カテゴリー
ネットの事件

「ツイッターの誕生日を2007年に変えるとすごいよ」デマが流行 – 新デザインになったりはしません!

「ツイッタープロフィールの誕生日を2007年に変えると、ツイッターの見た目が完全に変わるよ。試してみて!」 というイタズラが英語圏で流行っているようです。

ツイッターの画面がカラフルなる、と言っていますが、まったくそんなことはなく、ツイッターの利用規約で禁じられている13歳以下のユーザーに該当することになり、ツイッターにアクセスできなくなってしまいます。

実際に引っかかってしまった人の画面を共有している人もいます。

騙している方の例は、たとえばこんなの。色がカラフルになる、というデマの画面も一緒に流通したりしてますね。

どのあたりから始まってるかはわかりませんが、見つけたものでは2日前ぐらいのものがありました。

人の誕生日は不変なので、後から誕生日を変更できること自体おかしいといえばおかしいのですが。13歳以下の子供は利用していません、という建前でやってるサービスとしては、自己申告で子供だと言われては使わせるわけにいかないのもわかります。

このイタズラに引っかかってサポートに連絡した人が多かったのか、ツイッターの公式が警告を出しています。

https://twitter.com/TwitterSupport/status/1110641101822517248

ツイッターの誕生日を2007年に変えると新しい色のデザインが使えるようになるというイタズラがあるようです。決してしないでください。13歳以下ということで(サービスから)締め出されます

日本語でこのイタズラを真似しようとしてる人、今検索した限りでは見当たりませんでしたが、要注意ですね。

万一引っかかってしまった場合、IDのコピーなどをツイッター社に送って、13歳以下でないことを証明することで回復できるかもということです。

via The Verge

カテゴリー
fun

カードゲームMtGのカードで夫に妊娠を告げた人

妊娠をオタクな方法で夫に告げたかった(I wanted a nerdy way to tell husband that I am pregnant…) というタイトルで Imgur に投稿した ChimeraOfEbony さん。

二人ともがマジック・ザ・ギャザリング(MtG)で遊ぶカップルということで、 ChimeraOfEbony さんは、「驚きがあり、記念に取っておくこともできる知らせ方」として、カードの改造を考えたそうです。

表はこちら「愛溢れる妻(Loving Wife)」

「ゲーム中に一回、変身させることができる」「彼女は多くは望みません。少しのチョコレートがあれば幸せ」

変身で裏がえすと「妊娠した妻(Pregnant Wife)」に

「タフネスが10に達すると、子供トークンが投入される」「神々の名において、より多くのチョコレート!」

あとは、ブースターパッケージを上から破いて開ける夫のために、下からパッケージを開けてこのカードを差し込み、糊付けで未開封のように仕上げて、夕方に渡したということ。(その前にも何度かブースターを「本屋に寄ったから」とか言って買って渡すようにしていた、と。用意周到です)

あとは、一枚一枚何のカードが入ってるか確認する夫が気づくのを見守るだけ、と。

I wanted a nerdy way to tell husband that I am pregnant…

カテゴリー
ツール

Chrome Engine Extension – 友達のパソコンでのYouTube再生を毎日少しずつ遅くしていくChrome拡張

scd31.com の Stephen さんがブログで公開しているのが、同僚や友達のChrome にイタズラを仕掛けるための Chrome拡張「Chrome Engine」

友達にイタズラを仕掛けるための Chrome 拡張です。毎日、YouTube の再生速度が1%ずつ遅くなっていき、30日後には 7割の速度になります。拡張のアイコンはChromeのアイコンを使っていて、自身を「Chromeエンジン」と偽ります。

This is a chrome extension I wrote to prank some friends. Every day, it lowers playback rate on YouTube by 1%, until it hits a target speed of 70% – 30 days later. It has the Chrome icon and calls itself “Chrome Engine” as a disguise.

再生速度を変える、ってどうやってるのかなとソースを見たら、playbackRate というパラメータが YouTube の再生ページ上 videoElement にあるんですね。これを指定すれば、YouTube 動画を倍速再生とかもできるということか。再生速度を調整するブラウザ拡張、というのもありました。

ソースのコメントによれば、速度を50%以下に指定するとおかしくなるそうで、遅くできても半分の速度が限界のようですね。

ソースコードおよび拡張パッケージが公開されています。まあ、このChrome拡張はGoogle公式では配布できないでしょう。

via Hackaday