カテゴリー
ネットのサービス

世界地図をさまざまな言語の国名で生成できる Country names in any language

Country names in any language(国名をいろいろな言語で)は、ブラウザ上の世界地図の国名を指定した言語で表示するというウェブページです。

日本語指定でおなじみの感じのヨーロッパ。

Language のボックスに言語名を入れることで、様々な言語で国名を埋め込んだ地図を表示できます。

中国語や、

ドイツ語を指定してみたもの。

ヒンディー語になると、読めないので全部同じようにも見えてしまいました。

任意の場所を任意の縮尺で表示でき、Open Street Map の地図を好きな言語の国名入りで生成することができます。

via Maps Mania

カテゴリー
技術

City Generator – 架空のアメリカの都市の地図や3Dモデルを自動生成

City Generator は、アメリカの大都市の地図を自動生成してくれるwebサービスです。

サイトを開くと勝手に自動生成が始まり、実際にありそうな都市の地図が少しずつできあがっていきます。

デフォルトはGoogleマップ風ですが、右上のメニューから Apple 風や手書き風など、さまざまなスタイルへの変更もできます。

デフォルトの「大公園2個、小公園なし」は少し寂しいと思ったので、公園を多めに作ってみたのが冒頭の地図です。他にもいろいろオプションがあるよう。

stl 形式のモデルをダウンロードすることもでき、これを使って都市を3Dで描くことも(知識と作業が必要そうですが)できるということ。

Typescript で書かれたソースコードはGitHub で公開されていて、自分で試すこともできます。

カテゴリー
データ可視化

ヨーロッパ都市タイムライン – 建設年で都市を見る地図

European Cities Timelineは、ヨーロッパの都市の建設年を地図上にプロットしたウェブサイトです。

再生ボタンを押すと、自動で紀元前770年から西暦1323年までの変遷を再生することもできます。

都市の作られた年はWikipedia から取ってきたようです。なので正確さや何をもって建設年とするかは諸説あるところも多いのかもしれません。英語版 Wikipedia の各都市のまとめに建設年のデータがまとまっているのかと思いましたがそんなことはなく、本文からデータを探したのかもしれません。だとすると結構な手間かも。

またヨーロッパでもギリシアの都市は除外されているようです。古すぎて建設年がわからないだろうというのもあるでしょう。

via Maps Mania