カテゴリー
ネットのマーケティング

Google/Facebook等の政府盗聴疑惑で流出したNSAのプレゼンファイルに添削が入る

大手ネットサービスの利用者がアメリカ政府によって多数監視されているのではないか、という米国家安全保障局(NSA)のPRISM計画のニュースが連日続いていますが、英ガーディアンと米ワシントンポストが疑惑の証拠として出してきたNSAのパワーポイントの出来があまりにhideous(趣味が悪い)と、改良版を作った人が出てきました。

たとえばオリジナルのこれ。

prism-timeline-original

2013と入ってるから今年の制作なんでしょうが、年や最近のwebサービスのロゴが入ってなければ、1990年代のスライドと言われても不思議じゃないですね。

こんな風にしたらどうか、と提案しています。

prism-timeline

流行のフラットデザインですね。

prism-pentagram-original

これも、

prism-pentagram

こんな風にしては、と。

Dear NSA, let me take care of your slides. from Emiland

どこの国でも、政府が作る資料って昔風のものが多くなるんでしょうかね。

「政府の機関でなくても、次はちゃんとしたプレゼンテーション資料を作りたいと思う人がいたら相談してください」だそうです。Slideshareに公開した履歴書プレゼンで転職を成功させたこともあるらしいEmilandさんの他のプレゼンテーションは、彼のサイトで見ることができます。

via @Pogue

カテゴリー
ネットのサービス

ブラウザ戦争に搦め手から新規参入者現る。買い物ブラウザPerk

perk-logo

新しいwebブラウザPerkが登場しています。

ブラウザを使ったポイントシステム

Perkブラウザの特徴はというと、

perk-search-rewards

何かを検索するたびにポイントが溜まる

perk-shopping-rewards

何かを購入するたびにポイントが溜まる

perk-sharing-rewards

何かをソーシャルメディアでシェアするたびにポイントが溜まる

そして、ポイントが溜まったら、それらを現金、ギフト券、飛行機のマイル、特定団体への寄付、等の形に変えて受け取ることができる。ということです。

動画によるサービス説明はこちら。

http://www.youtube.com/watch?v=hx0_1cwJjwY

まあ、ものすごく斬新というわけではなくて、過去にもブラウザのツールバーや拡張の形で、ユーザーのオンラインショッピング行動を監視したり、指定のショップへ誘導したり、指定のショップでの購入に対してポイントやキャッシュバックを付与するという仕組みのサービスは多数有ったわけです。

でも、ブラウザ拡張やツールバーをインストールして使いこなせるようなユーザーには、むしろ、自分のネット閲覧情報が企業や店舗に筒抜けになる事に対して懐疑的な人が多いでしょう。そういうポイントプログラムから得られる利益と、自分のプライバシーを売り渡す不利益を比べたら、わざわざ参加することはないな、と判断できてしまうでしょうから「お得だからブラウザ拡張を入れてください!」みたいな呼びかけには乗らないことが多く、結果としてそれほど流行していないのだろうと思います。

しかし、「ブラウザをダウンロードしてインストールし、使う」、ということになれば、(それも高度すぎるというユーザーも居るでしょうけれど、)ツールバーやブラウザ拡張に比べれば、かなり敷居は低くなるでしょうね。ツールバーでもそういうのはありましたが、新規にパソコンを売る時に、プレインストールでPerkブラウザを入れて、デフォルトブラウザにする、といった手だってあります。

中身はChromeと同じ

このPerkブラウザ、彼らが一から開発したわけではなく、Chromeブラウザのオープンソース部分であるChromiumをベースとしたものだということです。速さや信頼性、ポイント獲得部分以外の使い勝手や機能はChromeと変わらないわけですね。

Chromeで新しいタブを開くと、よくアクセスするページやアプリ一覧などが表示されますが、Perkではここのところに、溜まっているポイントを確認できるPerkサービスのポータルが表示されるようです。

Pando Dailyの解説によれば、溜まったポイントが換金できるようになるには、90日間待つ必要があるそうです。この期間は、「とりあえず大きな買い物をしてポイントを受け取った後で、品物を返品をすることで代金も取り戻す」、といった悪意の利用者を防ぐために必要だということです。定期的な利用者で問題行動が無いとわかっている利用者については、将来的にこの期間を縮めるようなアイデアもあるということですが。

現在はWindowsとMscOSX向けのパソコン版だけが提供されていますが、スマートフォンやタブレット向けのPerkも検討中だとのこと。

Chromeとほぼ同じ、といっても、よほどのオンラインショップ・ヘビーユーザーでもなければ、わざわざ似たような別のブラウザを入れて使い分けるかなあという気もしますが、そういうユーザーのために、Chrome拡張でPerkの一部機能を提供する、ということも並行して行っているようです。

プライバシー

Perkのサイトでは、このPerkブラウザを使って買い物したらポイントがつく店舗の長い長いリストが載っています。アメリカの楽天もありますね。

perk-shops

おそらく、個別に契約しているわけではなく、他のアフィリエイトネットワークを使っているだけではないかと思いますが。オンライン購入の最大手アマゾンは対応していないようです。

たとえば、Firefoxブラウザのデフォルトのスタートページは、Google検索になっていて、Firefoxを作っているモジラ財団はグーグル社から多額の掲載の謝礼を受け取り、それを運営費に回しているわけです。

とは言っても、販売業者と手を組んで、自分のネットサーフィン活動をモニターし、店への誘導や買い物の提案までする(かもしれません。長い長い規約を読んでないので)ようなブラウザとなると、ポイントが貰えるからといって、どれぐらいの人が使おうとするのでしょうかね?

この手のサービスは、買い物するネットユーザーよりも、売る側の企業に対してのアピールが効くのではないかなと思います。自社のショッピングサイトに案内したり閲覧・購入を補助したりするようなツールバーを配っていたショッピングサイトも多いですが、売る側の夢がつまった企画なんでしょうね。ツールバーの時と同様、オープンソースのブラウザをベースにして、御社の顧客に独自ブラウザを配布しましょう、というような売込みが今後出てきたりするのかもしれません。

via Perk: A simple Web browser that rewards online shoppers

カテゴリー
ネットのサービス

他のツイッターユーザーがいつ寝てるのかを調べるサービス Sleeping Time

新サービスSleeping Timeは、ツイッターの利用者の最近のつぶやき(現在は過去500件ぐらいとのこと)を調べて、その人がつぶやいていない時間帯、つまり寝ているであろう時間帯、を推測してくれるというwebサービスです。

まだ補足されていない人を調べるには、Twitterの認証で過去のツイートへのアクセスを許可する必要があります。つまり他人の睡眠時間を調べたければ、自分のページも作られますよ、ということ。

最近のつぶやきと自分が設定したタイムゾーン(日本/東京 とか)にあわせて、寝てるんじゃないかという時間帯を赤色で表示してくれます。

sleepingtime-akky

ソーシャルメディアリテラシーとして、僕はツールの予約投稿を使って投稿時間を散らしているので、上のはまったく正確ではないですが。

…というのは嘘で、マメさがないのでそんな事はできてないのですが。ちょっと短めに出ていますけれど、これぐらいに寝ているかと言われればそんなものかもしれません。

# 作成されたページのURLは、ツイッターのユーザー名ではなく、プロフィールの名前から取っているようです。そのため、URLをツイッターのユーザー名に書き換えても、望む結果は出てきません。

早起きで知られている人とか

sleeping-time-sasakitoshinao

午前中は不活発な人とか

sleeping-time-tsuda

有名芸能人とかになると秘書とかスタッフとかが居て、代理でつぶやいたりしているのかもしれませんが。

ある特定の相手と絡みたい、と思ったら、寝ている時間帯に話しかけないようにこれで調べてから、なんていうこともできそうですね。

いろいろ恐ろしい気もしますが、自分がネットに公開した情報ですから止めるのも難しいでしょう。次は寝ている時間帯に代わりにつぶやいてくれるサービスが登場、となるかもしれません。生活習慣が知られるのは嫌だけど、過去のつぶやきには執着しないぜ、という方なら、定期的に過去のつぶやきを全部消すサービスを使う、という手もあるかもしれません。

via Want to Know the Sleeping Time of your Friends or Celebrities