カテゴリー
ネットの事件

間違って空メールを大量送信したインターンに、大量の「自分がやらかした失敗」体験が集まる

今晩、HBO Maxのメーリングリストに誤って中身が空のメールを送ってしまいました。ご迷惑をお詫びします。たくさんジョークが届いてる通り、やったのはインターンです。ほんとにそうなんです。これからも彼らを助けてやっていきます❤️

サービスやブランドから大量の会員へ間違ったメールが送られてくるミス、ありますよね。このメールに対して、失敗したインターンをなぐさめようと大量に返信が寄せられました。

インターンさんへ、私は自分のPCのカレンダーに毎月いつ生理が始まりそうか入れてたんですが、数か月後にそのカレンダーが全社共有になってることに気づきました。当時37歳でした

ある日男性の同僚が「なんで毎回ここに PERIOD って表示されるんだ?」と独り言を言ってたので気づきました。

アルコール中毒の同僚がいたんだけど、彼は役員会議で話さなきゃいけない時、自己紹介の後につい「そしてアル中です」とAAの会(アルコール依存症自助の会)で話すように言ってしまったんです

# 依存症自助の会では、現在自分が持つ問題を包み隠さず話すとこから始める、ということで、自分の依存症を認める発言を常に行う、ということです

インターンさん、私はシニア・エンジニアの時に本番環境DBをdropしたことがあるよ。あなたが思ってるよりそういうことは頻繁に起こるものです。良いシステムを作るというのは人間のミスに対して復元力を持たせること。なぜなら私たち人間はいつも失敗するんだから。

私はインターンの時に本番環境のテーブルをdropしました。すぐ会社を辞める決断をして、荷物をまとめて上司のところへ行きました。上司はおびえてCEOに報告に行きましたが、私の持ち場へ行ったときタイムアウトで処理がキャンセルされたことを知りました。

初めてフロントエンド・エンジニアとして正社員の職を得た時、最初に本番環境にデプロイしたのはセール中のメニューをきらきら揺らがせる効果でした。しかしアニメーションさせる箇所の名前衝突に気づかなかったので…

再現するとこんな感じでした。

そういうこともあるよ 🙂

インターンさん、

エンジニアの課長に言われました、「経験は成功体験から得られ、知恵は失敗から学べます」 おめでとう、あなたは今まさに知恵を得ました。

失敗を恐れず、成長できないことを恐れなさい。あなたを誇りに思います。

あるプラットフォーム・エンジニアより

インターンさん、

私は一度、当時副大統領だったジョージ・ブッシュ(父のほう)氏が誰かわからず、彼の職場であるホワイトハウスの閣議室に入れないようにするところでした。🤷🏼‍♀️

実際の彼は、HBO MAX Help(最初のツイート主)と同じぐらい優しい人でした… あなたも大丈夫ですよ

インターンさん、

私は一度、全世界の Spotify を止めてしまいました。ほとんどもう一回やるところでした。私のチームは優秀で、おかげでまだ私はここで働いています。結合テストが終わってても、思わず壊れた箇所を見つけてしまうことってあるんです。それは問題ないし、将来の改善にもつながります。幸運を祈ります💐

紹介したのはほんの一部で、有名エンジニアやら起業家やらインフルエンサーやらを含めたたくさんの人たちが、自分の最初の失敗体験をリプライで発表し、インターンをなぐさめるというスレッドになりました。

via Bored Panda

カテゴリー
ネットのサービス

Twitter の買収した Scroll は、広告が出ないことにお金を払うサブスクリプション

Twitter が5月に買収した Scroll というサービスを調べてました。

この Scroll は毎月$5(550円) のサブスクリプションサービスですが、これを購読すると Scroll に参加しているニュースサイトで広告が表示されなくなります。Scroll のサイトで紹介している例だと

こんな風に広告がいっぱい表示される提携ニュースサイトが

こんな表示に変わります。

これだけだと Ad Block などの広告ブロッカーとどう違うのかということになりますが、この広告を消す機能はニュースサイト公認の上で提携しているというところが違います。Scrollの会費からの収入が、読まれた量に応じて提携するニュースサイトに分配されるので、Scrollユーザーに対しては広告を表示しなくても、ニュースサイト側は収入が見込めるということ。

Scroll の説明では、広告表示よりも Scroll 参加の方がサイト側の収入が40%は多くなった、と言っています。

お金を払うと読めないニュースが読める、というのは新聞社のサイトなどが有料会員にだけ読めるペイウォールを設けていますが、それとは違い広告を我慢すれば読めるニュースではあります。

無料でもアクセスできるけれど、毎月お金を払うと広告が無くなる、というモデル、どこかで聞いたことがあります。YouTubeミュージックがそうですね。無料であることでユーザーの量を確保し、しかし無料だと不便な点(YouTube だと広告動画が差しはさまれる)を解消する有料メニューを提供する。

毎月固定額を払って広告が消えるのはいいけど、見に行くサイトが対応していなければ価値も半減だと思います。しかし、Scroll の対応サイトにはBuzzFeed, USA Today, Gizmodo, Slate など有力ニュースサイトが多数載っており、アメリカ・英語でニュースを見ている分にはScroll の効果を感じられる機会も多そうです。

広告ブロッカーのようにブラウザ拡張で実現しているのかと最初は思ったのですが、そうではなく Scroll にログインして cookie 経由でほとんどの場合は動くということ。(Safari は拡張機能のインストールが必要) これで済んでしまうのはサイトとはどうしても敵対的になる広告ブロッカーのサービスと違って、Scroll とニュースサイトとの連携が取れるからですね。

連携が取れるということはユーザーの情報が流れていく可能性を排除できないからということでもあり、Safari で拡張機能のインストールが必要なのはサードパーティークッキーへのアクセスに関する制約がSafari では強いからなのでしょうけれど。

買収についてブログでは将来はこの Scroll のような機能が Twitter 自身のサブスクリプションに入りうる、といったことも述べられていますが、今のところの Twitter はニュースの入り口ではあってもニュース本体はリンク先を開いて Twitter の外で読まれることが多いですね。このあたりも何かしようとしているのでしょうか。Twitter の有料会員はリンクを開いた先で広告が少ない、といった程度の連携なのかもしれませんけれど。

via The Verge

カテゴリー
ガジェット

boxabl – 配送できて一日で住める家

Boxabl は、一日で設置できるコンパクトな一軒家。

空き地に運ばれてきた直方体の箱が

壁が開いて展開して、

最後は屋根も

中はこんな間取りだそうです。

キッチン・冷蔵庫・オーブン・食洗機・電子レンジ・洗面所・風呂・洗濯機・エアコンは備え付け。設置のあと水道や電気に接続できれば、すぐに住むことができそうですね。

値段は $49,500(544万5000円) 。他に月額$250(2万7500円)のリースプランもあるようです。

動画の中には、2階建てとか4階建てのCGも出てきます。箱の形で出荷して短時間で組み立てるというこの方法で大きな建物までできるようになったらすごいですね。

まずはアメリカに工場を建設中、最初の製品 Casita の予約もアメリカ各州から受けているそうですが、他にも多数の国に展開する計画があるということ。日本は残念ながら計画中の色はついていません。

トレーラーハウスとかキャンピングカーを固定して使うとかでも似てるところはあるのでしょうけれど、地面に固定して設置することを前提に作られている分、空間の使い方とか構造物としての作りはいいのかもしれないなと思います。

via Hacker News