カテゴリー
ツール

ublacklist – 検索エンジンの結果から特定ドメインを排除するブラウザ拡張

iorate/ublacklist は、グーグル検索(やその他の検索エンジン)で、検索結果から特定のドメインの結果を隠すというブラウザ拡張(Chrome, Firefox, Safari対応)です。

Chrome Store での Ublacklist拡張配布ページ

Chrome版でためしてみました。ブラウザの上部に進入禁止のようなロゴの Ublacklist ボタンが出て、そこからオプションの編集画面へ行けます。

オプションメニューでは、検索結果から排したいドメインやURLを、正規表現などで指定できます。

ublacklist拡張のオプションメニュー

とは言っても、マッチさせたいパターンを入力するのはプログラマー以外は楽ではないでしょう。

ublacklist拡張で、検索結果からサイトをブロック対象に追加

検索結果のページから、「このサイトをブロックする」でパターンを追加することもできるので、検索しながら「このサイトの結果は自分には合わないな」と思ったら追加していけば、自分のブロックリストを育てていくことができるでしょう。

メニューも説明もすべて日本語化されていますし、ブロックしたサイトのリストを他のPC間で共有したり、公開して他のユーザーに共有したりと、機能が充実していますね。オープンソースで更新も活発そうです。

業界によっては検索しても上位のページが検索エンジンに特化されたものばかりで、実際に役に立つページが見つけにくいということもあるでしょう。そういうサイトを頭で覚えて避けていくのも年功かもしれませんが、このようなツールを使って見分けるところも自動化してしまうのは仕事の効率化の一つと言えるでしょう。

どのサイトの情報が自分にとって有用かを見極めること自体が難しいこともあるでしょうし、一度ブロックしてしまうと間違いを正せなさそう、などの問題もありそうですけれど。

Hacker News では、uBlock Origin など一般的な広告ブロッカーツールなどで同様の結果を得るための設定方法も紹介されていて、これはこれでブラウザ拡張を入れる個数が増えなくていいと思います。機能特化した拡張の簡便さを取るかどうかですね。

[追記] 社内から、StackOverflow の単純機械翻訳サイト(スパムサイト)をブロックするリストの情報を教えてもらいました。これいいですね。

via uBlacklist – Block specific sites from appearing in Google search results | Hacker News

カテゴリー
プライバシー

Consent-O-Matic 「Cookies使ってもいいですね?」等の質問を回答してくれるブラウザ拡張

cavi-au/Consent-O-Matic は、ウェブサイトを初めて訪問した時などに出てくる「Cookies 等を使って閲覧状況を記憶してもいいですか?」系の確認ダイアログを、自動的に回答してくれるブラウザ拡張です。

あるサイトではこんなダイアログが最初に出て、ユーザー追跡しますけどいいですかと確認されます。

Consent-O-Matic を入れていると、同じサイトがいきなりOKを押した状態になります。

どのサイトでも常に「許可」にして進むわけではなく、ブラウザ拡張機能の設定画面であらかじめ自分が決めておいた希望するYes/No を、そのサイトに初めて行った際に自動的に入力してくれるという動作です。

ですので、その時その時で適当に判断して決めるよりも、一貫した返答になるということも有り得ますね。

設定の種類は、「自分の好みを覚えたりするならOK」「性能測定やアクセス解析ならOK」「広告ネットワークに見せるIDならOK」「過去の閲覧内容や閲覧行動を使ったカスタマイズはOK」「過去の広告表示や広告クリック等の情報を使ったカスタマイズはOK」「その他」と分けて指定できるようです。

rules にいくつもルールの定義がありますが、これは Cookies の利用やその利用目的などを明示するダイアログを表示するwebサービスがいくつもあり、大手ニュースサイトなどでもそれらのサービスを利用しているため、サービス毎にルールを作ってメンテナンスしているのだと思われます。

新しいサイトに行くたびにダイアログを見て選択をしている時間をカットできると思えば、仕事効率化のツールとも言えますね。

Consent-O-Matic には、今のところ Chrome拡張Firefox拡張 が存在します。

via Hacker News

カテゴリー
Uncategorized ツール

Less-Addictive-YouTube – ユーチューブ再生ページを動画本体のみに集中させるブラウザ拡張

JesseDrain/Less-Addictive-YouTube ブラウザ拡張は、YouTube 動画の再生ページから「不要なもの」を隠すブラウザ拡張(Chrome拡張Firefox拡張、他は計画中)です。

再生中の画面、通常はこんな感じで、

拡張をオンにすると以下のようになります。

動画本体でない箇所がいろいろと表示されなくなりますが、拡張のオプションでどれを隠すかを選ぶこともできます。

オプションは

  • コメントを消す
  • サムネイルを消す
  • 関連動画を消す
  • マウスオーバーでのプレビューを消す

の4つ。最後のはどのプレビューのことを言ってるのか確認できませんでしたが。

Hacker News では、uBlock Origin や Stylebotなど汎用的な拡張で CSS ブロックを指定すれば同様のことはできる(=専用の拡張は要らない)というコメントもありますが、誰もが CSS を理解してブロックを指定できるわけではないのでこれはこれで使いたい人はいるかもしれません。