カテゴリー
工作

ドミノ・ロボット – 24時間で10万個のドミノを並べられるロボット(動画あり)

Domino Robot は、工学系ユーチューバーとして有名なマイク・ローバー氏(Mike Rober)とロボット製作者アレックス・バーコム氏(Alex Baucom)らが協力して5年がかりで製作された、ドミノ倒しのドミノを立てる専用ロボットシステムです。

300個のドミノを一斉に運べるロボット、ドミネーター

これは動作を見せるために少し高いとこから落としていますが、これを地面スレスレで行うと、多数のスロットから降ろされたドミノが 15 x 20 列に綺麗に立つようです。

動画では、プロのドミノ・アーティストにしてこちらも人気YouTuber の Hevesh5 氏と、手積みとロボットによる速さ対決もやっています (5:00)

単色でただ多くてもつまらないですが、ドミノの色を使ったドミノ・アートにもちゃんと対応しています。

複数の色のドミノを、ロボットアームでドミネーターの300のスロットに指示通りに入れることで、自由なドミノ・アートを作れます。

すでに500万回の再生を数えている動画で、倉庫いっぱいのドミノを並べ、そして倒す瞬間をぜひ観てみてください。

開発ドキュメントとソフトウェアは公開されています。ソースは興味のある人が参考に読んでくれればいいが、全く同じハードウェアがないとそのまま使えるものではないだろうということ。

ドミノ倒しといえば人海戦術で、人手をかけるほど巨大ですごいドミノ・アートが作れるというものでしたが、こんなロボットができてくると今後出てくるすごいドミノ・アートはさらに巨大化したり、アートの内容も複雑で精緻なものになるかもしれないですね。

via Geekologie

カテゴリー
工作

自動運転自転車

自走する自転車を個人で開発された様子をまとめた動画です。語りも字幕も中国語で、なんとなくしかわかりませんが。

ハンドルはベルトで左右に操作、後輪はモーターで回して駆動力を得、LIDARで前方を把握して障害物を避けています。

3Dプリンターによる成型パーツが注文したら届くという感じでしょうか。

動画は11分でサラっとまとまっていますが、パーツの設計にリアルタイムOSにその上で動くソフトウェアの開発と、一人で何でもできるのすごいなと。

via Hackaday

カテゴリー
工作

Eyecam – 擬人化webカメラは見ている

これはキモい

批評的(critical)デザインプロトタイプとして作成された Eyecam は、センサー機器のありうる未来を探求するという目的で作られた自作デバイスだそうです。

Eyecam は人間の目の形を模しており、見たり、まばたきしたり、周囲を見回したり、あなたのことを監視したりすることができます。動画で動いてるところも見られますよ。

動画の後半にあるように、カメラを通してみている人の目の動きを真似させることもできます。

Arduino Nano で制御された6軸のモーターが眼球や眉毛を動かし、Raspberry Pi Zero 経由で普通のwebcam のようにPCに接続できます。ソフトウェアも GitHub で公開されており、やる気があればあなたのオリジナル Eyecam も作れますね。

フェイスブックCEOマーク・ザッカーバーグ氏がノートパソコンのカメラを封印していたように、パソコンやスマートフォンについているカメラはちょっとしたセキュリティの不備でインターネットに対して自分の目の前の世界を映し出してしまう恐ろしいデバイスでもあります。

カメラ本体もますます小型化し、どこにカメラがあるのか一見してわからないことも増えています。Eyecam は、そんなカメラが身の回りに存在すること、カメラに移したものを遠くのどこかの人間が見ているかもしれないこと、を思い出させようとしますね。

via The Verge