カテゴリー
UIデザイン

88×31 コレクション – 太古のウェブで多様されたサイズの懐かしバナーを収集

The 88×31 GIF Collection は、名前の通り、横88ピクセル x 縦31ピクセルのウェブバナーを収集して公開しているサイトです。

88×31 サイズのバナーが広まったのは、1994年にスタートし当初のインターネット・ウェブ空間の一大勢力となった無料ホームページ公開サービス ジオシティ(Geocities)。1996年のジオシティのトップページには、サイドバーに7つの 88×31 バナーが掲載されています。

ジオシティは各ユーザーに対し、ジオシティへのバナーリンクを設置することを推奨したということで、ジオシティで個人サイトを作ったユーザーらがまずジオシティの88×31バナーを置き、次いでお互いの個人サイトをリンクする時にも同じ88×31 バナーを作っては配布した、というのが普及の原動力ではないかということです。

ジオシティがなぜ88×31 サイズのボタンを採用したか、については、さらに遡って1995年のwebブラウザ Netscapt Navigator のバージョン2.0 のバナーをまねたのではないかということ。このバナーも88×31 ピクセルです。

Netscape Navigator のプロモーションの一環で、Netscape Now というキャンペーンがあり、Netscape がこの 88×31 サイズのバナーを配り、サイト制作者に設置することを求めていました。(via 88×31)

このボタンが、今のところ最も古い 88×31 バナーのようです。コレクションの3ページ目には、この最古のバナーを含めた Netscape 社の多数のバナーのバリエーションが保存されています。

なぜNetscape のデザイナーがこの 88×31 サイズのバナーを作ったかについては、文献が見つかりませんでした。日本のYahoo!知恵袋で一つ推論が披露されているのですが、ちょっと無理がある(黄金比をカットした「余白の」サイズが88×31に近いと言っている)ように思います。

このバナーがあまりに広く普及したため、88×31サイズは後追いでウェブ広告の業界団体Interactive Advertising Bureau(IAB)標準バナーの一つに”micro banner”サイズとして指定されています。

via Hacker News

カテゴリー
UIデザイン

YesAQ – 「はい」になる回答だけを集めたFAQ

Basecamp というサービスの FAQ に特徴があるという書き込みがあったので、チェックしに行きました。

よくある質問(FAQ)を置いてあるウェブサービスは多いと思います。問い合わせが多い質問に対してあらかじめ回答を見せておくことで、サポートの人員を減らせますし、利用者もメール等の返事を待つことなく疑問が解消できます。

すべての答えが「はい」なら

Basecamp の yeaAQ は、すべての回答が「はい(Yes)」になるように質問文を書いています。

ドライブインの店頭に貼ってあった「すべての答えがイエスの貼り紙」にインスパイアされたものだそうです。

FAQ の質問文を読んでからそれに対する回答を読むことは、1つ目の質問という情報を頭の中に積んでいることになりますね。最初から答えが「はい」だとわかっている質問しか並んでいなければ、覚える手間がはぶけてわかりやすいのかもしれません。

逆に、Yes ほど受けは良くないかもしれませんが、すべてが No になるFAQ というのも作れそうですね。と思ったけどこれは公園の禁止事項の看板なんかで既にありそうかな。

作る方は、自然に答えがはいになる質問文しか書けないあたりで努力が必要そうにも思いますけど。よくある質問を「よくある」にしない工夫にする変化球的サイトデザインと言えるかもしれません。

カテゴリー
UIデザイン

Rotary Dial – ダイヤル電話のダイヤルをウェブ上に再現するライブラリ

使いどころがわかりませんが、一定年齢以上の人だけ使い方がわかる、ダイヤル電話式の入力インタフェースをサイトに設置できるライブラリがvictorqribeiro/dialです。

デモサイト

このダイヤルUIの使い方ですが、「黒の丸いところをクリックし、右側の三角のところまでドラッグすると丸が赤色に変わります。そこで手を離すと、その数字がテキストフォームに入力されます。」ということ。こりゃわからんわ!

via Hacker News