カテゴリー
技術者と英語

今年のウェブスター辞書に新たに追加された英単語はネット関連語も多数

メリアム・ウェブスター英英辞典の新版で、今年初めて辞書に載った新語のリストが発表され、英語圏でニュースとしてバズっているようです。
メリアム・ウェブスター社が発表した、追加された新語の例15個のリストがこれ。簡単な日本語の説明をつけてみます。カッコ内は直訳

  1. aha moment (アハな瞬間) 認識・ひらめき・洞察・読解などが突然やってくる瞬間
  2. bucket list (バケツリスト) やったことはないけど死ぬまでにはやっておきたい事のリスト
  3. cloud computing (クラウド・コンピューティング) コンピューターのデータを日常的に遠隔地や複数サーバに置き、ネット経由でアクセスすること
  4. copernicium (コペルニシウム) 元素番号112
  5. earworm (耳の虫) 頭の中から離れなくなった歌やメロディ
  6. energy drink (エナジードリンク) カフェインやその他(タウリンや朝鮮人参など)の入った、普通は炭酸飲料で飲んだもののエネルギーを増やす目的のもの
  7. f-bomb (f爆弾) fuckの婉曲表現
  8. game changer (ゲームを変えるもの) それまでの状況や行為を劇的に変えてしまう新しく導入された要素
  9. gassed (ガスされた) 疲れきった
  10. gastropub (ガストロパブ) 料理のうまい飲み屋
  11. man cave (男の洞窟) 日本で言う「男の書斎」みたいな感じ?
  12. mash-up (マッシュアップ) 音楽やウェブサービスで、複数のものを組み合わせて新しいものを作ること
  13. sexting (セクスティング) 携帯電話でいやらしい文章や写真を送ること
  14. systemic risk (システムリスク) ある金融機関の失敗が接続先の組織に波及し経済全体に損害を与えるリスク
  15. underwater (水中) 家の価値よりも高額の住宅ローンを背負っている状態

コンピューターやネット関係の言葉が3,4個、起業やビジネスで出てくる言葉も複数ありますね。

カテゴリー
技術者と英語

シリコンバレー語を覚えよう – 単に英語ができるだけではダメかも?

Pando Dailyで、現在のシリコンバレーで業界人に良く使われる単語が、一般人向けに解説されています。日本語でも既にバズっている言葉もありますが、シリコンバレーを目指す人は覚えておくといいかもしれません。いくつかご紹介。

イテレーション
繰り返しによる平凡な結果。「今回のイテレーションでは以下の新機能が追加されました!」を人間の言葉で言い換えると、「古いカスの上に新しいカスを積みました」となる。
ピボット
スタートアップが失敗のことを戦略的転進と言い換えるための素敵な婉曲表現。熱くなりすぎている投資家の出資を受けていることが多い。
ソーシャルグラフ
フェイスブックが作った、「友達のつながり」を印象的に表現するための何か
リーンスタートアップ
お金のないスタートアップから「ものをまともに考えられる人は誰一人僕らに出資しません」感を軽減し、「マラソン走者ってセクシー」感を付与する新語
ソロモ(SoLoMo)
まさに今流行の、キャメルケース(大文字小文字がラクダの背中のようにつながる)の素敵な言葉は、どんなネットビジネスの問題も解決する3つの概念、ソーシャル、ローカル、モバイルを指しています。ぜひこの言葉を覚えておいて使えるようにしましょう。幸いなことに、過去一年以内に起業したすべてのネットビジネスはこの要素をデフォルトで装備しています。
ビッグデータ
とってもとってもとってもとってもとってもとってもとってもとってもたくさんのデータ。大量のデータのパワー。
オプティマイズ
改良すること
カテゴリー
技術者と英語

語源別に英文を色分け、可視化で見えてくる英語の成り立ち

Etymology(語源)辞書というのがあって、ある単語がいつごろ、どうやって出来たか、どこから英語に取り込まれたかといった情報を調べられるそうです。
ブログIdeas Illustratedでは、単語の語源ごとに違う色で表示することで、英語の文章がどのような語源からの単語で成り立っているかを見せてくれています。以下は大いなる遺産からの一節。
Dickensetymologyvisualized
古英語、古フランス語、中英語、古ノルド語、アングロフランス語、ラテン語、アメリカ英語(Baseballとか)など、出自によって色分けされています。
マーク・トゥエイン(アメリカ)とチャールズ・ディケンズ(イギリス)の小説を比べて語源の割合と見るとか、法律文書や医学文書(やはりラテン語由来の単語が増える)、スポーツニュースなどでも分析をしています。小説一編や特定の作家に限らず大規模に統計を取ると、似たような単語から特定の国や業界の人がどんな単語選びをするかとかもわかるかもしれませんね。
世界に誇るキメラ言語である日本語でも、こういうのできそうですね。漢字やカタカナである程度どこから来たか表記で区別されていますが、それでもどのカタカナが何語由来か、とか漢字でも日本で作ったやつとか、個々にトリビアとして知っているものはあっても、こうやって可視化すると面白いかもしれません。
via Visualization of the Week: The origins of English – O'Reilly Radar