カテゴリー
Uncategorized 技術者と英語

「ランダムなdigitsを示して」「左小指、左足親指、右足第4指、右人差し指、…」

数学・計算に強い検索エンジンとして知られるWolfram Alphaで、面白い検索結果が出るというツイートがありました。

「数字をランダムに48個表示して」のつもりで入力したものに対して、両手両足の指の名前がランダムに返ってきてます。

digit の2番目の意味に「手足の指」があるそうです。知りませんでした。

指を折って数えたものが数字(digit)になったから、数字より指の方が先にあった言葉なのかもしれませんね。

この結果、技術的に(technically)正しいと言えばまったくもって正しいのですが、Wolfram Alpha に求められてる結果ではなさそう。このツイートがバズったのを見て修正したのか、今は結果が出なくなってしまっていますが、下の方の「関連検索語」にはまだ「左足親指」や「右足第2指」が提案で出てきますね。

本来ほしかった結果を得たいときはどうすればいいか、ですが、48 random integers (ランダムな整数を48個)ですかね。

ヒトケタの数字を48個ほしかったのかもしれませんが。

カテゴリー
技術者と英語

「ハッカー」という単語の初出は1963年

Yale名言辞典の編者フレッド・シャピロさんの調査によると、”hacker”が(切り刻む人という意味ではなく、)すごい技術を持つ者という意味で最初に印刷物に登場したのは、1963年のマサチューセッツ工科大(MIT)の学生新聞The Techの11月1日、第20号だということです。

(image credit: duartes.org)
(image credit: duartes.org)

この記事中では、電話のシステムに細工をして長距離電話のタダ掛けをするような人たちのことを「ハッカー」と呼んでいます。

これが最も古い記録だとすれば、「ハッカーという言葉自体には善も悪もない」とか「ホワイトハッカーもブラックハッカーもいる」という主張は、歴史的観点からは後付けということになってしまいますね。

MITのスラングだった時代から、ハッカーには「悪いことをする」という意味がついてまわっていた。とFredさんは述べています。

とはいえ、最初の使い方に縛られる必要はないと思うので、技術的にすごい人を悪い意味を含ませることなくハッカーと呼べるようであってほしいと、個人的には思いますが。

via First Recorded Usage of "Hacker" – Gustavo Duarte

カテゴリー
技術者と英語

今年のウェブスター辞書に新たに追加された英単語はネット関連語も多数

メリアム・ウェブスター英英辞典の新版で、今年初めて辞書に載った新語のリストが発表され、英語圏でニュースとしてバズっているようです。
メリアム・ウェブスター社が発表した、追加された新語の例15個のリストがこれ。簡単な日本語の説明をつけてみます。カッコ内は直訳

  1. aha moment (アハな瞬間) 認識・ひらめき・洞察・読解などが突然やってくる瞬間
  2. bucket list (バケツリスト) やったことはないけど死ぬまでにはやっておきたい事のリスト
  3. cloud computing (クラウド・コンピューティング) コンピューターのデータを日常的に遠隔地や複数サーバに置き、ネット経由でアクセスすること
  4. copernicium (コペルニシウム) 元素番号112
  5. earworm (耳の虫) 頭の中から離れなくなった歌やメロディ
  6. energy drink (エナジードリンク) カフェインやその他(タウリンや朝鮮人参など)の入った、普通は炭酸飲料で飲んだもののエネルギーを増やす目的のもの
  7. f-bomb (f爆弾) fuckの婉曲表現
  8. game changer (ゲームを変えるもの) それまでの状況や行為を劇的に変えてしまう新しく導入された要素
  9. gassed (ガスされた) 疲れきった
  10. gastropub (ガストロパブ) 料理のうまい飲み屋
  11. man cave (男の洞窟) 日本で言う「男の書斎」みたいな感じ?
  12. mash-up (マッシュアップ) 音楽やウェブサービスで、複数のものを組み合わせて新しいものを作ること
  13. sexting (セクスティング) 携帯電話でいやらしい文章や写真を送ること
  14. systemic risk (システムリスク) ある金融機関の失敗が接続先の組織に波及し経済全体に損害を与えるリスク
  15. underwater (水中) 家の価値よりも高額の住宅ローンを背負っている状態

コンピューターやネット関係の言葉が3,4個、起業やビジネスで出てくる言葉も複数ありますね。