カテゴリー
fun

Straight2spam – スパムメールにする文面を入手できるサイト

メールのテンプレートを配っているサイトはいろいろありますが、Straight2spam ではあまり聞かないタイプのテンプレートを入手できます。それはスパムフィルタに引っ掛かるスパム文。

ここで入手できる文面、以下のように始まる文章です。

#1 $$$ 100% Act now Action Additional income Affordable All natural/new Amazed Apply now Avoid Be amazed/your own boss Beneficiary Billing Billion Bonus Boss Buy Call!!!!!! free/now …(以下続く)

この文面を貼り付けて送ると、メールは相手側でスパムと認定されるでしょう、ということです。

「来てほしくないけど母親に命令されて招待しないわけにもいかない知人はいますか? Straight 2 spam で、メールを相手のスパムフォルダへ直行させましょう」

カテゴリー
fun

「ロンドンの時刻を教えて?」 どこのロンドンを返すか

Appleウォッチに「ロンドンは何時?」と訊いたら、数秒間応答が無かったうえに返されたのはカナダのロンドンの時刻だった、というツイッターでの報告がありました。

ジョン・グルーバー氏の有名ブログ Daring Fireball では、自身も Apple Watch を試してカナダのロンドンの時刻が返ってきたことを検証しています。

さらに、同氏の家にある Siri を搭載している HomePod ではイギリスのロンドンの時刻が返ってきたそう。これについて「カナダのロンドンを返すのもコモンセンスが無いが、デバイスごとに一貫してない応答をするのはもっと悪い」と評しています。

冒頭のツイートへの応答では、自分はイギリスの時刻が返ってきた、という人や、イギリスのロンドンとカナダのロンドン、今の場所からの距離が近い方を回答してるのでは、などの推測もありましたが、同じ家の中でも違う回答が来るのはちょっと困りますね。それに、近いとはいってもアメリカ人が訪ねたロンドンのほとんどはイギリスのロンドンの方になるのではと思います。

グルーバー氏はまた、DuckDuckGo, Google/Googleアシスタント, Alexa, Bing の他の検索エンジンやスマートアシスタントをすべて試し、そのどれもがイギリスのロンドンの時刻を返したとレポートしています。

カナダにロンドンがあるのは知りませんでした。Wikipediaによれば人口36万人もいるそうで、かなりの都会ではないですか。なおアメリカ・ケンタッキー州にもロンドンがあり、こちらは群都がある町で人口は7000人台のようです。

オンタリオ州に住んでいる人にとってはカナダのロンドンが正しい場合もあるのかなと思いますが、自動応答に常識を持たせるのは各社の工夫が必要なところでしょうね。

私も以前、Google Maps で日本橋までの所要時間を調べようとして新宿から大阪までの経路が出たことがあります。ここ数年はそんな目には遭っていないので、このあたりも中の人が調整したんでしょうね。

カテゴリー
fun

新聞の間違い探しコーナー、「まったく同じ絵を2枚掲載する」間違いをする

「次の画像二つには、10か所違うところがあります。わかるかな?」

ボルチモア・サン紙の4月26日・日曜版に掲載された2つの画像について、紙上で謝罪が出ていたということですが、その内容が「編集上の手違いで2つともまったく同じ絵でした。つまり、実際のところ違っていませんでした」というもの。

問題の間違い探しコーナーの画像はこれだそうです

「今週はとんでもなく難易度が高いな」と思った日曜版のファンも多いのかもしれませんね。

via Nathan Ruizr’s twitter