「no_tag」タグアーカイブ

Diggが広告に投票できるようDigg Adsでマネタイズを模索

巨大ソーシャルニュースサイトのDiggが、新しい広告プログラムの開始を宣言した。

Diggのトップページやカテゴリページには、ユーザがdigg(投票)した今一番熱いニュース記事が並んでいるが、この中に広告だとははっきりわかるものの、他のニュースと同じようなフォーマットで、広告主の広告も出すということだ。

digg-ad-example-large.jpg

上のサンプルだと、上から4つめがEAのゲームの広告になっている。

通常のニュースと同じように、digg(投票)したりbury(逆投票)したりコメントしたりできて、投票が多ければ広告主の支払額も安くなるシステムだという。つまり、面白いと思わせる広告を作ろうというインセンティブが働くわけだ。

これから先、数ヶ月の試験期間を設けてユーザからのフィードバックを集めるということらしい。

ユーザが見続けている内容の中に広告を自然に、しかし広告とわかるように挟もう、という考え方は、今の民放テレビを思わせる。広告だとはっきりわかるようになっている限り、ありかなと個人的には思うが、熱心なdiggユーザ達がどう思うかは別だろう。今のところ賛否両論というところ。

Googleアドワーズの場合は、ユーザに検索で探しているものがあり、それに関係した広告を出すのだから、広告であっても自然な検索結果より役に立つものも出てくることも多々あるだろうと思う。しかし、カテゴリーや前後のニュースとマッチさせるにしても、ユーザがどれぐらいこのDigg Ads広告からジャンプして物を買ったりするかは疑問だ。

しかし、Diggより大きくて影響のあるソーシャルサイトもそうそう無いので、これぐらいユーザがいるところでうまくいかないとしたらより小さいところではもっと難しいだろう。ソーシャルサイト、CGMサイトのマネタイズ手法として通用するのか注目したい。

世界の給食

世界中の給食の写真を集めてみた、というブログ記事。

よくみたら世界といいつつ5カ国だったけど、韓国、日本、インド、フランス、アメリカの給食の写真が並んでいる。

アメリカのこれなんか、ひどいと思う。(ちゃんとした写真もあるので極端な例だとは思う)

school-lunch-usa.jpg

7品のうち3つがデザート・フルーツのフランス…

school-lunch-france.jpg

via School Lunch From Around the World

書評: マーケティングとPRの実践ネット戦略

いただいたもの

the-new-rules-of-marketing-and-pr-cover.jpg

ブログ・ニュースリリース・ソーシャルメディア、など、オンライン上で自社やサービスを知ってもらうためのいろいろな手法についてまとめられた本。

旧来の新聞や雑誌社と、ブロガーへのPRがどのように違うのか、といったことも、成功事例や失敗事例を豊富に出して説明している。

アメリカ・英語のウェブについて書いているので、必ずしもすべてがそのまま適用できるわけではない。たとえば、ウィキの活用やポッドキャスト、といったあたりは、英語に比べると日本でのパワーは落ちるのではないかと思うし、原著が書かれた時期から無視は出来なかっただろうと思うが、セカンドライフでのPRがその後どうなったのかはご存知の通り。しかし、ブログやソーシャルメディアについては日本でのサービス・ユーザ動向が米国のそれを後追いしているパターンも多いので、あちらで起こった事件や成功例を知っておくことは役に立つのではないだろうか。

とにかく多くの具体的な手法が書かれているので、今自分が使っていない方法を試してみるのもいいし、有効と思えた手法を今のマーケティング&PRに加えてもいいだろう。(著者自身も、書いたことを全部実践できている、とは言っていないし、全部を実施すべきとも言ってない。)


[書評に関する注意書き]

  • 貰って書いた本についてはその旨記述する
  • このブログはサイボウズ・ラボの社員ブログなので、秋元個人に献本いただいても、何でも自由に書けるわけではない。
  • もちろん、書評以外の他のブログエントリもそうだが、社員ブログではあってもサイボウズ・ラボ全社やサイボウズ・グループの意見を代弁してるわけではない。
  • 献本いただいても必ず読めるわけでも、ご紹介できるわけでもない。読書の速度は遅いので、発売前や発売直後に送っていただいても、ご紹介が半年後になるようなこともある

英語チャットを理解するための50個の新単語

「親が知っておくべき50個のインターネット単語」というタイトルでnetlingo.comが公開した50個の単語。

英語圏のウェブ、チャット、SMSなどで若者や子供に使われているという。「親が知っておくべきもう50個の単語」とあわせた中から、あたりさわりの無いものからいくつか紹介する。(リンク先のリストには卑猥なものや違法な単語も多数含まれている)

143

「愛してます」(I love you)。”I”, “love”, “you”がそれぞれ1文字、4文字、3文字だから

182

「あなたが嫌いです」(I hate you)。1は”I”に似ているから。8(eight)2(two)は”hate you”に発音が似ているから

459

これも”I Love You”。こっちは携帯電話で”I”, “L”, “U”の書いてあるキーを押すと4,5,9になるから

CD9, P911

どちらも「親が近くにいる」という警告

MOM

“Mom Over Shoulder”。「母親が肩越しに見てる(ので注意)」

LMIRL

“Let’s meet in real life”。「実世界で会おうよ」

NALOPKT

“Not A Lot Of People Know That”。「それについて知ってる人はそんなに居ないよ」

2nite

今夜。tonight

AWGTHTGTTA

“Are We Going To Have To Go Through This Again?”「もっかい最初から全部やらないといけないかい?」 たぶん、議論が堂々巡りになったときに使う?

BRB

“Be right back” 「すぐ戻るよ」

BRT

“Be right there” 「すぐ行くよ」

CWYL

“Chat with you later” 「後でまたチャットしよう=後でね」

E123

“Easy as one, two, three” 「(1,2,3と数えるぐらい)簡単さ」

C-P

“Sleepy” 「眠い」 理由不明。発音から?

J/C

“Just Checking” 「今チェックしてる」

LMK

“Let me know” 「教えてよ」

NM

“Never mind” 「気にすんな」, “Nothing much” 「たいしたこと無い」, “Nice move” 「いいぞ」のどれか

ROTFL

“Rolling on the floor laughing” 「床を転げまわってワロタ」 LOL(大笑い)の強いやつ

SO

“Significant other” 「大変重要な人=彼氏・彼女」

WFM

“Works for me” 「こっちでは動いたよ」

WTF, WTH

「なんてこった」

他にも、PAL, PAW, PIR, POSなど「親が見てる」、「親が近くにいる」系の略語が非常に多い。それから出会いに関する隠語も。

via Fox via Digg

TEDxTokyoの中継中

tedxtokyo-logo.png

ここのところ、TEDというカンファレンスのビデオについての紹介がいろいろなブログでされているけれど、今日はそのTEDの東京版、TEDxTokyo(TEDの主催者が直接開催しているのではなく、正式にライセンスを受けて独立して開催されている)がお台場で開催されていて、以下で生中継されている。

TEDxTokyo Live « TEDxTokyo

今流れている内容が何かは、twitterで確認できる。TEDの動画に興味を持たれた方は、早速一コマでも視聴されてみてはどうだろうか。

TEDxTokyoの詳細はMasaru Ikedaさんが紹介されている。

TEDが東京にやってくる。:イザ!

[関連]

TABLOG:TED.comは、最高レベルの英語学習コンテンツでは? – livedoor Blog(ブログ)

TEDのオープントランスレーション・プロジェクト – huixingの日記

Ships – Google Earth APIを使った船シミュレーター

Shipsは、Google Earth Pluginを使った、ブラウザ上で船を操船して遊べるサイトだ。

オランダ、ロッテルダムの港にいる、7艘の船を切り替えて操作することができる。カーソルキーの上下で前進後退、左右で舵を切れる。4つの視点を切り替えることができたり、碇の上げ下ろしや汽笛を鳴らす(F)こともできる。汽笛はなんとなく楽しい。

クイーンメリー2の雄姿

ships-cruiseship-screenshot.png

飛行船もある

ships-airship-screenshot.png

残念ながら当たり判定はない。

ships-no-collision-detection-screenshot.png

via Fantastic Free Google Earth Game: Ships | Google Earth Blog

twitterでつぶやく便器が登場

twitter-hacklab-toilet-screenshot.png

twitter.com/hacklabTOiletは、とあるトイレが流されるたびにつぶやくという新登場のbotだ。

このtwitterアカウント、使われるたびに、「流しまーーーーす」「青? いったい何食べたんです?」「いい配管工知らない?」「そのうちRFIDがついたら、あなたの名前も一緒につぶやきますよ」といったメッセージをランダムにつぶやいている。

これは、イタリア製のマイコンボード開発環境arduinoを使って、トイレの排水のオンオフを入力として、イーサネットケーブルでHTTPを投げることで、実現している。

arduino-for-toilet.jpg

arduinoからtwitterにポストするコードは、フォーラムにあるものをベースに流用しているという。

実際には、トイレを流してもtwitterのメッセージが行ったり行かなかったりするので、トイレにPCを持ち込んで、パケットをキャプチャしてトラブルシュートを行なったらしい。コネクションのクローズが正しく行なわれないとかで、公式のイーサネットライブラリを置き換えたりして対処したとか。また、ランダムのつぶやきを50個ぐらいに増やしたらメモリ関連で挙動がおかしくなったり、ということもあったと。

そんな風にいろいろとトラブルもあったようだけれど、それでも、arduinoと検索エンジンを活用して、ハードウェアとウェブの接続ってずっと簡単にできるようになっているのだなと感じる。

この作者、温度・湿度センサ、圧力センサ、流量センサなどいろいろなセンサを発注済みで、それらが届きつつある状態らしい。この先も面白い工作ネタが出てきそうだ。

twitter-enabled toilet at hacklab.to via Popular Science

BarCampに興味ができたら

BarCampをやりたければ、自分で始めることもできる。BarCamp全体は誰が仕切ってるわけでもないから。日本語メインのBarCampも開催されると嬉しい。

今回のような外国人主体・英語のBarCampに興味が出た場合は、今回のディスカッションを受けて早速Barcamp Tokyo Fall2009のページが作られているので、このへんをウォッチしておくといいかも。

今回、アジアやアフリカの話をしに来てくれた人やアメリカから参加した人がいたように、海外旅行や出張に出かけるときに、現地のBarCampをチェックするのもいいと思う。

英語圏から始まったイベントや英語主体のサイトが嫌なら、BarCampと無関係にアンカンファレンスを企画してもいい。BarCampという名前であることが重要なわけではないし、自由な意見交換ができる機会が増えれば、それでもいいかと。

[関連]

TokyoBarCamp – Vox – 山崎ふみさんの日本語の方のレポート

Tokyo Barcamp 2009 | Alex Brooke

Notes from BarCamp Tokyo 2009

Pixel City – 人工の3D夜景を作るチュートリアル&ソース

Pixel Cityは、コンピュータ上で存在しない都市の夜景を、毎回リアルタイムで、ランダムに生成するというプロジェクトで、上記の動画はその作っていく過程と最終的な夜景を収めたもの。

Twenty Sidedというブログで4月から5月にかけて、その手順が詳細に書かれている。

Windows+OpenGLベースで、実際に制作にかけた時間は合計で30時間ということ。以下に各記事を示す。

Part 1: はじめに

Part 2: ビル壁面のテクスチャを作る

Part 3: 新旧デザインのビルを作る

pixelcity_building2.jpg

Part 4: 都市計画(街路と大小ビルの配置)

休憩

Part 5: 修正 – 壁面の明かりを調整

Part 6: 空に色をつける

Part 7: 街灯と車のヘッドライト・テールライトをつける

pixelcity_cars2.jpg

Part 8: 高速化の準備 – ボトルネックを調べる

Part 9: 高速化

Part 10: さらに高速化

Part 11: デモ動画の作成

Part 12: 完成へ – ビルにロゴをつける、街灯の調整、屋上灯やアンテナ塔をつける、スクリーンセーバー化

Part 13: プログラムとソースコードのリリース

Part 14: フィードバックとまとめ

テストの呼びかけ

各ブログ記事には、数十個以上のコメントがついていて、いろんな人が別の技法や改良案、論文の紹介や高速化の提案などをしている。まさに公開しながら学んで成長するという事例にもなっている。

C++(ざっと見た感じでは、better CとしてのC++)のソースコードはこの作者のオリジナルがGoogle Codeで公開されている他、forkしたGithabでも他ユーザの参加で改良が進んでいるらしい。

バイナリは、Windowsのスクリーンセーバー形式のものが公開されていて、ダウンロードしてWindowsフォルダにおき、コントロールパネルの画面からスクリーンセーバーとして登録すると、Windowsマシンで動かすことができる。

最後の記事で呼びかけているように、環境によっては非常に重くなって動かないというバグが出ているようなので、動かしても何も表示されてこないようならプロセスを止めて復旧されたい。僕の場合家のPCでは動いたが会社の方(ちょっと古い)では動かなかった。

eworld.hkのドメインネームスパム

英語ITブログAsiajinの問い合わせアドレスに、「アジアでのドメイン名に関する問い合わせ」というのが来ていた。おおざっぱに訳すとこんな内容。

我々はグローバル企業のアジア地域でのドメイン名登録と知的財産権保護の紛争解決を行なっている組織です。貴社の確認が必要な緊急の用件でご連絡差し上げました。

2009年5月8日付けで、「JCJCインターナショナル ホールディングス社」から以下のドメインの登録申請を受け取りました。

ドメイン名:
asiajin.asia
asiajin.com.cn
asiajin.hk
asiajin.tw
インターネット商標
Asiajin

これらのドメイン名や商標は、貴社のものと一致するように見えます。そこで、

1. JCJC社がこれらのドメイン名を登録しても良いなら、そのまま彼らに登録を許可します。

2. もし貴社とJCJC社に全く関係がないなら、彼らは貴社のドメイン名や商標を登録することで何かをしようとしているのかもしれません。

この問題に対処するために、至急メールかお電話をいただければ幸いです。

監査部

「アジアジン」のドメインを中国・香港・台湾で取ろうとするなんて、Asiajinも有名になったもんだ、と一瞬思ったけど、広く周知もしてないアドレスにこんなメールが来ること自体引っかかるので、メールの文面で検索してみたら、日本語はまだ無かったけど英語ではいろいろ情報が出てきた。

まず、Jason Calacanis氏が先月に「これ詐欺だよね?」と書いている

そしたら、このメールを出してきた本人から、「いや、詐欺じゃありません。あなたのドメイン(calacanis.hk, .tw, などなど)を取ろうとしてるのはSeth Godin(セス・ゴーディン, マーケティング本の有名人)という人物です」という笑える追伸が送られてきたという。

カラカニス氏は、この詐欺犯が「どんどん上手になっている」と褒めているが、まあなんというか(笑)。

このスパムに反応して次にどうなるか追った人も居る

「たしかに○○.comは当社のものですが、香港や中国の○○を取ろうとしているというその会社は知りませんし関係もありません」

by スパマーの次の一手を見てみようと返事してみた人

と返事したら、

「アジアでのこれらのドメインを守るために、3営業日以内にご連絡ください。もしこれらのドメイン名を登録しないと、世界レベルでこの○○ドメインと商標は法律的にあちらの会社のものになります」

by 元のスパマー

と続くようだ。

つまり、仮に中国や香港で自社の商標ドメインが取られようと気にしないような規模の会社でも、うっかり返事すると次は「全世界であなたの商標が取られます」と言い、必ず何かを売りつけようとするということ。

この人たちの詐欺メールが以前から続いてるんだとすれば、騙されていろんな国のドメインを(おそらく正規に買うよりずっと高価で)買わされる会社もいるのだろう。

英語のメールにわざわざ反応して、その上で騙される日本の会社がそんなに居るかどうかわからないけど、そのうち日本語でもやってくるかもしれないし、注意を促す意味で紹介しておくことにした。

こっちのブログには、このパターンの詐欺メールを送ってきたドメインが多数列挙されている

http://www.anwins.com
http://www.asiaao.cn
http://www.asiadm.org
http://www.asiadnr.hk.cn
http://www.asiadnr.net
http://www.asiadnr.org
http://www.asiaip.org
http://www.asianetwork.ws
http://www.asianetworkonline.com
http://www.asiaregistrar.org
http://www.beijing-anwins.com.cn
http://www.bj-hk.asia
http://www.bj-hkzc.com.cn
http://www.bjhknet.cn
http://www.china-domainsolution.org.cn
http://www.china-net.hk.cn
http://www.china-net.hk
http://www.chinasps.net.cn
http://www.chinasps.org.cn
http://www.chooke.com.cn
http://www.chuk.com.cn
http://www.cnbcgov.org.cn
http://www.cntl.hk.cn
http://www.dnrnic.net
http://www.domainaudit.org.cn
http://www.domaininasia.com
http://www.domaininasia.org
http://www.erimut.com
http://www.europaregistry.net.cn
http://www.europaregistry.org
http://www.europatech.com.cn
http://www.europetech.com.cn
http://www.fexon.hk
http://www.firetrust.org.cn
http://www.govisp.cn
http://www.ha-zd.com.cn
http://www.ha-zd.com
http://www.ha-zd.org
http://www.hkstareast.com
http://www.hkstareast.net
http://www.idci.org.cn
http://www.inveis.com.cn
http://www.inveis.com
http://www.inwis.cn
http://www.netinasia.com
http://www.netinchina.hk
http://www.shanghainic.org.cn
http://www.shnetnic.cn
http://www.shundajishu.com.cn
http://www.shundajishu.net.cn
http://www.shundakeji.net
http://www.star-east.hk
http://www.ujane.cn
http://www.ujanegroup.cn
http://www.westtechnology.asia
http://www.worldregistry.com.cn
http://www.ytym.org

リンク先には、確定できてないけど90%疑わしいドメインというのも載っている。

メール文面で検索する人もいるだろうからオリジナルもつけておく。こんな感じ

Asiajin—Intellectual Property Rights &TrademarkNotice (TO CEO & Principal)

Dear CEO & Principal,

We are a domain name registration and dispute organization in Asia, which mainly deal with the global companies’ domain name registration and internet Intellectual property right protection. Currently, we have a pretty important issue needing to confirm with your company.

On May 08, 2009, we received an application formally. One company named ” JCJC International Holdings Ltd” wanted to register some names through our body.

Following are the names applied by JCJC company.
Domain Names:
asiajin.asia
asiajin.com.cn
asiajin.hk
asiajin.tw
Internet Trademark:
Asiajin

Now we are handling with the registration of these domain names and find that the keyword of these domain names and internet trademark is identical with your company’s. So we have to confirm with you at two points:
1. If your company consign JCJC company to register these domain names and internet trademark, we will send application form to them and help them finish the registration at once.
2. If your company have nothing to do with JCJC company, they maybe have other purposes to register these domain names and internet trademark.

In order to deal with this issue better, please contact us by email or telephone ASAP.
——————————————————–

Auditing Department
Tel: +852 2297-9279 ( Direct )
Fax: +852-2297-9209
Email: Hero.xu@eworld.hk
Hero@eworld.hk
Hero@eworld.hk.cn
Web: Http:www.eworld.hk
———————————————————————————————————————–
Hero
2009-05-11