カテゴリー
ネットのマーケティング

実験「インスタグラマーは作れる」 影響力のある人気アカウントが$300以下で

Mediakix が Instagram の人気アカウントを人工的にでっちあげるという面白い実験結果を公表しています。

今回彼らが作り上げたイイ感じの Instagram アカウントがこの二つ

ファッション・インスタグラマー

アレクサ・ラエさん(calibeachgirl310)は、「サンタモニカ在住でファッションとライフスタイルに関して影響力を持つ」という設定。

実際に載っている写真は、ローカルモデルを雇って一日で撮り上げたもの。

旅行インスタグラマー

アマンダ・スミスさん(calibeachgirl310)は、「旅行と写真に関して影響力を持ち、パリやヨセミテ、マウイ島など世界各地で撮った写真を投稿する」という設定。

こちらの写真は、後ろ姿で映った金髪女性をストックフォトサービスで集めたもの。

フォロワーの購入

一日も掛からずフェイクアカウントの見栄えを完成させたあとは、用意した写真を毎日小出しに投稿しながら、フォロワーを1000人あたり$3(330円)-$8(880円) で購入していきます。フォロワーを売っているサービスはいくつもありますが、安めのサービスは納期を守らなかったりと問題があり、最終的には$8(880円) /1000人程度の値段のサービスで落ち着いたということ。

一日に1000人で始めたのは、あまりに多すぎると運営に気づかれてアカウントを停止されてしまうことを恐れてだそうですが、やってみたところ一日15000人の増加でも大丈夫そうだ、という知見が得られたそうです。

2か月かけて、ファッションアカウントは5万人、旅行アカウントは3万人のフォロワーとなりました。

https://www.instagram.com/p/BS_zGhyhnGo/

いいねとコメントの購入

フォロワーが数千人を超えたあたりから、「いいね」と「コメント」の購入にも着手しています。コメントの価格は一個あたり12セント、いいねは1000個あたり$4(440円)-$9(990円) で買えたそうです。

安いコメント業者は写真の公開からコメントをつけるまでに24時間かかったそうで、価格が上がればより早く反応があるように見せられるんですね。

一枚の写真に対して、いいねが500-2500個、コメントが10-50個ぐらいつくようにしているそうです。

https://www.instagram.com/p/BWvH2AcAEZk/

# コメント欄を良く見ると、たしかに何も言ってないような単純なコメントがいっぱい並んでるようにも見えます。が、本物のコメントでもそういうのばっかりの場所もありますからね…

インフルエンサープログラムへの参加

フォロワーが1万人を超えたあたりから、様々なインフルエンサープログラムに登録することができるようになるそうです。「影響力があるインスタグラマー」と認められることで、プログラムから各種ブランドの宣伝依頼が降ってくるようになります。

今回の実験アカウントでは、それぞれのアカウントで2社の有料宣伝依頼をゲットすることに成功した模様。ナショナルクライアントのアルコールや食料品に関するブランドで、支持に従って行動することで、金銭の報酬や商品の無料提供、あるいはその両方を受け取れることになったそう。食品が無料で貰えるのは、それを写真に撮ってアップロードしろということでしょうね。

現在この二つのアカウントのプロフィールには「フェイクの実験でした」と種明かしがされていて、引っかかってしまったナショナルブランドに関する投稿などもされていません。それらのブランドのインフルエンサーマーケティング担当者は肝が冷えたことでしょうね。

フォロワーやコメントの購入先については明らかにしていませんが、検索すると簡単に見つかるそうです。また、インフルエンサープログラムの運営が大手か中小かに関わらず、いろいろなブランドの提案が届いてしまったということ。大手なら厳しく偽物を排除できているのでは、とも言えなさそうですね。

via Bored Panda

カテゴリー
ネットの事件

オンラインでケンカ相手を探すアプリ Rumblr はウソだった

おとといご紹介した、オンラインで近くのケンカ相手を見つける Rumblrですが、トップ画像やアプリのスクリーンショットが消え、サブドメインのURLに転送されるようになっています。

getrumblr

ITブログ大手の Mashable が中の人を探し出して電話インタビューをしたところ、Rumblr はこの人たちが立ち上げる、とあるコンサルティング企業の宣伝として作られたニセサービスだということを認めたそうです。

月曜のリリースのあと、CBS など多くのメディアに対して回答していたため、多くの英語メディアで取り上げられました()が、Rumblr アプリ自体はデモができる程度のものを作っただけで、リリースするつもりはない、ということです。

「このアプリは『危険』で、本当に作っても世界に対してネガティブな影響しか与えない」と言われると、そりゃそうでしょうね、と言うしかないのですが。

Mashable のブロガーは、サイトにあった登録メールに登録しようとして、その先で自動応答のスクリプトとやりとりしているうちに、そのコンサル企業のサイトに連れていかれたことで冒頭の中の人に連絡ができたそうです。

# 嘘のアプリで宣伝する会社が増えると困るので、リンクはしません。はてなブックマークで記録だけしておきます。

rumblr-after-form-submission

自分でも使ってみたいサービスならメール登録していたかもしれませんが、特に東京の街角で知らない人とケンカしたいとは思わなかったので自分で発見できませんでした。ごめんなさい。

Mashable のブロガーの「もしどこかのベンチャーキャピタリストがやってきて、1億ドル(110億円)出資するから Rumblr を本当に出さないか、と訊かれたらどうします?」という質問に、このコンサルタントは「たぶんノーと言いますよ」と答えたそうです。

カテゴリー
ネットのマーケティング

食べながら食べている自分を自撮りできるセルフィー・スプーンが登場。アメリカで無料配布

シナモントーストクランチ(Cinnamon Toast Crunch)は、ヨーロッパを中心に1984年から売られている、シナモントースト味のシリアルだそうです。

そのシリアルを売っているジェネラル・ミルズ社が販促キャンペーンとして制作した新機軸の自撮り棒が、持ち手にスプーンのついた「自撮りスプーン(セルフィー・スプーン)」

selfie-spoon-top

「ついに、あなたの大好きな二つのもの – シナモントーストクランチと自分撮り – がひとつになりました!」

シリアルを食べながら、食べている自分の様子をスマートフォンで撮影することができるという優れものです。

https://www.youtube.com/watch?v=Jg_K5j7_Bao

太っ腹なことに、このセルフィースプーン、無料で貰えることができるそうです。残念ながらアメリカ国内のみのキャンペーンですが、送料だけ負担すれば一人一本、誰でも送ってもらえるということ。

(credit: Cinnamon Toast Crunch)
(credit: Cinnamon Toast Crunch)

スプーン部分は無視して、タダの自撮り棒として貰っちゃってもいいかなという気もします。

毎朝シリアルを食べる人に製品名を覚えてもらえれば、広告宣伝費としてタダで配ってもペイするということなんでしょうね。

関連

自分撮り帽子 – 自分撮りスティックより便利?

セルフィーの次はベルフィー? 自分のお尻写真を一人で撮れる Belfie Stick

銃を使ったクールなセルフィー(自分撮り)の撮影失敗で死亡 – メキシコ