カテゴリー
fun

ベルリンの壁 – 同じ場所で壁有りと壁無しを並べた写真集

ベルリン・モルゲンポストの壁のあるベルリンとないベルリン、のページが面白かった。

ウェブサイトでよく見る、2つの写真を同じ場所に重ね合わせ、スライダーで見栄えを切り替えるという手法を使い、自分の手で切り替えながら見ることができます。

2019年の写真をスライドすると、

同じ場所を1981に撮影した写真が出てきます。

1989年11月9日にベルリンの壁は開放されたのですが、それ以前と昨年2019年の同じ場所の写真を並べています。

1981年というのは東側への旅行が制限つきながら緩和された年のようです。ベルリンの2つの時代の地図もスライダーで切り替えられるのですが、1981年版の地図では東ドイツ側にそもそも航空写真がなく、黒くなっていたりもしますね。

この地図上の数字のついた各地点で、両方の時代の写真を見ることができます。壁崩壊時の西ベルリン市長が、ブランデンブルク門の前で昔と同じポーズを取る写真なんかもあります。

via Maps Mania

カテゴリー
fun

姓がない人をWebのフォームでどう扱えばいいか

世界の姓名データを集めるプロジェクトに関する Hacker News の突っ込みを読んだ中に出てきて面白かったのは、世界には姓が無い人がいるという話。

世界に姓がない人がいる(日本にもいますが)のは知っていたけれど、それがアプリやブラウザ上の入力フォームでどう扱われるか、扱われるべきなのか、というのは考えたことがありませんでした。

妻は姓を持たず、アメリカに来るたびにすべてのフォームで「ファーストネーム」と「ラストネーム」を問われることに困惑しています。彼女のパスポートには「名前」欄しかないのに

というコメントに対し、同じようにgiven nameしか持たずアメリカに来て、銀行口座の開設、車の購入、結婚証明の取得、などの手続きごとに窓口で揉め、結局心理的に大きな抵抗を持ちながらも改名することになった話なども出ていました。

上はミャンマー人の話のようですが、インド人からも、インドを構成する多数の言語利用者の中には名前が一つしかない人達もいるのに、政府は名前欄を2つ設けて入力させるのを強制している、多数派の想像力不足だ、というコメントが出ています。この人はまた、アメリカ領事館の査証発行システムにこのような姓のない人が登録する場合に、姓の部分に”LNU”(Last Name Unknown)と入れたり、逆の場合(!)にはファーストネーム欄に”FNU”(First Name Unknown)と入れたりした例を見たそうです。

また、2語からなる姓だけを持ちgiven nameを持たない人が、ファーストネーム+サーネームの入力をかいくぐるために姓の最初の語をファーストネーム、2番目の語をサーネーム「ということにして」乗り切ったが、ドイツに移住した際に両方とも姓ではと指摘されてしまい(ドイツっぽい)、サーネームに正しい2語の姓を、ファーストネームには(無い、という意味で)”-“を入れるように変更された話とか。

日本で名前を登録するようなサービスを作るとしたら、姓名のどちらかが空欄だとエラーになるようなフォーム、普通に作ってしまうと思いますが、それは海外由来の名前を持つ人にとっては本名を登録できない欠陥フォームになりうるんですね。

ただ、ほとんどの場合ユーザーは姓と名両方あるので、単純に空欄で受け入れるとこんどは誤入力だらけになる。エラーで止めるのではなく、本当に姓や名が無いのかを確認するような特別なフローに遷移するとかが正しい実装なんでしょうか。

カテゴリー
fun

LinkedIn でウケる話

ビジネスパーソンのための素敵な話があったのでご紹介。

ある日、面接に向かう途中、迷い犬を見つけた。

腹をすかせ、疲れ切っていた。

誰もが無視していた。

しかし私は違った。弁当箱を開け、私のランチをあげた。

餌をやっていたせいで遅刻し、面接は受けられなかった。

がっかりして家に戻った。

次の日、同じ会社から面接をするから来るようにと連絡が来た。

驚いたけど、とにかく向かった。

従業員にはCEO室へ通された。

5分後、CEOが入ってきた。

それは、上品なスーツに身を固めた先日の犬だった。

犬は愛らしく吠え、尻尾を降り、採用通知を渡してくれた。

涙が込み上げてきた。

君たち、その日こそ、善行をおこなうのにためらうべきではない、と私が実感した日だった。

カルマは犬の形としても現れるのだから。

LinkedIn – Nikhil Narayanan

いい話ですね。よい転職を望む人々を勇気づけてくれます。島耕作かと思いました。

この話、少しずつ形を変えながら各所に流通しているようです。こちらはツイッターで47万件のイイネを集めたもの。エッセンスを取り出してよりコンパクトにしたのが良かったのかな。

リンクトインの有名人

昨日面接に行く途中、飢えた犬を見かけた。立ち止まってエサをやったため面接を逃してしまった。翌日、電話で面接に来るように言われた。驚いたけど行ってみた。入って来た面接官はあの犬だった。

このツイートへのリプライであったこちらは、この手の「転職面接いい話」がコピペされ、複数のLinkedIn ユーザーによって消費されているという実例。

まったく同じ「いい話」が多数の異なる面接官の体験談として共有されているようです。

転職ネットワークの人達も、ほっこりした話に飢えているんですね。

via Board Panda