カテゴリー
ネットのサービス

スローTV地図 – 世界中のスローテレビ動画をまとめた地図サイト

Slow TV Map は、いわゆるスローテレビ動画をその撮影地点ごとに世界地図上で表示した、スローテレビのガイド的なサイトです。

薪を燃やす暖炉の映像や、長距離を走る鉄道や自動車からの景色など「ありふれた」日常動画を流すのがスローテレビだということ。時間が長めで、何か劇的なことが起こったりはしない動画ともいえるでしょうか。

モロッコを走るオートバイの動画とか

バングラデッシュを走る列車の動画(6時間)とか

カリブ海のクルーズ船の後ろにできる航跡(5.5時間)とか

ボーっと見ていられる、遠くへ旅行しないと見られないような景色を探すことができます。

日本にも80本ほどのスローテレビ動画が登録されているのですが、細かい座標の設定がなく東京じゃないのに東京にプロットされているものが多数のようです。

東京を歩く長時間動画というのもたくさんあるんですね。撮影機器も手軽で安くなっているし、長時間撮影された地球の各所の記録は、これからどんどんネット上に溜まっていくのでしょうね。

via Maps Mania

カテゴリー
ネットのサービス

無限バッドガイ – 世界初の無限に続くミュージックビデオ

ビリー・アイリッシュのヒット曲”Bad Guy”の10億回再生を記念して、YouTube Music が作成した Infinite Bad Guy は、Bad Guy をカバーしたり Bad Guy を使って製作されたYouTube 1万数千個の動画を集め、ひたすら”Bad Guy”を流し続けることができる特設サイトです。

これはハッシュタグ #Cat の猫Bad Guy。

リコーダーでBad Guy… すごく… ヘタクソです

画面の下には、様々なハッシュタグが流れています。それぞれのタグが示す “Bad Guy” の動画がYouTube にはあるということですね。

決められた時間を待ったり、左右に出てきた別のカバーをクリックしたり、ハッシュタグをクリックしたりすると、曲のほぼ同じ個所から別の動画の続きが再生されます。同じ曲とはいえテンポも進む速さも異なる動画を同じ部分でつなげて再生するの、すごいですね。もちろん人間のDJがつなげればもっとスムースにはなるでしょうけど、これは自動でつながる箇所を見つけているわけですし、今後技術が進歩すればDJ以上の滑らかな接続が実現されていくようになるでしょう。

音楽を、というか Bad Guy を一時停止すると、これまで再生したカバーの曲数や、全曲ループを何回したか(!)、そしてあと1万6千何曲のかばーを見ていないか、などの統計情報を確認することができます。下へスクロールするとこれまで再生されたカバーの一覧も。

YouTube Music 公式による紹介動画のコメントでは、すべてのカバー動画の組み合わせのループを観るには 1.46 x 10^100 年、つまり宇宙の寿命よりも掛かる、と書いています。

カテゴリー
ツール

SkyAR – 動画の青空を差し替えられるツール

SkyAR は、動画の青空部分を別の画像や動画に差し替えることができるPython製のツール。

Photoshopの機能で静止画の空を置換する機能というのはあるそうですが、それを動画の各コマに対して行って元のようにつなげあわせてくれるツール、ということですね。

青空のある動画を撮ってきて、自分でも変換してみました。

親方! 空にお城が!

サイトのサンプル動画では、動きのある動画でうまくいってるものも多いのですが、ちょっとカクカクしてますね。僕の動画がスムーズに視線移動してないからだめなのかな。

昨日の日本橋上空

リポジトリについてくる背景画像はこういったもの。もちろんこれらだけでなく任意の画像を指定できるので、青空に大きな顔! とかもできますね。

公式動画は、やはり良い感じになるような動画を使ってます。

via TheNextWeb