カテゴリー
ネットのサービス

Mock Programming Interviews – 模擬プログラミング面接の互助コミュニティ

Free Mock Coding Interview(無料の模擬コード面接)は、プログラマーが採用試験の途中の段階で受けることが多い、コーディング能力をテストするためのいわゆる「コード面接」を無料で受けられるサービスです。

なぜ無料で受けられるのか? このコミュニティの参加者は、面接を受ける求職者の立場でもあり、面接する側の面接官の立場にもなるからです。

コミュニティ参加者は指定された discord サーバにジョインし、自己紹介を済ませます。その後、フォームから自分が練習したい「求職するレベル」「プログラミング言語」「データ構造とアルゴリズム、またはシステム設計」を登録すると、サービス側が2人の希望者をマッチさせ、インタビューの日時が設定されます。

時間になったら、指定された2人は discord に用意された面接用の音声チャンネルに入り、一人が面接官、もう一人は求職者となってコード面接を行います。

30分の面接を終えたら、こんどは採用側と非採用側を交換して、もう30分の練習。なるほど。

面接のチャンネルは、コミュニティ内に公開でもよいし、private にすることもできます。

両方向の面接を終えたら、面接官としての採点フォームを入力します。「コミュニケーション力」「問題解決力」「コーディング力」を5段階評価、面接で良かった点や改善すべきと思った点を添え、全体評価を提出。

とりあえずスタート、のサービス

discord チャンネルには、面接のマッチング以外にも様々な相談や質問のチャンネルが用意されていて、コード面接に関するディスカッションなども行われています。マッチング結果の通知なども discord の bot にまかされているようですが、マッチングはまだ主催者が手動で行っている風ではあります。

面接希望や採点集計なども、ローコードツール(Airtable)を使って簡単に作られており、とりあえず就職希望者同士のマッチングができる場というアイデアを、既存のサービスを組み合わせて大急ぎで立ち上げたという感じです。こういうのいいですね。

運用してみて必要なこと、不要なことを見極めて、もし人気が出るようなら徐々にシステム化していくのだろうと思います。

まったく就職したことが無いユーザーだと、面接官側を演じるのはたいへんかと思いますが、業界経験があれば大なり小なり面接側になったこともあるでしょうし、エンジニアとして応募者の技術レベルを把握する方法もわかるでしょう。それに、ユーザーの多くが今求職中ということなら、実際のコード面接でされたばかりの最新のコード面接を、この練習会で再現してみせることもできるかもしれません。

via reddit

カテゴリー
ネットのサービス

Paper Website – 手書きメモから作れるウェブサイトサービス

Paper Website は、ノートに手書きで書いた文章をカメラで読み取ることでウェブサイトを作れるというサービスです。

スマートフォンアプリを入れて、手書きの原稿を書いて、

アプリで撮影したら、画像中の文字を認識し、ウェブの編集画面に読み取られた文章が入ります。

そこからは編集しないといけないんですね。

ちょっと想像してたのとは違いますが。サービス名からは撮ったノートの画像を画像のままウェブサイトという形にするのかと思ってました。紙(paper)ですが、手書き文字の温かみ、とかそういう方向性のサービスではありませんでした。

普通ならPCやスマートフォン上で入力するところを、手書き+撮影に置き換えたウェブサイト作成サービス、ということでしょうか。

文章の読み取りは残念ながら英語のみ。また、高さを揃える、4,5行ごとにブロックを意識して書く、筆記体不可、など、ある程度サービスに合わせた手書き力は求められてしまうようです。

手書きの方が慣れてるし早いし、手書きで更新出来るならやってもいいのに、というユーザーに対して訴求できるかもしれないですね。

月額プランで$10(1100円)/月。無料のドメイン名と手書き用のノート一冊がついてくるようです。

via Product Hunt

カテゴリー
ネットのサービス

コミュニティでYouTube動画にタグをつけるブラウザ拡張サービス

Community-Generated Tags for YouTube は、YouTube の動画に YouTube公式が内部で管理しているであろう情報とは無関係に、このツールのユーザー間でのみタグつけを自由にできるようにするブラウザ拡張です。

Chrome/Firefox拡張を入れると、YouTube の動画画面にタグ情報が(あれば)表示されるようになります。

好きな動画に好きなタグ情報を追加できるので、タグを頼りにして新しい動画を探すことができる、というわけです。

もちろん、十分多くの動画にちゃんとタグがつくようになれば、ですけれど。

タグで検索すると、そのタグがついた動画が一覧で出てきます。

先日発表が有った YouTube が動画への低評価カウントを隠す方針とか、公式がどのような動画・チャンネルをお薦めするのかというアルゴリズムへの不信感とか、運営に対する不信感がこういったサービスの登場の背景にはあるのかもしれませんね。

実際のところは、サービスに十分なユーザーが集まらないと役に立たないでしょうし、このような外の大規模サービスに乗っかったサービスがうまく伸びることはなかなか無いのかなとは思います。それに、このサービスがもし離陸できたとしても、こんどは「ふさわしくない」タグの問題とかタグの操作合戦とかが起こるのも目に見えています。

ターゲットとなるサービスの痒いところをうまく解消し、しかも公式は同じ機能をつけることは難しく、しかも付加したサービス単体で収入も得られてサービスを続けられる、なんてのはなかなかにハードルが高いですが、ニッチなもので同好の士が使うような機能であれば面白いかもと思います。

via reddit