カテゴリー
ゲーム

ヒール・ヒトラー – 総統のサイコセラピストとして未来の悲劇を止めるノベルゲーム

新作インディーゲーム、Heal Hitler は、1925年にアドルフ・ヒトラーの心理療法士となり、フロイト・ユング流の精神分析を使ってヒトラーが持つコンプレックスを解消し、戦争と大虐殺を防ぐゲームです。

チェコのゲーム開発者ジョン・イージス氏(Jon Aegis)が一人で開発し、声優2人を使ったこのゲーム、歴史のif を体験することになります。ゲームは時々出てくる複数の選択肢を選ぶことで進み、全体が一時間程度で終わるボリュームです。

ヒール・ヒトラー(ヒトラーを治せ)は、ハイル・ヒトラーのもじりですね。タイトルも秀逸。

診察室にやってきたこの新しい顧客は、最初怒りの感情をコントロールできないという悩みを相談します。

ヒトラーの話すドイツの状況や社会制度への考え、オーストリアに対する思いと父や母の思い出、一次大戦での従軍経験、ユダヤ人やマルクス主義者をどう見ているか、美術大学に入れなかったこと、などなど、史実からわかっていることを含め会話の形で聞かせます。歴史の勉強にもなりそう。

扱っている題材が題材なだけあり、ゲームで取り上げることも良くないという批判も出ています。reddit のスレッドにはヒトラーをもしかしたら悪へ進まなかった可能性のある一人の人間として見るということを拒絶する人のコメントも。作者の考えは、誰の中にも善と悪があり環境がどんな人をもヒトラーのようにするのではということのようです。それが正しいかはわかりませんが、サイコセラピーによって人の行動は変わりうるというのが作者がこのゲームで表現したいことなのかもしれません。

このパターンで他の歴史上の人物を扱うこともできそうですね。

via reddit via Boing Boing

カテゴリー
ゲーム

Influence – 囲碁風ヘックスボードゲーム

Influence(影響) は、囲碁の影響を強く受けた新しいボードゲームです。

ウェブページ一枚に収まる盤面で、コンピューター対人間、あるいはコンピューター対コンピューターで遊ぶことができます。

囲碁の白黒の代わりに緑と青。盤は正方形ではなく六角形(ヘックス)をベースとしたもの。ここに交互に自分の色を打っていき、盤面をより多く支配した方が勝ちというところまでは囲碁と同じです。

囲碁と違うのは、取ったヘックスからある程度の影響力(influence)が周辺のヘックスに漏れ出していくこと。ターンが進むごとに周囲から集まったパワーがヘックスの色を濃くしていき、一定のパワーを越えるとそのヘックスに新たに打ち込むことはできなくなります。この状態ではヘックスの周囲が黒く縁取りされます。

周囲を敵に囲まれてパワーが減ったら、縁取りが消えて相手が上書きできるようにも。互いに打ち合ってすべてのヘックスが確定状態になったら、相手より多くのヘックスを支配していたプレイヤーの勝ち。

歯車ボタンから行ける設定画面では、ユーザー対ユーザー、コンピューター対コンピューターなどの指定や、コンピューターの場合のAIの3段階の強さを変えることができます。

そのヘックスでの「影響力」の大きさは数値ではなく色の濃さで表現されるため、次に自手を打ったらどこがどう変わるかを正確に読むのは難しそうです。ここを色で「感じ」としたままにするか、内部の数値をはっきりだすか、については Hacker News で作者とユーザー達が議論を進めていたりします。議論中では「影響」が周囲のヘックスに漏れる量や、周囲が黒太線になって打ち込めなくなる閾値の具体的な数値についても明かされています。

まだフィードバックを受けてルールも盤面も変わっていきそうですが、提案が多く寄せられているところからも面白いと思った人が多そうなのがわかります。囲碁や将棋のように実体の駒ありきであれば0か1かという結果しか表しにくいですが、最初からコンピューター上で動いていることから、影響力の伝播をパーセント単位で調整できたり、一手指すごとに盤面の全部のヘックスの影響力を再計算したりできるのは可能性を感じますね。(コンピューターと切り離したボードゲームに移植することは難しくなりますが)

via Hacker News

カテゴリー
ゲーム

Oh My Git! – git の使い方を学べるゲーム

Oh My Git! は、バージョン管理ツール git の使い方を学ぶためのゲームです。

中央にgitツリーのグラフが表示され、手元にはgitコマンドを表すカードが配られます。

カードを使わずに右側のターミナルでコマンドライン操作することも可能。お題で出てきた課題を満たすためのカード/コマンドを正しく実行すると、右側の達成項目が緑に反転し、すべて達成すればそのレベルはクリアです。

commit を指定し、そこにカードを捨てることでカード上のコマンドを適用。

levels にあるステージ一覧から、好きな項目について遊ぶことが可能です。

カードを使っても解けますが、コマンドラインで解くと右端のボックスを黄色にすることができます。

ソースコードは GitHub で公開されていて、バイナリ版も Windows, MacOS, Linux 向けに提供されています。

テキストファイルで新たなlevelを自作することも可能で、必要な学習項目が無ければ追加することもできるようです。

作者の二人による紹介動画

git を学ぶためのサイトはこれまでもいろいろ出ています。それだけ初めて使う時は難しさがあるんでしょうね。また、普段gitを使っていても自分が日常的に使わないコマンドについては全く知らない、なんてこともあるので、このようにlevelで網羅されているとそういった知らないコマンドの勉強にもなりそうです。

via Hacker News