カテゴリー
データ可視化

世界各国の一番多い「生まれ月」を表示した世界地図

日本の月別の出生数で一番多いのは、年度によっても違いますが7-9月だそうです、これは出産に40週間かかることと、クリスマスや年末年始近辺に子供を作る人が多いことの組み合わせなんでしょうね。

しかし、何月生まれの人が一番多いかというのは国によって違っているそうです。国連が国別・月別の出生数のデータを公開していて、最長で50年ぐらい前からのデータを入手することができます。

The Most Common Birth Months (もっとも一般的な出産月)は、Vivid Maps の手になる、各国で一番出生数が多い月はいつかで世界地図を塗り分けた地図です。

日本の色がいきなり間違ってる(5月になってるが、データを見ると5月がトップの年度はない)のですが、緯度による傾向が見て取れます。

北半球の高緯度から南極近くまで、緯度ごとに国と出生数をプロットしたヒートマップを見ると、北半球ではほとんどの国は7-9月がトップの国がほとんどだが、赤道近くの熱帯に降りていくと10-12月が増え、南半球では3-5月が多くなっています。

地図で特に興味深いのは韓国で、ここだけ他のどの国とも違い1月が最も人数が多いのですが、Reddit のコメント によるとこれは両親が子供が12月生まれになるのを忌避し、(計画的に妊娠しているのか、出産を遅らせているのか、届出を遅らせているのかまではわかりませんが)1月生まれにずらしたがるからだそうです。

なぜ1月が良いかというと、数え年がまだまだ使われているからということ。数え年だと、もしも12月31日に生まれたら翌1月1日の時点で2歳になるわけですが、これを避けるために1月生まれを望んでいるらしいです。ある研究では、同じ数え年の子が同じ学年になるため、脳や体の成長が遅れたまま学校が始まることを避けて1月にしたがるのが原因の一つではということでした。

カテゴリー
ネットのサービス

City Guesser – 動画で世界のどの都市を見ているかを当てるゲーム

ストリートビューから世界のどこかを当てるGeo Guesser の動画版といったサービスが、City Guesser です。

街中を歩いている動画が流されて、わかったらクリックして地図から回答をポイントします。

国別や観光地、世界中どこでも、など問題の出題範囲を選ぶことで、難易度もさまざまに変わります。

「日本」でプレイすると、海外に比べるとやはりよくわかります。

一見ではわからなくても、歩いているうちに看板や標識に地名が出たり、周囲の人の話し声でわかったり。いくつか遊んだ感じでは、日本での出題は大都市や観光地ばかりなので、他の国もそうなのかもしれません。

難しさでいえば、英語圏でない外国が、一番難しいですね。看板が見えてもわからない。

動画はスマートフォーンを持ち歩いて撮られたのでしょうか。撮影者の動きに合わせて上下動したりするものも多いです。海外でもマスクしている動画があるので、最近の動画もあるのでしょう。クラウドソーシングにしてもこれだけ世界中の街を撮らせるのはたいへんそうだと思います。ユーザー投稿を受け付けるフォームもあるので、それで集まった動画も多いのかもしれません。

いきなり別世界に放り込まれたような感覚が楽しいサービスでした。

カテゴリー
データ

names.io – 徹底的な?姓名データベース

names.io は、世界の多数の姓(surname)と名(first name)を集めたデータベース、と言っているテキストデータで、GitHub で公開されています。

Exhaustive(徹底的な)が示すように、あらゆる国の姓名を収集しているそうで、README にも入手元へのリンクを多数載せていますが、その規模はというと「姓が10万種類、名が16万種類」だそう。あれ?

日本の姓は30万種類ぐらいあるそう。ローマ字表記のこのデータベースでは同じ音の姓はかなり整理されるだろうとは思いますが、それにしても10万種類で「徹底的な」はないかな、と。

ただこのテキストファイル、同じく公開されているスクリプトで各所のデータを持ってきて加工して作成していることから、データの入手元を増やしていけば、本当に網羅的なものになる可能性もあるでしょう。issues には追加すると良さそうな提案が集まってきています。

最初に「すごい」「完全」と打ち出すことで、あえて突っ込みを受けて改善していこうということなのかもしれません。

via Hacker News