトは、日本では非常に少ないですが、少しずつ設置されているところが増えているそうです。

海外でよく見かける信号機のない円形の交差点「ラウンドアバウト(Roundabout=略称・RAB)」が日本でも広がるかもしれない。9月施行の改正道路交通法で新たに「環状交差点」と名付け、標識と通行ルールを定めた。欧米で交通事故の減少や渋滞の緩和に成果を上げるなか、国が設置を後押しした形だが、課題も少なくない。

「まわる交差点」広がるか 海外で普及、事故減を期待:朝日新聞デジタル

同時に2000人以上が視聴するこのオランダのラウンドアバウト中継、redditではこれまで4000個を越えるコメントが残されていて、話題になったことで近隣のredditor 達が現地に向かったりするわけです。

落書きしたり、職務質問されたり走り回ったり

roundabout-live-from-netherland_001

ラウンドアバウトを見たこと無かったり珍しかったりする地域も多いので、見ててそれなりに楽しいというのもあるでしょうね。

現地の昼間じゃないとあまり多くの車が走ってこないので面白くないので、日本からだと夕方から深夜にかけてぐらいが一番見て楽しいかもしれません。

[更新 7/17 8:30] 現在中継が見えなくなっています。YouTubeのロゴが出るのみ。前にも中継が止まったことはあるということですが。

redditには警察の要請で中継を取りやめたと4chanに書いてあった、というコメントがありますが、真偽は不明。redditに書かずに4chanに書く必然性もないので、止まった中継を見て誰かが話を作った可能性もあります。

オランダのメディアではこの現象が話題になって取り上げられています。

「日本だと通行人の肖像権が、とか言われてすぐに閉鎖されそうなのに」とは思っていましたが、そりゃオランダでもまあ問題視する人はいますよね。

ビデオブロガーが現地に行って「おーい、みんな見てるー?」をやっていますが、その中でもラウンドアバウトの内側でパイプ椅子開いてくつろいでいたら白バイが来てどかされる、とかやっています。頻繁に警官が巡回しているようです。

ラウンドアバウトを知らない人に説明するのにはとてもいい資料だと思うので、ライブを諦めるとかGoogle Mapsみたいに人の顔はボカすとかの処理をして続いてくれればいいのですけど。

[更新 7/17 17:30]

中継が復活していますね。上の4chanの話はガセネタだったのかな。

関連

ビートルズのジャケット写真で有名なロンドン、アビーロードのライブカメラ

via TheNextWeb

さまよえるオランダ船 – 噴水にプロジェクションマッピングで幽霊船を作る

オランダのアムステルダムで開催中のアムステルダム・ライト・フェスティバルで、運河の上に現れた幽霊船。

ルーマニア・トランシルバニアの若き建築家4人によるユニット Visual Skin による、噴水に投影された17世紀の帆船です。

ghost-ship-1

噴水に映る映像が少しずつ大きく、鮮明になっていき、やがてそれなりの質感を持っていきます。

ghost-ship-2

動画はこちら

10月のフェスティバル開催前に行われたというテスト・メイキングの動画も公開されていました。この段階では、空中高くに浮かんで見えています。

最新の技術を使えば、一昔前の人がビックリするようなものが作れるんですねえ

via Geekologie

「食の祭典」の出展者たちにオーガニックだと言ってマクドナルドを食べさせてみた動画

Lifehunter.tv による、オランダでの人の悪い企画。マックで買ったハンバーガーをオーガニック食品だと言って食べさせて感想を言わせるというもの。

仕掛け人の二人は、マックで買ったハンバーガーやナゲットなどを、マックの客席で加工

organic-mcdonalds-1

ベネルクス地域最大のフード・フェスティバルで、食のプロ達を相手に彼らの特別メニュー(マクドナルド)を試します。

organic-mcdonalds-2.png

仕掛け人「もし他の、たとえばマクドナルドとかと比べたら、最大の違いはなんだろう?」

「味ももちろん上だし、オーガニックだというのは何よりいい事よね」「味もずっと美味しいし」

organic-mcdonalds-3

「完全にマクドナルドより良い味がします。それにこっちの方がずっと純粋だわ」

organic-mcdonalds-4

「好きな味だ。とても純粋な味だね。純粋でオーガニックな材料が、この美味しさの理由だろう」

仕掛け人の二人の結論は「何かがオーガニックだと説明すれば、人は自動的にそれがオーガニックだと信じるということさ!」でした。

オランダの人たちが「他人のくれたものにケチをつけない」「頑張っている同業者を元気づけようとする」いい人だという可能性もあります。それから、もちろん、マックは十分美味しいという可能性もあります。

via Dutch Organic Food 'Experts' Taste Test McDonald's Not Knowing It's McDonald's | Geekologie

自転車ノマドのためのキャンピングカー Housetrike

The Housetrike は、家(House)であり三輪自転車(Trike)でもある自転車です。

housetrike-1

「ホームレス、難民、そして都市ノマドのために開発されたスペシャルデバイス」ハウストライクは、路上で寝る際の独立性、健康や安全などの問題を解決するということです。

housetrike-2

ガソリンなどのコストを掛けることなく、どこにでも移動でき、どこでも雨風をしのぐことができる。移動手段でもあるため、デリバリーの仕事などで収入につなげることも可能。

動画に出てくるプロトタイプは木製の箱ですが、実際の開発はポリエステル製でデザイン的にも見栄えのするものを検討中ということです。

housetrike-3

価格は1500ドル(¥165,000)ぐらいになる予定ですが、既に路上で生活している人たちのためのレンタルプログラムなども準備中ということです。

構想7年のこのHousetrikeを提案しているBs Sprakelさんは、自転車大国であるオランダの人。

via Housetrike three-wheeled camper shelters homeless nomads

weca.mp – 島でPHPの開発合宿

面白い開発合宿の案内が流れてきたのでご紹介。この業界、泊り込みのイベントを「キャンプ」となぞらえることは良くありますが、今回企画されたPHPの開発合宿We Campは本当のキャンプ場で開催されます。しかも場所は島。

wecamp-island

オランダのデ・クルート島。地図によれば、フェルウェ湖という湖の中に浮かぶ島のようです。宿泊は「豪華な」テント。トイレ・シャワー完備。

イベント内容ですが、当日集まった中からランダムな5人でチームを組み、コーチの助言を受けながら新しいものを開発するということ。技術を高めるのももちろんですが、チーム開発やチーム管理なども鍛えられる機会になると。

また、「人生は仕事と技術だけではない」ということで、ただ缶詰になって開発するだけではなく、昼間のボートやカヌー、夕方からのいろいろなアクティビティも予定されているのだとか。

開催は8月25日から29日の5日間。参加料は食事や往復のボート代も含めて375ユーロ。現時点での残り参加枠は24人分だそうです。PHPの開発者でこの夏冒険してみたい人、オランダまでどうでしょう? オランダでのイベントですが、サイトも全部英語ですし、このあたりのイベントは周辺の国からも参加があるでしょうから、英語で大丈夫だと思います。

僕は家事等あってちょっとオランダまでは行けそうにないですが、ちょうど個人的(←会社とは無関係のイベントです)にも野外での開発会を考えていて、明日第一回を行うところだったので、自然の中での開発会がどんな成果を作り出すのか、興味がありますね。

# こちらの開発会は、告知が遅くなってしまったのでまだ参加者が少ないです。明日木曜昼に東京で時間のある方はぜひ

平均的な日本人の体格を外国人と比べた画像

MyDealsのブログ記事から。

「平均的なアメリカ人男性の体格ってどんなだ?」と考え、アメリカ、日本、フランス、オランダの4つの国の男性の平均身長・平均胴囲、平均BMI(肥満度)の統計を元に、各国男性の平均的な体格を3Dモデルで作り、並べています。

All_Countries_Side

All_Countries_Angle

All_Countries_Front

国名 身長(cm) 胴囲(cm) BMI
日本 171.4 82.9 23.7
アメリカ 176.4 99.4 29
フランス 174.4 92.3 25.55
オランダ 183.3 91 25.2

記事の末尾に、データを取ってきた各国統計へのリンクがあります。
フランス以外は30代のみ。フランスは30-54歳のデータということです。

via Average American compared to people in other countries | Ufunk.net

世界初? おひとりさま専用レストラン

オランダのアムステルダムでこの木曜にオープンしたEenmaalは、(自称)世界で最初のおひとりさま専用レストランなんだそうです。

一人専用レストラン、世界初、という文字を見て最初に連想したのは松屋とか富士そばとか、全部カウンター席のラーメン屋とかで、そんなの別にどこにでもあるのでは、と。

でもまあ、立ち食いソバや牛丼チェーンは、一人の客も多いものの、2人、3人、あるいはもっと大きなグループ(そんなに見かけませんけど)で行けなくはないですね。

Eenmaal の一人専用というのはそういうものではなくて、本当に一人用の席しかなくて、それが店内に複数、離れて設けられています。

eenmaal-0

「エーンマールは、どこにでもある良いレストランですが、一つだけまったく特殊なところがあります。ここには一人用のテーブルしかないのです」

「一人でいる事にはネガティブなイメージがつきまといます」

「公共の場を設計するということに関して、現代の都市デザインは、一人で静かにリラックスするという場所ではなく、他人と出会って集まるための空間を設計するものだ、と思われがちです」

「このレストランは、そのタブーを打ち破り、公共の場で一人でいることをもっと魅力的なことにしたいというより大きなミッションの一部でもあります」

オーナーのVan Goorさん。(Facebookページの説明や英語での紹介記事から)

ということで、なんか思想があってのことのようです。

eenmaal-1

enmaal-2

このレストラン、残念ながらオープンと翌日の2日間だけで営業を終了したそうで、常設でやっていくにはまだまだ一人飯愛好家が少ないのかもしれません。

via World’s First One-Person Restaurant Opens In Amsterdam — The Pop-Up City

YouTube上の「奴隷制ゲーム」予告映像の起こした反応

たった48秒の動画なのですが、Javelin Reds Gaming社の”Slavery The Game”(奴隷制)というゲームの予告編が話題になっています。

「17世紀、ヨーロッパが世界を制覇していた時代に戻り、莫大な富を築け。奴隷を購入し、しつけ、搾取し、最も有力な奴隷商人となるのだ」

今再生回数は40万回ぐらいです。上記の文句も刺激的ですが、イメージ映像の方もギョっとするつくりです。

しかし、既にこの動画上にはテキストで「この動画は、過去の奴隷制の歴史と、今も残る奴隷の問題に注目してもらうためのバイラルキャンペーンであり、ゲームは実在しません」という注意書きが掲載されるようになっています。このゲーム、実際に製作中だったり発売されるわけではなくて、この予告映像だけが作られたということですね。

広く見られることを狙って作ったのだから、種明かしが若干早かったのでは、と、自分も種明かしされてから騒動に気づいた口なので思ってしまいますが、この動画のコメント欄や返信ビデオの多さ、そこで相当多くの人がこのゲーム予告を本物と信じて怒っているようなので、しょうがないかもしれません。

このキャンペーン自体はオランダのテレビ局が作ったもので、ゲームに関する番組のようです。最初の公開が9月1日、キャンペーンのリリースが9月7日となっています。キャンペーンの動機等について中の人が語っている動画も公開されました(オランダ語音声、英語字幕)。奴隷制へのオランダの関与等についても話していますね。

「実際にこれ以上多くの人に問題について考えてもらう方法なんてないでしょう」みたいな擁護のコメントもありますが…

自分の場合も、これがそういうキャンペーンだと知らずにいきなり話題の動画として見ていたらどう反応していただろう、と考えたりもします。