カテゴリー
fun

Spiteライセンス – 読んだら無効になるソフトウェアライセンス

Spite Licenseは新たに提案された(ジョーク)ライセンスです。

ソフトウェアに適用できるライセンスの種類不足を嘆く声にこたえて作られたこのSpite(悪意の)ライセンスは、開いて読んでしまう読まない限りと別の(今回の例では同梱されたMITライセンス)に切り替わる、というシンプルな文面になっています。

[訂正 2020-09-22] 読んでしまうと無効になるのにMITライセンスに落ちるのはおかしいですね。ご指摘ありがとうございます。

このファイルをまったく読まない場合に限り、このソフトウェアや関連物の利用には同梱の LICESNSE_MIT ファイルのMITライセンスが適用される。

このファイルをたとえその一部分であっても読んだ場合、このソフトウェアの利用は禁止する。これ以前に許可された権限は直ちに撤回される。

Permission is hereby granted to any person obtaining a copy of this software and associated materials to make use of the software and associated materials according to the terms of the MIT License (see included file `LICENSE_MIT`) IF AND ONLY IF they have not read any portion of this file.

Any person who has read any portion of this file may not make any use of the software and associated materials for any purpose whatsoever. Any permissions previously granted to any person to use this software and associated materials terminate and are revoked with immediate effect upon their reading of any portion of this file.

このライセンスを使う動機としては、

  • 面白いから
  • ネットのランダムな奴には使ってほしいけれど、エンジニアに使いたいソフトウェアのライセンスを読ませようとする法務が居るような大企業には使ってほしくない

などが考えられるそうです。

作者自身がジョークと書いてるので真面目に取る人はいないと思いますが、ソフトウェアのライセンスが誰向けに書かれているかや、大企業のオープンソースソフトウェア利用に対しての一般のエンジニアが持っている感覚みたいなものが出ているネタにも見えます。

実際にはライセンスをちゃんと確認する企業も緩い企業もあるし、個人のエンジニアでも人それぞれだろうと思いますけれど。

via Hacker News

カテゴリー
fun

Straight2spam – スパムメールにする文面を入手できるサイト

メールのテンプレートを配っているサイトはいろいろありますが、Straight2spam ではあまり聞かないタイプのテンプレートを入手できます。それはスパムフィルタに引っ掛かるスパム文。

ここで入手できる文面、以下のように始まる文章です。

#1 $$$ 100% Act now Action Additional income Affordable All natural/new Amazed Apply now Avoid Be amazed/your own boss Beneficiary Billing Billion Bonus Boss Buy Call!!!!!! free/now …(以下続く)

この文面を貼り付けて送ると、メールは相手側でスパムと認定されるでしょう、ということです。

「来てほしくないけど母親に命令されて招待しないわけにもいかない知人はいますか? Straight 2 spam で、メールを相手のスパムフォルダへ直行させましょう」

カテゴリー
fun

「ロンドンの時刻を教えて?」 どこのロンドンを返すか

Appleウォッチに「ロンドンは何時?」と訊いたら、数秒間応答が無かったうえに返されたのはカナダのロンドンの時刻だった、というツイッターでの報告がありました。

ジョン・グルーバー氏の有名ブログ Daring Fireball では、自身も Apple Watch を試してカナダのロンドンの時刻が返ってきたことを検証しています。

さらに、同氏の家にある Siri を搭載している HomePod ではイギリスのロンドンの時刻が返ってきたそう。これについて「カナダのロンドンを返すのもコモンセンスが無いが、デバイスごとに一貫してない応答をするのはもっと悪い」と評しています。

冒頭のツイートへの応答では、自分はイギリスの時刻が返ってきた、という人や、イギリスのロンドンとカナダのロンドン、今の場所からの距離が近い方を回答してるのでは、などの推測もありましたが、同じ家の中でも違う回答が来るのはちょっと困りますね。それに、近いとはいってもアメリカ人が訪ねたロンドンのほとんどはイギリスのロンドンの方になるのではと思います。

グルーバー氏はまた、DuckDuckGo, Google/Googleアシスタント, Alexa, Bing の他の検索エンジンやスマートアシスタントをすべて試し、そのどれもがイギリスのロンドンの時刻を返したとレポートしています。

カナダにロンドンがあるのは知りませんでした。Wikipediaによれば人口36万人もいるそうで、かなりの都会ではないですか。なおアメリカ・ケンタッキー州にもロンドンがあり、こちらは群都がある町で人口は7000人台のようです。

オンタリオ州に住んでいる人にとってはカナダのロンドンが正しい場合もあるのかなと思いますが、自動応答に常識を持たせるのは各社の工夫が必要なところでしょうね。

私も以前、Google Maps で日本橋までの所要時間を調べようとして新宿から大阪までの経路が出たことがあります。ここ数年はそんな目には遭っていないので、このあたりも中の人が調整したんでしょうね。