カテゴリー
技術

DOS Subsystem for Linux – MS-DOSの上でLinuxコマンドを動かす

DOS Subsystem for Linux は、「MS-DOS環境を好む人のためのWSLの代替」で、Linux 環境をMS-DOS 上に構築したものです。

“Windows Subsystem for Linux”(WSL)においては、Windows 上でLinuxのアプリケーションをそのまま実行できるようになりましたが、それと似たようなことを MS-DOS の上で動かす、というもののよう。

MS-DOS の起動画面から、dsl コマンドを叩いて、MS-DOS 側のファイルシステムをマウントし、viエディタで編集していますね。DOS をメインに使っていて Linux アプリケーションも使いたいという人にとってはありがたい仕組みです。

Hacker Newsのスレッドでは当初、「MS-DOS を Linux 上で動かすもの」と誤解されたようですが、逆方向になります。

誤解が生まれた訳は、”Windows Subsystem for Linux”というマイクロソフト公式の名づけ方法にありそう。”Windows Subsystem for Linux” という字面を見ると、海外ユーザーでもやはり直観的には「Linux のために動く Windows」という印象を受けてしまうようです。しかし、「Windows は複数のサブシステムを持っていて、その一つとして Linux を動かす」と解釈すれば、WSL のことだと言えなくもありません。

Linux側には「サブシステム」という概念がないため、Linux ユーザー側から見ると混乱が起こるのであろう、ということ。”Windows Services for Unix”についても同様で、Unix で Windows を動かすのではなく、Windows のサービスとしてLinux コマンドを使えるという意味になる、と。

“DOS Subsystem for Linux” は、そんなマイクロソフトの WSL のネーミングに従った名前と言えます。

作者の解説によると、MS-DOS 上で最初に dsl コマンドが呼ばれた際、Linux カーネルが立ちあげられ、MS-DOS からPCのコントロールを奪います。

Linuxコマンドの終了時、カーネルは仮想86モードで元のDOSに制御を移し、DOSは仮想モード内で動いているとは意識せずに次に DSL コマンドが呼ばれるまで DOS として動き続ける、と。

仕組みとしては問題ありそうだが、驚くほどうまく動作している、ということだそうです。

カテゴリー
セキュリティ

blacklight – ウェブサイトが訪問者の何を何のために追跡しているか分析するサービス

blacklight紫外線を当てることで普段は見えない隠れたものを見つけるブラックライトからつけられた名前だと思いますが – は、ウェブサイトがどんな追跡コードを埋め込んで、訪問者のどんな情報を追跡可能にしているのか、を検出してくれるというツールサービスです。

このサイトのドメインを入れて試してみました。このサイトには追跡目的のトラッキングコードが入ってない、と出ました。

追跡目的のトラッキングコードとは、一覧とその説明文から、トラッキング 広告トラッカーやサードパーティークッキー、広告ブロックを検出するコード、マウスやキーボードの動きを保存するセッションレコーダーやキーロガー、Facebookに訪問を知らせるFacebook pixel、Googleアナリティックスのターゲット広告用追跡コード、などです。

これらのすべてが悪意を持って悪用される追跡コードではないかもしれませんが、サイトが何を見ているかを気にすることは大事ですし、気になった時に簡単に調べてくれるのはいいですね。

適当なドメインを入れてみた結果。広告収入で運営されているサイトであれば、いろいろ入れてみてもこれぐらいは普通のようです。

サービスはヘッドレスブラウザを使ってそのドメインへ訪問し、自らのデータベースにある既知のトラッキングコードがあるかを突き合わせているようです。検出したトラッキングコードから、そのコードがどの団体へ情報を送っている可能性があるか、なども表示してくれました。

カテゴリー
Uncategorized

Treeware – 作者に植林で返すソフトウェアライセンス

ツリーウェアは、ソフトウェア利用者が木を買うことで感謝を示せるタイプのソフトウェア配布の仕組みです。

Treeware のサイトでは、気候危機に対する対策の一つとしての植林プロジェクトを紹介し、

フリーウェアの作者に対して、感謝の気持ちを植林プロジェクトへの寄付として受け取れるよう、ライセンスの提案やツリーウェア化の呼びかけをしています。

Treewareのサイトでは、Treeware形式で配布しているソフトウェアを検索できます。現時点で130個以上のソフトウェアが登録されているようです。

Treeware であることを示すバッジも用意されていて、このようにGitHub 上のプロジェクトリポジトリに表示されているものもありました。

バッジから辿れるEcologiのサイトでは、寄付金額と、金額に応じて何本の植林がされるかが選べるようになっています。

世界各地での植林や森林を守る活動が紹介され、寄付の時に希望すれば名前を寄付したところに表示してもらうことも可能のようです。

via Hacker News