カテゴリー
ネットの事件

twitterトラブル – “ゲイの黒人”になった共和党下院議員予備選候補者

よくある話といえばよくある話なんでしょうが、ツイッターの複数アカウント運営の失敗事例です。

ペンシルバニア7区の政治家で、6月の予備選で惜しくも共和党の下院議員候補になれなかったディーン・ブラウニング氏が、今回の大統領選の結果を受けて5万人のフォロワーにつぶやいたメッセージ

「トランプ氏が4年間かけて築いたものを、バイデン氏は4カ月で破壊するだろう」

に対する反論に対して、アカウント切り替えを忘れて次のように反論したようで。

ゲイで黒人の男性として、オバマ氏は何もしてくれず、人生への変化はほんの少し、それも悪い方への変化だったと個人的には言えます。すべてのことはトランプ氏のもとでとても良くなった。民主党の時は感じたことがないリスペクトを感じています。

ツイートは削除されたようですが、もちろん見ていた人は多数いますよね。スクリーンショットもアーカイブも残っています。

当然、批難や揶揄のリプライが大量に発生したわけですが、

「ヘイ、黒人でゲイであることについてもっと語ってくれよ!」

このブラウニング氏、黒人男性としてのツイートは削除し、

「今広まっている私のアカウントからのツイートは、フォロワーから今週初めに送られてきたものを引用したものです」

と、引用のしかたが良くなかっただけで自分の発言ではない、と主張し、さらにはこの黒人男性ダン・パーディ氏の「証言ビデオ」をリツイートしました。

「私は本当にゲイの黒人男性です。ディーンさんのツイッターに投稿されたのは-どうしてそれが投稿されたのかはわかりませんが-私が彼に送信したもので、彼にそれを送ったのは私と同じ人種や性的指向の人たちがドナルド・トランプ氏を扱う態度に問題を感じたからです」

がしかし、ツイッターの集団捜査はこれに納得しません。ダン・バーディー氏のアカウントは、以前は「パット・ライアキー」とか「善良なる白人」と名乗った白人男性(写真投稿あり)のものだったことが判明します。

ダン・バーディー氏のビデオ、twitterアカウントが現在凍結されており視聴することはできないのですが、見ていた人の中にはこの黒人男性が別の黒人男性「俳優」バイ・ホルテ氏であることを指摘する人も登場。(凍結中のビデオの複製ももちろんあります)

もうグダグダですね。

twitterでどんな人物を演じようと勝手だとは思いますが、政治家がマイノリティのフリをして自分の政治的意見をマイノリティの意見として表明をするのは倫理的に許されないでしょう。

下院議員候補の共和党内での予備選に負けた人ということですが、投票結果を遡るとあと2500票(+10%)取っていれば共和党の候補になれていたし、本選であと25000票(+15%)取っていれば下院議員になっていたわけですこの人。そのへんの何でもない立場の人ではありません。

たまたま操作ミスでばれてしまい喜劇となりましたが、こういうアカウントが多数跋扈していたり、そのアカウントの言う事を信じて支持を強めるフォロワーとかも多いのかもしれないと思うと、心配になりますね。

via Bored Panda

カテゴリー
ネットのサービス

TrumpTweets.io – トランプ大統領のツイッター発言を作るフェイクツール

TrumpTweets は、トランプ大統領のツイートを偽造するwebサービスです。

大統領が言ってくれないかなぁ、というメッセージを書き込んで”Tweet it!”ボタンを押すと、

生成されたツイート画像が表示され、さらに進むとtwitterとの連携が要求されます。

# このアプリが要求する権限が非常に多いので、メインの大事なアカウントでは使わない方がいいかもと思います。今回は@akky ではなく検証用の別アカウントを使いました

連携すると、今作った画像を使ってつぶやいてくれます。

あくまでニセツイートの画像を埋め込んだツイートであり、公式のRTではないのですが、うっかりした人からは本当にトランプ大統領がそうつぶやき、それをRTしたように見えるかもしれません。

スクリーンショット文化の問題

この記事は、これでニセツイートを作ることを奨励してるわけではありません。上のサービスが安全かどうかもわからないですしね。

しかし、ツイッターの発言のスクリーンショットには何の証拠能力もないんだ、ということは簡単にわかると思います。

ツイッターのスクリーンショットは結局のところただの画像ですし、画面に表示できるものは何でも、同じデザインで自由に偽造することができるんです。誰でも同じ画像を作れるから、スクリーンショットでは本物の保証にはなりません。

他人のスクリーンショットの画像を貼って「こんなこと言ってる人がいるよ」というツイートは多くて、リツイートを使わずにそうする理由もいくつかなくはないです。

理由の一つは消されることを見越しての画像化でしょうね。リツイートで紹介しても元ツイートが削除されてしまえば見えなくなるから、消されそうだなというツイートを批判する人が画像にしたりするのでしょう。

しかし、上のサービスからもわかるように、画像で回ってきた時点で既に騙しが入っている可能性もあります。

リツイートされた発言であれば、辿っていけば本物のトランプ大統領の発言かどうか簡単に確認できるので、フォロワーから信用してほしい人はスクリーンショットではなく公式リツイートを使いましょう。

カテゴリー
ツール

Minimal Twitter – ミニマリスト向けツイッター表示ブラウザ拡張

Minimal Twitter は、ブラウザ版ツイッターの表示から広告やトレンド、おすすめユーザーなどを除去し、最低限の要素だけを残すというブラウザ拡張機能です。

拡張をオンにすると、ツイッターの画面が以下のようになります。すっきりしてますね。

通常の表示がこちら。特に右側サイドバーの情報量が多いですね。世の中の様々な動きを知りたい時はこれはこれで役立つとは思いますが、いつも推薦が欲しいだけでもない、と。

拡張機能のオプションで、RTやイイネの数を表示しないようにするなど、さらに表示要素を減らすこともできます。(自らクリックすると、現在のイイネ数などは表示されます)

雑音の少ないピュアなツイッター道を極めたい場面などで使ってみるのもいいかもしれません。Chrome、Firefox、Safari 版(Safari版は登録料が掛かるので非公式で)が提供されています。

via Hacker News