カテゴリー
データ可視化

Commute Time Map – 一定時間内にたどり着ける範囲を示せる地図サービス

「ピカデリーサーカスから電車で20分」と「ブリクストンから車で10分」の2つを指定した地図。すべての条件が成り立つ領域だけを表示させたりすることもできます。

いわゆる「等時間地図(isochrone map)」と呼ばれるタイプの地図で、地図上の地点間の所要時間を大量に集めないと描けないものです。

徒歩で指定した時は、時間内で行ける範囲は円形に近い形となります。

「東京駅から電車で30分」、絶対にこれは違いますね。電車利用は線路沿い、自動車は高速道路沿いにそって大きく伸びそうなものですが、時間を伸ばしても思ったほど距離が伸びてないような気もします。

「ロンドン中心部から電車で30分」だともう少しそれっぽい範囲が出てくるので、このサービスが使っているIsoline APIが日本の電車に未対応なのでしょう。残念。

ある一か所から一定時間内でどこまでいけるかだけでなく、複数地点からの到達を条件にできることで、どんな使い方が考えられるでしょうか?

別々の会社で働く3人の友人が、徒歩・徒歩・自転車でランチを食べに集まるとして、全員が同じぐらいの時間がたどり着けるのはどこか、みたいなのを可視化することができるかもしれません。

また、同棲カップルがお互いの職場からの時間ができるだけ短くなるところをみつける、みたいなのに使えるかもしれませんね。通勤時間が同じになる場所をみつけて、そこで賃貸物件を探す、とか。

電車での速い移動がもっと正確にでるようになれば、日常的に使える便利サービスになるような気がします。

カテゴリー
データ可視化

SeriesHeat – 海外ドラマの各話レーティングをまとめて面白い話を見つけられるサービス

SeriesHeat は、海外の巨大映画情報/レビューサイト imdb のレーティングデータをシリーズ毎に並べて表示してくれるというwebサービスです。

このように、何回にもわたってドラマ化されている人気シリーズの、どの話が評判が良くどの話が不評なのか、を一望することができます。

各話のレートをクリックすると imdb のその話のページへジャンプするので、不思議に評価が低い回の何がダメで悪いレビューが集まっているのか、などを見ることもできます。

Flip ボタンでシリーズx各話の縦と横を逆にしたり、 Color Scheme を3種類変更したりもできます。

リメイク作品の1話は、厳しいレートだったりしますね。

もともとのアイデアは reddit に投稿された The Simpsons のレーティングを手動で可視化した表にあるそうです。

このサービス、話が続いていて連続してみないとわからないドラマよりも、一話完結でどこから観ても楽しめるようなドラマでより使えそうに思います。今はサブスクリプションでシリーズ全話を見放題なんて環境もありますし、全部の話を観るほどの暇はないけど評判のよい話だけを選んで観たい、なんていう時にも役に立つかもしれません。

imdb に登録されているドラマなら、英語圏のドラマに限らず可視化できるのでは、と思いドラゴンボールとかワンピースとかも入れてみたのですが、海外のドラマが一定話でシリーズを終了するのに対して、特にシリーズという概念がなく数百話続く日本の人気アニメ番組は、表の作成がうまくいかず読めないほど小さくなったりしてしまうようです。

via Hacker News

カテゴリー
データ可視化

国ごとの新型コロナウイルス感染者数を時系列で表示する世界地図

COVID-19 地理アニメーション(geographical animation) は、新型コロナウイルスの感染者数の推移を国単位でまとめた、インタラクティブ地図です。

感染者の数に応じた大きさの円が、各国の位置に表示されます。

感染者が拡大している時は赤色、縮小している時は青色、変化の速度が大きいほど濃くなるようで、広い範囲でどのように感染が拡大や縮小していったか、ある国の感染状況は近隣の国の感染に影響していたのかどうか、などをつかむことができます。

データはジョン・ホプキンス大が公開しているものを利用とのこと。

via Maps Mania