カテゴリー
ネットのサービス

YouTube の低評価(dislike)を取り戻すブラウザ拡張/スクリプト Return YouTube Dislike Count

Return youtube dislike countは、名前が示すとおり、YouTube 上での動画への低評価情報が今後隠されてていくのに対し、dislike 数の表示を復活させようというプロジェクトです。

評判が悪かったり出来の悪い動画を見分ける方法として使われていたであろう「低評価の数」ですが、嫌がらせで多数押されるケースなどがあり表示しないようにした、というのがYouTube の説明です。

これにより、動画のオーナー以外は dislike の数を知る方法がなくなります。

Return youtube dislike countは、この dislike 数の表示を元通りに復活させるブラウザ拡張になります。

このブラウザ拡張(Chrome, Firefox)や User Script を入れることで、dislike数が隠された動画においても、dislike 数が元通り表示されるようになります。少なくとも今は。

拡張作者はオリジナルの like/dislike 形式だけでなく、棒グラフで like/dislike の比率を見せるような表示形式も考えているとか。YouTube の方針とは異なり、dislike 数をより素早く確認することもできるかもしれませんね。

拡張を入れて実際に dislike を復活表示させてみようとしたのですが、まだ dislike の数字が消えた動画ってないですね。dislike 表示の無効化は地域やユーザー毎に少しずつ行われていくのかもしれません。

このブラウザ拡張の今現在の仕組みは、「YouTube 公式APIを呼ぶ」というもの。

しかし、12月13日からは API でも(動画の所有者以外は)dislike数を取れなくなるということなので、これだけでは1か月後には動かなくなってしまうでしょう。そこで、それまでの間に API 経由で取得した dislike数を自前のAPIサービスでキャッシュしていくのだとか。APIが止まった後の dislike は、まずはこのキャッシュされた数になりそうです。

そしてその後は、この拡張機能自体が dislike が押されたという情報を(YouTube本体にも送ると思いますが、)独自にカウントしていくようにする。拡張機能を使うユーザーがそれなりにいれば、dislike 数については YouTube 公式が集計しているdislike とは独立して dislike のデータベースが出来上がるということですね。

そんなにうまくいくかな、サーバ代も大変そうだし。と思ってしまいますが、拡張ユーザーだけで独自の dislike DB が意味のあるレベルで成立するかは、API で取れなくなるまでの期間にユーザーをどれだけ増やせるかに掛かってるといえるでしょう。

Firefox拡張の方は公式の拡張機能ストアに登録され簡単にインストールできますが、Chrome拡張は自分でダウンロードして設定からインストールする必要があります。拡張の性質上、Chrome Storeの審査は通りにくいかもしれませんね。

via reddit

カテゴリー
ネットのサービス

Joy Generator – 小さな喜び(joy)を集めたウェブサイト

アメリカの公共ラジオ局NPR が公開したJoy Generator (喜び生成器) は、

現時点で提供されているのは、以下のようなもの

  • 追想しよう – 懐かしい動画の再生
  • フローを見つけよう – お絵かき
  • 落ち着く音 – 絵筆の走る音、ささやき声、日常に溢れる心地よい音などを再生
  • それを待つ – 植物の発芽と成長を見る
  • 視点を変えてみる – 宇宙や星に関する映像
  • 詩を簡単に – 与えられた文章を消し込むことで詩を作る
  • カワイイの力 – 可愛い動物の動画
  • 野生の呼び声 – 国立公園の音源を組み合わせてBGMに

ちょっとした休憩時間に眺めたり、BGM/BGV にしたりできる小さなページが集められています。

野生の呼び声(Call of The Wild)、では、風の音、水の音、蛙の音、鳥の音、を好きなバランスで組み合わせて再生させることもできます。

カテゴリー
工作

ドミノ・ロボット – 24時間で10万個のドミノを並べられるロボット(動画あり)

Domino Robot は、工学系ユーチューバーとして有名なマイク・ローバー氏(Mike Rober)とロボット製作者アレックス・バーコム氏(Alex Baucom)らが協力して5年がかりで製作された、ドミノ倒しのドミノを立てる専用ロボットシステムです。

300個のドミノを一斉に運べるロボット、ドミネーター

これは動作を見せるために少し高いとこから落としていますが、これを地面スレスレで行うと、多数のスロットから降ろされたドミノが 15 x 20 列に綺麗に立つようです。

動画では、プロのドミノ・アーティストにしてこちらも人気YouTuber の Hevesh5 氏と、手積みとロボットによる速さ対決もやっています (5:00)

単色でただ多くてもつまらないですが、ドミノの色を使ったドミノ・アートにもちゃんと対応しています。

複数の色のドミノを、ロボットアームでドミネーターの300のスロットに指示通りに入れることで、自由なドミノ・アートを作れます。

すでに500万回の再生を数えている動画で、倉庫いっぱいのドミノを並べ、そして倒す瞬間をぜひ観てみてください。

開発ドキュメントとソフトウェアは公開されています。ソースは興味のある人が参考に読んでくれればいいが、全く同じハードウェアがないとそのまま使えるものではないだろうということ。

ドミノ倒しといえば人海戦術で、人手をかけるほど巨大ですごいドミノ・アートが作れるというものでしたが、こんなロボットができてくると今後出てくるすごいドミノ・アートはさらに巨大化したり、アートの内容も複雑で精緻なものになるかもしれないですね。

via Geekologie